再就職で面接で決まり文句のように聞きだされることが辞・・

転職の面接でだいたい質問されるのが前職を辞めた理由なわけですが…

  • 再就職の面接でほとんど追求されることが以前勤務していたところを退職した原因です。この質問に答える場合には前職から話題をそらしたほうが好ましいです。会社を退職した経緯に焦点を当てると必然的に良くない面を伴った話の内容になってしまいます。この点を上手に進めていくにはどうして前職を辞めたかという点をこの職場にどうしても入りたかった理由があるという話題に向けていくということで、今、自分が面接に来ている会社に話の中心を持っていきましょう。そのような内容ならば、マイナスではなくプラス面を印象づける以前の会社を辞めた理由になります。

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが・・

  • 転職する場合、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当におすすめです。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、逆に言えば、口コミの内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、本当は『クロ』で「このままではマズイと考え、火消ししなくては!」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いのは、その分トラブルに遭遇する心配のあるとみなしていいでしょう。人もそうですが、本当に善良な企業であれば煙なんて立ちません。

  • 転職に先立って現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが・・

  • 転職のために「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自分から退職願を提出して退社する、いわゆる自己都合退職においては直ちに失業保険が出るのではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月待たないともらえないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでそれが原因となりハローワークの保険担当者と喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定が下ったのち即座に失業保険をもらえます。

  • 大規模な転職エージェントに限って、いろんな案件を扱って・・

  • 大手の「就職エージェント」ほど、多数の案件を持っているという長所がありますが、その反面、転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。それゆえにあなたが気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職できる見込みがない」と判断すると応募してくれないこともありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っておりかなり難しいので、方針を変えて中小規模のエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないか、と問い合わせておくと転職希望者のために動いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

  • 仕事探しを行うにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 職探しをするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋をしてくれる会社が存在しますが、あなたがそういったエージェントに登録して就職先が決まったとしても、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても給付対象とならないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。一方、ハローワークを経て斡旋してもらって就職した場合は、就職用の準備金として、「一時金」を受け取ることができます。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは管轄外です。これについて知らないでいると、失業中にお金をもらえない状況になるので、注意が必要です。

  • 求人関連の情報では、とうぜんたいていの企業では月の給料が明記されています。

  • 求人広告には、大部分の場合はまともな会社では月の給与等が記載されています。でもこの月収の欄を頭に入れる時には、しっかり確認する事が大切です。数値だけで判断しないほうが無難です。何故かというと場合によっては、月収の金額のなかに月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。つまり残業代をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあるんです。そういうわけで、そうやって応募者を増やそうとする会社には興味を持たないほうが賢明です。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性は普通はありません。もし、年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

  • クールビズスタイルで再就職の面接に臨むときには、ジャケット・・

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に行く際には、やっぱりジャケットは着ていかなくても安心であると間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイは着用したほうが良い印象を与えます。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だとする企業も存在する場合もなくはないです。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズであっても身だしなみとしてつける必要があると思っているところがまあまあ存在します。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけはしていく方がベストだということは知っておいてそんはありません。

  • 求人情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

  • 求人誌をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業に目を通さない人がいますが、そんな人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解している場合もあります。実際に、製造業での求人募集でも、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事がたくさんあります。でも、製造業の勤め先はオフィス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。しかし、自らのエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、…

  • 今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、社名が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、完全とはいえません。それゆえ、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目について色々質問してみることからやってみましょう。ブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「休日」「給与」「残業」では、質問してみると、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも食い下がると、ふてくされたような態度になってくるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

  • 失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが・・

  • 失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、こういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき急に転職活動を開始しても好条件のところを探すのは困難です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接担当者からそういった質問をされるキケンもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

  • 今までの求人情報に募集条件の中に「性別」まで、明確に書かれていました。

  • 前の求人情報には、「性別」がもれなく明記されていました。でも、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用時、男女差別があってはいけないルールが決まり、応募資格に「性別」を明記できなくなりました。でも、募集情報を出す側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。実際問題、実際は男性が必要なのに、女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。例えば、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、希望しているのは女性だと捉えておいたほうが良いといえます。

  • 転業するつもりなら、多くの企業の募集案内を日常的にチェックしておくと…

  • 再就職を視野に入れているならまめに色々な企業の採用情報を定期的にチェックしておけば転身先をとても選びやすくなります。今の職場に不満足だと感じているケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどの会社も魅力的に映ってしまいます。そのようになると、どの会社に決めればよいのか迷いが出てしまい会社選びに失敗してしまいます。そうすると、最終的には一瞬で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、見る力を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点もチェックしてみましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前もって行動をするようにしなくてはいけません。

  • 転職することをスムーズなものにするには、最初に情報を集めることをしておきましょう。そうしようと思うのならネットを見ると企業の名前を知られていない小さな会社らしくもなくHPで会社を紹介している場合が当たり前になっているから、ネットの機能を活用して自分の知りたい情報を調べておくとまたその企業について疑問点をチェックしておくと転職の助けになってくれます。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」の情報に目を通しておくと良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、何より転職の候補にしている企業を自ら確かめてみるのも意味があります。

  • 知人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。

  • 知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。ですが、転職をした先の労働環境やあるいは労働時間などの大切な部分を紹介者の口コミを信じすぎてしまうのは、問題になるおそれがあります。口コミである以上、そういう口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに紹介した人にとって、居心地の良い職場だったとしても、自分自身の主観で見た場合、イライラするだけの可能性があります。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 就労期間中なら、可能であれば、周囲に悟られないよ・・

  • 就労中は可能なかぎり会社内の人にバレないよう(自身の経験談ですが)在職中に転社する気持ちのみを早い時期に同僚に仄めかしてみました。にもかかわらず、その後求人サイトを散々見たものの、転職先も転職するタイミングさえも何一つ決まらないまま、やみくもに時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方で、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経たあと、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

  • 勤めていた会社で嫌な上司に嫌な目に合わされ、ついに我慢ができなくなり退職…

  • 昔務めていた会社で性格のきつい上司に困ってしまい、とうとう仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業である別の会社に乗り換えました。転職先の会社では居心地よく勤務することができ本当に充実した日々が続きましたが、時が経つにつれて会社の業績が落ち込んで、とうとうとある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、その上とても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが再度の転職活動を始めています。