『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が固いなら・・

  • 『転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのなら、退職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。このときに相談という形を取ると、上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本来なら、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、非常になんだか失望しました。
  • あなたが転職活動をしているなら、良いと思える求人(または業種)…

  • 今後転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業種)を見るたびにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス要素について、アドバイスしてもらえません。もしブラックな面があるならネット検索で一発で多くの事例に触れられるはずです。そういう面を知らずに会社に入ると、のちに痛い目にあいます。そもそも求人が出ていた理由が「内容がキツイから入っても続かない」というケースも多いので、興味をもった案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間でも新しい変化が増加傾向にあります。その作用もあって企業伸長とともに若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」がクローズアップされています。ここ最近では、「外国人労働者」の割合を現状よりも増加させていく、と現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用・転職事情も大きく変わっていくのは確実といえます。
  • 以前は看護婦と呼んでいた看護師は務めとして歴史的背景か・・

  • 看護婦と言った看護師というのは務めとして女性の割合が高い職です。しかも、気力だけでなく体力をひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜんのように職場環境での対人関係で行き詰まったり、自身の結婚・出産といった仕事と私生活との両立が取りづらい仕事といえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に陥っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であり、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。
  • 女性が再就職するに当たり、数年前と現在とでは少し変化があるといいます。

  • 女性の再就職については、数年前と今とで少なからず、違ってきている点があります。過去には、結婚観や出産後の方針などのことに関して、当たり前のように質問されることが珍しくありませんでした。ところが、今現在はそのようなデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、タブーとして神経質になっています。けれども実際、企業側としては、〇か×ではなく、その女性の人生観、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思っています。自分の価値観を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と混ぜながら表現することで、面接担当官にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えられます。ですので、たとえ、聞かれていない部分も、こちらから会社にとっては必要な情報と捉え、話をしてみると良いでしょう。
  • 転職活動を進めるには、相応の準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職にあたってそれなりの準備はやらなくてはいけません。なかでも、「ファッション」を気になりますよね。でも、現在の採用面接については形式ばらない服装が多い会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて赴く必要はありません。会社の設立したての企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手先に印象をあたえます。また、フランクに話ができるメリットも。また、私服だと面接のなかで、洋服について、話が広がることもありますから、担当者へのアピールにもなります。今後、転職にトライするなら「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 私は20代で転職を2度行い、現在は資格を手に入れたい…

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、そして今、資格を取る目的で「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務でないため、どうしても給料が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、身近にそういった人を見てしまうととても羨ましいと感じたりもします。今まで私は、成功している人と自分とのギャップにガッカリする毎日でしたが、結婚して私の生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、まいにち充実しています。
  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメール連絡が何度も入ります。

  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールが何回も掛かってきます。これについて何も知らずに利用しはじめた人は結構驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だと考えられるので、大変積極的にかまえています。中でも大手のエージェントは、転職を成就させると企業から報酬を受け取る仕組みであることから、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れたすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが重要です。
  • この前転職先を探すために人材会社に登録に行きました。

  • 先週転職の準備をしようと人材バンクに登録をしに足を運びました。そこで登録時のカウンセリングに出てきた担当者が見たところ新入社員のようで、私が説明したことの3割も彼は理解できてないようでした。そのくせ「キャリアデザインが物足りないですね」とか「自分の強みは何なのか考える必要があります」等、ベテラン社員のように偉そうに話すので大変不愉快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人を経験している人にしてほしいものです。
  • このところ私は派遣会社で働いています。

  • 派遣会社に登録して働いています。サイトの中で何の気なしに条件のよい仕事を見つけ出して問い合わせてみると「そのお仕事はもう別の人の採用が内定しています」と言われてしまい一時的にサイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日になれば再掲載されています。これって結局は私だとよくないのだって意味ですよね。そういうことであるならば最初から変に隠さない程度にはっきりと伝えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 転職のための活動を行っていて面接において絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接において絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • シフトの仕事についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集している求…

  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は出産のため休む人の代わりに正社員として就職したのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が「土日」に必ず出れる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • 転職の際の採用面接では、小規模業者クラスの場合おおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官です…

  • 再就職時の面接では、中小企業であれば、概ねは人事担当者になりますが、別のケースもあります。たとえば、仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、平たく言えば部長や課長クラスが面接する可能性も考えられます。とくに営業系や事務系といったジャンルでは、資格を介した判断がしづらいので、やはり自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接官から「この人はしっかり主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。
  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される案件がたくさんあるため、…

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される転職情報が豊富なため、2社か3社くらいとりあえず転職サイトに登録しておいて、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に合う案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集がラクになります。とはいっても、最初に限っては登録するのが本当に大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、最初にしっかり準備することを心がけるのが賢明です。
  • 転職を度々しないための対策が一つだけあります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするヒントは容易に知ることができます。また、転職とは全く異なる行動によっても、メンタルを鍛えられます。それは、ズバリ外国に行くことです。外国は、言葉も文化も違うので、刺激が山ほどあります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでとは比べようがないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかし、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いのでほどよく休むようにしましょう。
  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動することは今では当たり前のことです。でも、よりよい転職先を探すには、それと同時に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加すれば企業の情報に直接触れることができますし、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合には、面接に行くのと同じ覚悟を持って準備することを怠らないようにしましょう。もしもフェア中に、企業側の担当者に気に入られれば、後日面接に進む際にアドバンテージになります。
  • 今後の社会では今以上にシンプルな仕事は機械で処理されるようになってい…

  • 私たちの労働環境は、将来的にぐっと考えなくてもできる作業は機械で対処されるようになり結果、そういう仕事をするマンパワーは少なからず縮小していきます。なぜかというと、シンプルな労働という観点では人よりも機械で作業するほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数をカウントするとか、同一の作業を繰り返したりすることは機械には何の苦もないのです。人間とは違って愚痴も言わず、疲れもしない、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一だし、加えて、報酬が発生しないのも違いですね。労働力として生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械化の流れは注目されているのです。