以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。

今まで私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

かつての私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、システム上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの求人情報を調べる時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、いくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に根ざした企業もあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」という先入観がある人も多数いるはずです。思いのほか、良い求人もありますのでこの先勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークに1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」を利用した時みたいな多くの電話やメールもありません。

転職の意思があるのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

転職先にて、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、一年目の段階では大方「研修期間」を含んでいる企業も多く、私自身の場合、なんとか手に入った職場なのに、悲しいことに前の職場での稼ぎと見たところ変わりませんでした。そればかりでなく、仕事内容はきつくかなり責任が伴うものだったので、1年目を越すのもひどく苦労しました。そういった経験を踏まえると、1年目はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

今と違った企業につきたいと転職活動をしている中の場合・・

もっと良い職場につきたいと転職をする活動中のときの場合には「ちょっとでも早く、採用通知がもらいたい」と考えてしまいがちです。しかしながら、そのために採用通知が欲しいばかりに、自分自身の能力について、嘘の申告をしたり、また対称的に自分を過小評価にしかならない売り込みはぜったいに避けましょう。焦る感情にこらえて、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く探していきましょう。

仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的に相当につらくなってしま…

仕事のなかで回復が難しいほど精神的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、相談するのは職場の人にするよりも身内などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。それは、仕事をするということは当事者であるあなた自身ではありますが、身内の問題でもあります。毎月、どれだけ報酬が良くてもメンタル面が追い込まれるまで無理して仕事をするのは健全とは思えません。近年は、物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も認められつつあります。ですから、身内や、自身の心身を大切にしていきましょう。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。企業の多くは履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類が大事なポイントです。単に穴を埋めるだけでなく、内容の魅力化を図ることも大切です。「職務経歴書」は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き綴ります。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが得策です。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを頼ること転職を成功させるための良い結果を導きやすくなります。

職を変えた際には、高確率で以前の会社の仕事の記憶は大方、美化されます。

転職すると高確率で前の会社の仕事での大方の出来事は美化されます。実を言えば今の待遇に不満があるから、そういった思いを解決するために思い切って転職することになったのに、しばらくして過去を振り返ると、不思議なことに転職した会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と思うことは多いです。というのも無理はなく、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので今よりも簡単に与えられた仕事がこなせていたのが、もっとも理由にあるはずです。でも、「やっぱり転職するんじゃなかった」と心底思うほど、前の会社の方がやりがいも人間関係が良い場合も考えられます。

再就職で面接で絶対に問いかけられるのが以前勤務していたところを辞…

転職をする際で決まり文句のように聞かれるのが前職を退職したことについてですが、この質問になった際には話の内容を退職した会社のことにしない方がベストです。前職を退職した経緯を的にしてしまうと言うまでもなく面接において不利なことを含んだ話の内容になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前職を退職したのかという事をこの職場になにがなんでも入りたいと思っていたからという話題にしたら良いということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういう話ならば、マイナスではなくプラスの要素を含んだ以前の会社を辞めた理由に聞こえます。

転職をするにあたっては、様々な方法で情報を集めることが多いと思いますが…

転職する場合は、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思いますが、転職に関する口コミサイトは絶対に利用すべきです。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の視点から見れば、投稿の内容が嘘であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、真実はクロで「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上することで有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する覚悟をしなければいけないといえるでしょう。何より、いい会社には煙は立ちませんから。

転職をするために今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません…

転職を予定しているのなら失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自分の都合により退職願を出して退職する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐに受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの担当スタッフと揉めているのを過去に見たことがあります。念のために付け加えておくと、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けて直ちに失業保険が給付となります。

転職エージェントは大規模なものに限って、たくさんの案件を持ってい…

大きな転職エージェントに限って、多数の案件を持っているという魅力がありますが、それと同時に転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。そのせいかあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェント側が「可能性が薄い」と判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、その人を優先したりもするのです。つまり大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており意外と駄目で、方針を変えて中小規模のエージェントに会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と尋ねておくと転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

仕事を探すのに、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

仕事探しを行うにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」すなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしあなたがそういったエージェントに登録してその結果新しい会社で働くことになった場合でも、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても失業保険をもらうことはできないので気をつける必要があります。これと違って、ハローワークを通じて斡旋してもらった会社に就職できたときは、就職用の準備金として、一時金が支払われます。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。知らない場合は、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、たいていの株式会社…

求人関連の情報では、大部分の場合はまともな企業では月の給与の記載に目が行きますよね。しかしこの部分を調べれる際は、深く確認する事が欠かせないです。数字だけを見て判断してはいけません。企業によっては、月収の中身に月15時間残業の場合が含まれているかもしれません。そういうことは残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。だから、こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。

就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

クールビズの服装で転職の面接にチャレンジするときには・・

クールビズの服装で再就職の面接場に出向く場合、ジャケットはさすがに着なくても良いとはっきりとしています。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が印象が良いです。タイの着用はなくても大丈夫だとしている企業もある可能性はありますが、ことネクタイに関しては例えクールビズであろうと必ず着用する必要があると思っている企業が一定数存在するわけです。なので、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイに関してはしていく方が印象が良いというのは伝えておきます。

求人に係る情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人…

求人関連の情報を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業を見逃してしまっていますが、そうした人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解している可能性が高いです。事実、製造業の求人募集でも、人事、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材・購買や営業管理等のオフィス系の部門もかなりの数あります。ただ、製造業の職場自体、ビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。そうした事には自らの執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、…

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、厳しく罰する傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、怪しい点について堂々と質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「休日」「残業」「給与」に関しては、詳細について聞くと、渋い表情を見せることが多くあります。それでも質問を続けると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが…

失業した際にもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、延々と給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急いで就業先を探しても良い結果にならない可能性が高いのです。会社の面接官も無能では無いので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。相手によっては、面接の時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。