あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

もしあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」など…

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んで、再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。最近では転職サイトを使えば、国内のどの地域の求人情報にも閲覧できるようになっています。しかし、郊外や地方での求人に関しては、大都会ような選択肢がないのが事実、難点でもあります。ですので、求人サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもマメにチェックしておかれることをお勧めします。そうした機関の就業サポートの有無も注視しておきましょう。

新しく就いた勤め先で今までに培ってきた能力を発揮できれば、…

あたらしい職場で自身のこれまでのキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社側も、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえあえば、わけなく採用されるでしょう。更に今までの職場と似た環境の職種なら見通しはおおいにあります。とはいえ、即戦力になれるとはいっても一流企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)は昔と変わらず中々の難関となるのは違いないでしょう。

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨をはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やはり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほとなんだかガッカリしました。

今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)があれば・・

転職活動をするのなら、気になった求人(業種)を見つけたときに忘れず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なネット検索によってすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういったチェックを怠りながら会社に入ると、あとから後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ている理由が「業務内容が厳しく、人が辞めて穴が開く」といったケースが多くを占めます。目に留まった案件・業種については、注意したほうが賢明です。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が次々と打ち出されています。経済政策が日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに今までとは違う明るい動向が著しく現れてきています。その余波を受け、企業伸長とともに今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人の労働者」の数を現状よりも増加させていく、であると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは確実です。

看護婦と呼ばれていた看護師というのは働く者としてどうし…

昔は看護婦と言われていた看護師は働く者としてやはり女性の割合がすごく高い職場です。それだけでなく、気力それから体力へのかなり消耗する職場ともいえます。それ故に、対人関係にトラブルを抱えやすく、結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい業種ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。常に各病院は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状況となっています。

女性が再就職する時、数年前と現在とでは多少の違いがあるようです。

女性が転職する際、今と数年前では少し変化が見受けられます。前は面接の場で会社側から、結婚と出産の予定の有無などについて、自然に質問されることがありました。ですが、最近の動向としては、そういった内容は「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける会社が増えています。また、名の知れた大企業の場合は、神経質になっています。しかしながら実際、面接する側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の価値観結婚後・出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思っています。自分の価値観を知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に言い表すことで、相手方にも認識してもらえ、安心してもらえると考えられます。というワケで、質問されていない内容でも、こちら側から気遣いながら話していくことを考えてみてください。

転職する場合、相応の準備は必須です。

転職活動には、相応の準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に映る「服装」は、気になっている人も多いと思います。しかし、ここ数年の、企業面接に関しては私服がOKな会社も多いので、「面接はスーツでなくては」と考えて行く必要がない場合もあります。とくに会社の設立間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に印象をあたえます。そして、フランクに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服だと面接中に、服装について、盛り上がる可能性もあるので、うまくいけば担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、これから転職は会社の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負するのも良いかもしれません。

私は20代までに転職2回で、そして今、資格の勉強をしながら…

私はこれまでに20代で転職を2回した為、現在、資格を取る目的で「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務とは異なるため、どうしても給料が少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生の頃に資格を取り、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、身近にそういった人を見てしまうとうらやましいなと思ってしまいます。今まで私は、成功している人と自分とのギャップに悩んでしまうこともありました。しかし現在は、結婚を契機に随分と生活自体が大きく変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、毎日が充実しています。

転職サイト一旦登録すれば、電話やメール連絡が何回も入ります。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は大変驚く場合が少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なので、本当に積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業から報酬が入る仕組みといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たその日に、入社の説得をしてくることが多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職にしくじらないように充分に注意しておきましょう。

転職先を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。

数日前転職のために人材紹介会社へと登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当の人がどうも新入社員らしくて、、私の話の5割もその社員はわかっていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインが物足りないですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが重要です」等、ベテランのように偉そうにのたまうので非常に不快でした。カウンセリング担当者はある程度仕事の経験がある人にするべきです。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。サイト上でなんとなく自分に向いていそうな仕事を発見し応募しようとしたところ「その仕事はすでに他の方でお話が進んでいます」とお断りされて瞬間的にウェブサイト上からお仕事情報がなくなるのですが、その翌日見ると情報が閲覧可能になっています。これは結局私だとダメと言いたいのですね。そういうことであればカドが立たない程ではっきりと言ってほしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはひょっとして偽りの仕事なのでしょうか?

転職活動を行っていて面接時に必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、面接で必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。たとえば給料に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。自分の得にならないことをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えるのが正解です。

シフトの業務についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集している求…

これはシフト制の仕事についてです。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を面接時に確認しておいた方が良いです。以前に私自身が、出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、「土日」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前にいた女性が土日は休むことなく出勤していたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると本当によくやってこれたなと思います。

再就職の際の面接では、中小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが…

再就職のための面接では、中堅企業であれば概ねは人事担当者になりますが、別の場合もあります。直接、これから仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、要は部長・課長などの役職の人が担当することになるでしょう。とくに事務職や営業職に再就職する場合は資格での人の評価が難しいので自信を持ち自分を売り込んでいくことが必要であります。面接担当者たちから「この候補者はしっかり自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される転職情報が豊富なため…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される案件がたくさんあるため、気に入った2~3社を、ともかくウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。とはいっても、最初は登録しなくてはならないのでサイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録の初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、次回以降応募するときのことを考えれば、初めにきちんと準備しておくことを頭に入れておきましょう。

転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を鍛えるコツはカンタンに知ることができます。さらに、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を強化することが可能です。その典型例が「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、刺激が山ほどあります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態で(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただ、退職後しばらくは精神面がもろくなっている人も多いのでよく休むようにしましょう。