女性の再就職に関しては、ここ最近とセクハラが問題視される前では…

女性が再就職するに当たって、今現在とセクハラが問題視される前…

  • 女性の転職に関しては、数年前と近年とでは少し状況が変わりつつあります。前までは面接の際に、結婚観や出産後の仕事について普通に質問されることがありました。でも、現在はそういった内容はセクハラに該当するかもしれないので聞かれないことのほうが多くなってきています。そして、特に大きな会社の場合は、神経質になっているといいます。でも実際、会社側は、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の考え結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思っています。自分の将来設計を知っておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して言い表すことで、会社側も考えがわかり、安心してもらえると考えられます。というワケで、聞かれていない箇所についても、あなたから配慮し、答えておくのが良いです。
  • 転職活動する場合、相応の準備が必要です。

  • 転職を進めるには、準備は必須です。とりわけ目に映る「服装」は、注意している人は多いでしょう。しかしながら、最近の採用面接については形式ばらない服装が良い会社もあるので、スーツを着込んで面接に出向かなくても良いでしょう。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手に良い印象を与えられます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。また、私服だと面接中、洋服について、話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、これから転職するのなら、気になる企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 20代前半で転職を2回した為、そして今、資格取得の勉強をしなが…

  • 20代前半に転職を2回経験し、現在は資格を取るべく派遣社員で働いています。フルタイム勤務を選択しなかったのでどうしても給料は以前よりも少ないです。ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事をできる人はとても少ないです。実際に、そういった人を見る度、無性に羨ましく見えてしまいます。昔は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし今は、結婚を契機にがらりと生活環境もかなり変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自分の人生に満足できるようになりました。
  • 転職サイトでは、登録後、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、執拗に電話やメールをしてきます。このことに対して初めて利用した人はかなり驚くケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務だと考えられるので、とても積極的にアプローチしてきます。中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職者の都合よりも企業側を優先させるケースが目立ちます。加えて、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払うことが必要です。
  • この前人材会社へ登録に行きました。

  • 数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングの際に出てきた担当の人の雰囲気が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明している話の50%も彼は理解できていない様子です。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要です」とか、一丁前の話を偉そうに話すのですっごく不快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は能力のある人にしてほしいです。
  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。サイトを見ていて気の向くままによさそうな仕事を探して問い合わせをしてみると「残念ながらその仕事は、他の方でお話が進んでいます」と断られてしまい一時的にサイト上からも仕事の情報がなくなってしまうのですが、どういうわけか翌日になると消えたはずの情報が掲載されています。これって要するに私ではダメと言いたいのですね。そういうことならば初めからカドが立たないくらいに正直に言ってほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともまた偽のお仕事なのでしょうか?
  • 転職活動中に、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。

  • 転職活動をしていれば、面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。転職理由でよくある報酬に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社に応募しました、とうまく話をすり替えましょう。
  • シフトのある仕事についてです。

  • シフトのある仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を結構見ますが、休む方法やシフトの出し方についてはあらかじめチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の方が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。冷静に考えると、本当によくやってこれたなと思います。
  • 転職の際に行われる面接というのは、中小企業であれば概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが・・

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だったら概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、100%ではないのです。例を挙げるとしたら、今後一緒に仕事をする担当者、平たく言えば中間管理職である部長や課長が担当することもあります。中でも営業系や事務系などのカテゴリでは、資格などという見極めが難しいので、堂々と自分という人物をアピールすることが重要になります。面接官から「この男は、きちんと自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうがたくさんの会社が掲載されているため…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が豊富な数の企業が掲載されているため、興味のある2,3の会社を、とりあえずは転職サイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、あとは自動で案件についての連絡が入るようにしておくと容易に転職についての情報収集を行うことができるようになります。でも、初回は登録するのにとても手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録の初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、初回にしっかりと準備することを頭に入れておきましょう。
  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

  • 転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報はとてもたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、精神面は強化できます。それは、海外への旅行です。海外に行くと、文化も生活習慣も違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職後しばらくは精神面がもろくなっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行う人はますます増えています。とはいっても、転職のチャンスを高めたいのなら、加えて転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加することで気になる企業の情報に直接触れることができますし、それだけでなく、説明を担当するスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する場合には、面接に行く心構えで自身をしっかりアピールしていきましょう。仮にフェアの中で、企業側から魅力的な人材、と思われれば、その後応募して実際の面接時に有利になることが期待できます。
  • 今後、私たちの労働環境において単純作業は機械化に置き換わって…

  • 今後、労働力という観点において確実に考えなくてもできる作業は機械に置き換わって必要な稼働人口はどう考えても縮小していきます。どうしてかというと、考えなくてもできる仕事はヒトよりも機械で作業するほうが数段に強いからです。例えば、数量を計測したり、同一の手順を延々と繰り返すことは、機械には何の苦もありません。人間とは違って不満を言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。そして、給料が発生しません。というわけで、人間を使う意味がなさすぎます。機械化の流れは自然の結果といえます。
  • 仮にあなたが、転身を決心を固めたなら、徹底して周囲には…

  • 現職からの転業を決めたのであれば、まったく社内の人間にはこっそりとその気持ちを教えないように首尾よく活動していき、現職にいるあいだは、できれば社内の人間に気づかれないように淡々と仕事をする方がもっとも合理的です。そのスタンスでいけば、もしも希望に知った転職先をすんなり見付けることができなくても、転職を保留しながら、現在の仕事をそれまで通りに続けることもトラブルにはなりません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周囲はそれを受けた応対をし始めます。そして社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あの人は転職する人」という位置付けになります。そうなってから転職の気持ちが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がないと感じることもあるでしょう。
  • 再就職して勤め先を一新するということは、自分に見合っ…

  • 転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った職場を見つけたほうが良いということです。職場を変えれば驚くほどの適職に出会う可能性もあります。が、デメリットもあって、相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなたの才能次第で、天職に恵まれる可能性がある、ということです。近年は、「職業選択の自由」が社会的に認知されているので、転職を決断しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。人の流動性が高くなりつつある昨今、「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業も増えているため、この好機を有効活用してみてください。
  • これは知人からの話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動…

  • こうした話は兄の友達から聞いた話です。新卒採用にてどうしても勤めたかった目標のA社の最終面接を受けながら内定を得ることができず、その先仕方なく違う会社に入りました。約1年半経過した頃に派遣求人サイトを閲覧していた際たまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、我慢することができず当時の会社を直ちに辞めて、派遣という形でA社での就業を開始しました。思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってその後どうにかA社で正社員になることができ、今ではやりがいを持ちつついきいき仕事をしています。
  • いよいよ転職することをするのなら、現状の仕事・業務での不満に思う部…

  • これから転職活動を希望しているのなら、今の職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満な点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。でも「現状の業務や仕事の問題なことを明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は未然に防ぐことができます。