数年前は求人誌に募集条件の中に「性別」まで、明確に記載されていました。

一昔前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、明記されていました。

  • 何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、当たり前のように書かれていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、雇用時、男女差別があってはいけないという決まりになり、募集要項に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、募集情報を出す企業側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。実際、男性欲しい案件に、女性が応募したり、女手が必要な案件に男性が応募してくる、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。もしも、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、雇用側が「女性」を必要としている、と読み取ることがトラブルを回避できます。

  • 転職を近いうちにするつもりなら、まめに多種多様な企業の募集…

  • 転業しようと思っているならいろいろな企業を日常的にチェックすることが、就職先をとても選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、いざ転職活動をする時にどの企業もいいように見えてしまいます。そのような状況下では、どこを選択したら良いのか迷ってしまうので選択をしくじりかねません。そのため、直ぐに退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、事前の情報を集めることを徹底してみましょう。

  • 転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら情報収集が必須です。ですからインターネットを見ると明日にも消えてしまうような中小クラスらしくもなくホームページに会社のことを書いている会社が多いため、インターネット検索で自分の気になる点を調べておくとそれとその会社について疑問点などを整理しておくと転職の助けになってくれます。公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも対策としては有効です。そのほか、インターネット以外の方法として何よりも希望している職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職先を見付ける人がいます。それはいいけれど転職した先の労働環境や労働条件といった部分について知人の口コミを信じすぎてしまうのは、後々問題になることが多いです。なぜなら、そういう口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。つまり友人にしたら今よりずっとベターな職場環境であっても、あなた自身の主観で見た場合、そうではない可能性なのかもしれません。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、最終的には自分の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 在職中には、可能なかぎり同僚に悟られないよう、(ちなみに私のと・・

  • 就労中はできたら、周りの人間に悟られないよう、(自身のときは)雇用期間中に「転業するかも」という考えを早い段階で周りの人間に言ってみたことがありました。とはいうものの、その顎、求人サイトを必死に色々と見たものの、悲しいことに就職先も転職するタイミングすら何一つ決まらないまま、あっという間に時が過ぎてしまい、一方の会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探す流れになりました。

  • 初めて働いた会社ですぐにきれる上司に悩まされて、ついに…

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌な上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、その結果我慢ができなくなり退職し、同じフィールドの他社に変えました。その会社では気分よく働くことができ非常に満足の毎日でしたが、ゆっくりと会社の収益が落ち込み、とうとう経営統合されました。奇遇にもその経営統合先の会社がなんと前働いていた会社で、それどころかとても嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。本当に縁があります。当たり前のことですがもう一度転職活動を始めるつもりです。

  • 転職のための面接を受けにとある会社に行きました。

  • 転職時の採用面接に行ったときのことです。偶然社内の会議室が空きがないということで外のある場所で面接担当者と待ち合わせて面接を行って、その場で解散をして、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ところが下車する駅が私と同じだったのです。それで電車内でも彼とずっと世間話をしながらいっしょに帰宅することになり、おかけですっかりリラックスして面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したのか問題なく採用も手に入れることができました。

  • 全くの初挑戦となる業界などに転職をしようとするときには…

  • 経験したことがない業界などに転業したいと思っている場合には、以前の職で培ってきた能力や今までの経験値が生かせるという自己主張が必要です。働いたことのない業界の場合、経験していない分だけその業界で勤務したことがある方よりも正直、不足することはありますが、自分自身の持っている力がそこでも発揮することができるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦えることも考えられます。以上のことを踏まえ経験が全然ないジャンルに挑むときには、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事とのつながりを見付けましょう。

  • 現在の自らの勤め先や仕事の中身について不服に思っていることの中・・

  • 今のあなたの職場・仕事内容について不満の中に、「自身のスキルや、仕事上での能力をきちんと評価されていない」ゆえに、「月給は増えないし、将来出世する見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。とはいえ、そのように思う人の一部には本人が自分自身の器量を実際よりも過剰評価している事が少なくないのです。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職がうまくいかないおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。そういうわけで転職を円滑に行うためには、実際の自身の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

  • 転職活動を行う際に、まず現在働いている会社を完全に辞めてから…

  • 転職をしようとするときに、とにかく勤務中の会社を辞職してから転職しようとする人もいますが、そうであるならボーナスの支給時期を前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される会社はいくらでもありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをゲットできる時がもうちょっとならば、ボーナスが支給されてから会社を去るというやり方も賢明な方法です。ボーナスと言うものは随分大金なので、手に入れなければ損ということも言えるでしょうから、退職の際にはボーナスが支給される時期について確認するのを忘れないようにするのが賢明な方法です。

  • もし転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまう・・

  • もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、雰囲気が一変することがあります。場合によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。上記のようなトラブルを避けるためにも、仕事をしている現場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、会社を辞められるはずです。また、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後、何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業界に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりは大切であるため、仕事を辞める際のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得で生活費を稼いだり…

  • ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。一概に「起業することは怖い」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長期に関しては将来的に不安定な株式投資や自営業者よりも会社勤めの方が安定していてました。そのため人生の正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認識されていた。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今現在は「成熟期」と言い表されています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

  • 転職活動を成功させたい場合、企業とのやりとりという・・

  • スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で結果を出すためにも、まずはあまり意識せずに平常心で対応しましょう。女性とお見合いをする姿勢で望むと問題はありません。更に大事なことは面接官に対しては第一にあなたの内面的な素質をチェックされてしまうので悪い印象を与える態度は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、面接に適した整った服装で望みましょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 転職を目指そうとしても、全てがうまく進行する確証はどこにもありません。

  • 仮に再就職をしようと考えていても全部がうまく進行するとは言い切れません。どうせするなら、いつかするつもりならなるべく早い時期に行動しておいたほうが良いです。ほとんどの場合、30代前半までは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代となったあとでの転職自体がかなり厳しいものと考えておくべきです。もしも、要職に就いているのなら、転職を意識していても今の会社に残ることも選択項目から除外しないでおきましょう。つまり、退職してから転職活動するよりも、現在の会社には残ったまま注意深く行動したほうが後悔することもありません。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、入ってすぐに辞めてしまうことを決断する人が意外にも多いものです。何故そうかと考えてみると私の考えではリフレッシュな気持ちで自分に合った会社を手に入れたものの、「思っていた職場環境とだいぶかけ離れていた」「こんなはずが・・・」という原因で別の仕事を探すみたいです。でもこういった転職における失敗をしないためには、初歩として、転職先の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • もしもあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」のように、…

  • あなたが再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に移住しつつ、再就職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。この頃は転職サイトを用いれば、国内全エリアの求人募集も容易にアクセスできます。ただ、地方や郊外での求人は都市部ような選択肢がないのが正直なところです。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

  • 新しく就いた勤め先でそれまでに培ってきたキャリアを生かすことができれ・・

  • 新しい環境下でそれまでのキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として一目置かれ職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また雇い主もそういった人材は常に欲しがるものですから、企業側が判断しても即戦力となる転職は簡単に採用されるでしょう。それに加えてかつての仕事内容と似たような業種であれば、転職自体はすんなりいくはずです。そういっても、即戦力となる能力があったとしても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世でも中々の競争率を突破する必要があります。