仮に転職活動をはじめたとしても万事都合よく運ぶというわけではありません。

転職を考える場合、すべての人が満足いく成果をあげられる…

仮に転職しようとしてもあらゆることがうまく進行するワケではありません。可能であれば、どちらにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちにできるだけ早く転職を試みるべきでしょう。大半の場合、20代の若いうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職そのものがとても厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に居残ることも選択肢に入れておくべきです。要するに、退職してから転職活動するよりも、現在の会社に残りつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが後悔がないはずです。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうことを決断する人が思いの外多かったりします。それは私見ですが心機一転、新たな環境を見つけたというのに、「自分の想像していたものとけっこうかけ離れていた」「会社のルールに慣れなかった」といったことで退職を決意するみたいです。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないためには、はやり情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。通勤に掛かる時間、給与体系、など多角的に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形…

仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考える人が増加傾向にあります。今では求人情報サイトをうまく活用すれば、国内全エリアの求人募集もカンタンにアクセスできるようになりました。ただし、地方や郊外での求人情報は、募集してる企業や会社の数自体が少ないのが事実、難点でもあります。といった問題があるので、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポート系のイベントについても見ておくと間違いがありません。

新しい職場で、自身の過去の実力を活用できれば、即戦力として認知さ…

転職した会社で過去の能力を発揮できれば、即戦力として迎えられ、早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている雇用した側としてもそのような人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。加えてかつての仕事内容と同業であれば、可能性はおおいにあります。但し、即戦力になる自信があなたにあったとしても、一流企業の事務系、公務員などは、時代背景に左右されることなくかなりの競争率であることは間違いないでしょう。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。本来、区切りの良い年度末を契機にやめようとおもったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、かなり前の職場に対して困ってしまいました。

将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業種・・

転職活動の際に、気になる求人(もしくは職種)を見るたびに100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のマイナス要素について、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によってカンタンに現実を知ることができます。そうした現実を知らずに入社すると、後々にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。そもそもその求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」といった場合が少なくないため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募しましょう。

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてです…

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともにあたらしい変化が生じ始めています。そのような変化の中で、企業サイドでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題化しつつあります。なお、「外国人労働者」の総数を増やしていくつもりでいると安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

看護婦と呼ばれていた看護師は職業としてどうしても女性の割合が大き…

以前は看護婦ですが看護師は仕事としてどうしても女性の割合がとても高い職です。しかも、気力だけでなく体力への負担が大きい特徴があります。ピリピリした現場になりやすく、職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい仕事でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現実です。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に陥っています。ずっと、各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

女性の転職は、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近と・・

女性の転職については、今現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があるようです。前は面接のなかで会社側から、結婚観や出産後の考え方など、質問されることが珍しくありませんでした。ですが、今現在の流れとしては、結婚などについては、セクハラと会社側が捉え、質問しない会社の方が増加傾向にあります。そして、名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経質になっています。そうではあるものの実際、会社側は、〇か×といった形ではなく、その人の姿勢、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、相手側にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。ですので、たとえ、質問されていない内容でも、先にあなたの方から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。

転職活動する場合、準備は必要不可欠です。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に映る「ファッション」は、誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、最近の企業面接に関しては私服が良い企業もあるので、しっかりスーツを着て赴く必要がないケースもあります。会社の創立したての新規の会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服の方が相手からの印象が良くなります。そして、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。そして私服なら、時には面接時にファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。今後、転職は会社の創業年数で決めることが、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

20代前半に転職を2回経験し、そして今、いくつか資格を取得するため、…

これまで20代前半までに転職を数回で、今現在は資格を取る目的で「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務とは異なるため、毎月の収入は安くなりました。ですが、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。また、しっかりと資格を活かしている人と話すと非常に羨ましいと見えたりもします。以前までは今の自分と他人をどうしても比べてしまい、劣等感を感じる日もありました。今は結婚を契機に随分と生活環境も変化し、将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールが執拗に掛かってきます。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。これに関して初めて利用する人は非常にビックリするはずです。転職エージェントは転職を助けることが目的とされるので、とても積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成就させることで企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。また、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職することがないように充分に注意しておきましょう。

昨日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に向かいました。

一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングに出てきた担当の方が見た感じ20歳そこそこの社員のようで、こちら側が説明している話の5割もわかっていない様子。それにもかかわらず「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが大切です」等、上から目線で偉そうに言い散らかすのでとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりに仕事の経験がある社員にするべきだと思います。

今、私は派遣会社に登録して働いています。

今、私は派遣会社に入っています。ウェブサイトでふとよさそうな仕事を探し出して確認してみると「そのお仕事はもう別の方でお話が進んでいます」とお断りされてしまい瞬間的にサイト内から仕事の情報がなくなるのですが、翌日になると元に戻っています。それって要するに私ではよくないのだという意味ですよね。それであるならば最初からカドが立たない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまた客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

転職活動中に、「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動を行っていると面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは賢明ではありません。転職理由でよくある給与が納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官に悪い印象を与えるものです。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この企業に入社してこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

「シフト制」がある仕事についての話です。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については前もって確認しておきましょう。以前に私自身が、出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私もそのような人と思われていたようです。実際土日に外せない用事が入ることもあり、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すと「よく耐えたな」と。

転職時の採用面接では、中小企業だったらおおよそは「人事」が面接担当になりますが…

再就職の際に行われる面接というのは、中堅企業だったら大体が「人事」が面接官となりますが、別のケースもあるようです。例えば、ともに仕事をしていく担当者、という具合に部長や課長などが面接をすることもあります。また事務・営業に転職する場合は資格での判断がしづらいですから、きちんと自分をアピールしていくようにしたいものです。面接官の誰からも「この候補者は、堂々と発言してるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。