転職期間中は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておく…

転職期間中は、趣味に時間を費やしたり、体力を低下させないようにしておく・・

  • 転職期間では、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない様にすると良いです。転職先が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたことで無意識の間に集中力が上がります。加えて、体力を補っている事で、その場の社員さん以上に疲れにくいということを認識することができます。なので、退職したら自分の好きなことに打ち込むことと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。また、職場で同じ趣味を持つ人と巡り会えれば、直ぐに親しくなることができるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。特許権を取得した経歴のある人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許以外にも、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、マスコミで紹介された人など、「功績」を残した人物を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングっぽい勧誘をされたなら、心当たりを考えてみてください。たまに、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、その手の輩は確実に嘘ですからきっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • もしあなたが転職される場合は、資格を取得することで有利になります。

  • もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、先に資格を取得することで有利になります。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職には有効活用することができますから、新しい職場も探しやすくなります。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階の資格取得がもっともおすすめのタイミングです。転職を目指しているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の会社を退職後も後悔なく次に進めます。加えて、資格を取ってからの転職先の面接時に担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、待遇も良くなる可能性があります。

  • とある古物商のお店で、書類選考をパスし、相手方から、面接日時を教えてもらいました。

  • とある古物商にて、書類選考に受かったので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、所長らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常にけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。だが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、気になったので、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。そんなわけで改めて電話した結果、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話が切られてしまいました。しばらく絶句してしまったのですが、本心から、採用されなくて良かったと思っています。

  • 自身のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動を考える際は…

  • 自分のスキルを活かして就職活動をしようと考えているのなら、再就職がしやすい業界と、そうではない業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がむずかしくないジャンルは、働き手がいないと問題となっている医療や介護系の仕事が代表的といえます。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、様々な事情により、他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性は決して高くはないのです。そのため、安易に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、異業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

  • 転職するための期間中は、ついつい時間が有り余っている分、…

  • 転職期間ではそんな風に過ごすつもりもないのに時間があるため、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。けれども、そのような過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜならば、気の緩んだ、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。そのうち、働く意欲がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そうして、生活も仕事も悪循環になり再就職先が見つからなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるようになるからです。お金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を続けるためにも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。

  • ずっと接客関係で仕事をしていたのですが、加齢が原因…

  • ずっと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ったままの仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として行動にうつりました。事務未経験となるとなかなか採用してもらえず、そこで接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人の医院に転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰りも遅いのですが、最初の頃はキャリアを形成する時期だと諦めて頑張ります。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学などがあるととても勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるので楽しめます。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者には間違いなく、通常通りの仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この業種では、個人のプライドが強いので入社した後までは実際の働き方が出ません。そのため、仕事=見学内容と決めつけないことが大切です。また、見学の時に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから注意しておくべきです。入社してもいない人にはもし何かトラブルが発生しても、保証などありません。スタッフから勧められても丁寧に断るほうが良いでしょう。

  • 就職のため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人…

  • 転職のため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長いというものです。こういった案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(この仕組みは違法ではありません)仮に『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」という意味になるわけです。しかし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉自体が場合もあるので、充分に注意を払っておきましょう。

  • 転職をする場合、その職場の年収を気にしすぎる人がと…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自身の年収を過剰に気にする人がけっこう多くいるようです。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を稼ぐために働いていると思います。年収の額は自分自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もあるから、とうぜん大切なことは至極当然です。ですが、あまりにもらっている年収の額ばかりを執着しすぎる生き方というのもさみしい気がしませんか?この世には年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が普通に転がっているからです。

  • 現在の仕事に不安があり、転職サイトを活用して自分にぴったり…

  • あなたが現在、「転職サイト」を活用して自らの働き方に近い条件のストレスを感じずに働ける企業を探しているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとその場で紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比較にならない程かなり質が高いといえます。また、自分に合ったものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。だから、あなたの希望とする紹介してもらえたりします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自身の力で最初から調べる労力を考えれば、とても効率はいいですし、試してみる価値はあります。

  • 派遣として働いています。労働契約法が原因で不本意…

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で不本意にもずっと働いていた就業先での仕事を終了しなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の条件をつかみ取った人もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらい方がうまい方でそれで採用された感じ。業務上の能力よりもおじさんを転がすスキルの方が大切なんじゃないのと抜擢されなかった別の派遣仲間と勤務先で文句を言う毎日です。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが条件になります。

  • 失業保険の給付は、職を見つけようとしているという証明が必要となります。としても、現実的には「会社を辞めとりあえずはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが本音でしょう。というワケで、心から次の仕事を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度ハローワークに行くのはあたりまえですが、その場で「求人票」を閲覧することを最低限やっておく必要があります。本気になって探す気力がないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談の際に、「やっていけそうに思える仕事が意に反して今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

  • これまでの私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」で探していました。

  • 今までの私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」を優先していました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、構造上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。これまでの求人情報を調べる時は、「ハローワーク」しか利用していません。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。また、「どんな求人があるかわからない」という先入観がある方も少なからずいるかもしれません。ですが、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもしも転職を検討しているのなら、お近くのハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい転職先で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、転職した年度は、大体「試用期間」を含んでいる企業も可能性は少なくありません。私の例では、どうにかして手に入った職場なのに、悲しいかな以前の会社での年収とあまりイコールで変わりませんでした。さらに、仕事は多様で忙しく、責任が伴うもので、1年目を越すのも非常に骨が折れました。そういった実体験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、状況が許す限りやれるだけ転職以前にお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 違った企業がいいと転職をする活動をしている中の人の大半・・

  • 違った会社がいいと転職活動をするとき、「一刻もはやく内定(採用通知)を手にしたい」と考えるはずです。しかし、吉報が欲しいばかり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、逆に過小評価にしかならない売り込みをするのはぜったいに避けましょう。焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に客観的に考えながらあなた自身の能力にあった職場探しに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く選択してみましょう。

  • 会社で何かあって精神的につらくなり、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したな・・

  • 働くにあたって精神的に苦しくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、会社(の関係者)と相談をするより身内などの近しい存在の人と相談し、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜなら、働くということは当事者であるあなた自身ですが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、どんなに報酬が良くても精神的ダメージを負うほど我慢しながら無理しながら仕事をするのは良いはずがありません。今の時代は、働きやすいことを優先で前提にしていく生き方が尊重される時代です。ですから、あなたの身内とあなた自身の心も大切にしましょう。