転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ行ったときのことです。

転職のための採用面接に転職したい会社へ訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けに出向いたときのことです。偶然会社の会議室が空いていないとのことで社外の会場で面接官と待ち合わせて面接が行われ、その場で解散し、面接官も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が同じ。それで電車内においても面接担当者とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなって、緊張が解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが良かったからなのか無事に採用を掴み取ることができました。
  • 全く経験したことのない業種とかに転業したいと考えているときに…

  • 初挑戦の業界などに転業したいと思っている場合には、以前の会社で身に付けた腕前やこれまでの経験が生きるというアピールがいるようになります。その分野で働いたことがない人は経験のない分その業界で勤務したことがある方よりも不公平な状態になりますが、自分が保持しているスキルがそこで生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦うことができる場合も十分に考えられるのです。なので、経験が全然ない分野に挑むときには、その業種と自分が今までやってきた職務との関係を必ず探しましょう。
  • 今現在の自分の職場や仕事に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。

  • 現在の勤め先や仕事の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分のスキルや仕事での能力を適正に評価されていない」したがって、「給与のアップも、レベルアップも出来ない」といった不満が多いように見受けられます。でも、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自分自身の手腕を実際よりも過大評価していることが多かったりします。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と再就職先がまったく見つからないおそれがあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。なので再就職を円滑に行うためには、あなた自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。
  • 新しい職を探すのに、まずは今働いている会社をきちんと退社してか…

  • 転職活動をスタートするときに、とにかくまず勤務先の会社の退社手続きをしてからという方もいますが、そうならばボーナスのことを見積もっておきましょう。ボーナス支給がある会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスをもらえる日までもう少し待てば来るのであれば、支給日を過ぎてから退職するという考えもおすすめしたい手口です。ボーナスは月々の給与と比べて大きい額になると思うので、もらわなきゃ損ということも言えますから、転職しようと思ったらボーナスの支給時期について確実に把握しておくと良いです。
  • もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • もしも転職前、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらには、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽はずみに「転職します」と口にするのは考えものです。上記のトラブルを回避するために、現在の仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い空気をギリギリまで残したまま、仕事を辞められるはずです。また、トラブルなく退職できれば、退職後も、あなたが困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。規模や業界に関係なく、どういった会社であっても、繋がりなので、辞める前のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。
  • 昨今では、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり・・

  • この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり、個人経営 、起業等、必ずしも「会社員以外の道はキケンだ」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長期に関してはどうなるかわからない株式投資や個人事業よりも雇用されて働いているほうが賢明でした。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認知されていた。そんな時代は過ぎ去り、今のような時代は「成熟期」などといわれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。
  • 転職活動のコツは企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接係員との…

  • 転職活動で大事なことは企業そのものというより、正確には「担当面接官」との勝負といえます。面接で結果を出すためにも、ゼッタイに普段通りを意識して平常心で対応することを心がけましょう。お見合いをするような意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。とくに面接係員は最初にあなたの内面的な部分をチェックされるので悪い評価になるような身なりは気をつけてやめましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 仮に転職しようとしても何もかもが都合よく運ぶかどうかはわかりません。

  • 再就職を考える場合、あらゆることがスムーズに進行するという保証はありません。可能であれば、支障がないなら若い間に出来るだけ早く転職を試みるべきでしょう。たいていの場合、30代前半までは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代を迎えてしまうと転職はかなり厳しくなります。役職をすでに担当しているのなら、転職の意識が強くなっていても現在の会社に居残ることも選択項目から除外しないでおきましょう。退職後に転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に行動したほうが後悔することもありません。
  • ついこの間、転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまう人というのも…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が思いの外多いといいます。私の思うところは素晴らしい職場を見つけたものの、「自分自身の理想としていた仕事と大きくギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」ということが理由で退職を決意することが多いといいます。こういった、転職先選びで繰り返さないためには、はやり情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、など多角的に事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

  • もしもあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」において大都会から地方に移住しつつ、転職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。一昔前とは違い転職サイトを使用することで国内のどの地域の求人情報にもいつでもアクセスできます。ただし、地方や郊外での求人はどうしても選択肢が限られてくるので、その点がマイナスといえます。といった問題があるので、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども定期的に確認し、「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 新しい職場で、今までのスキルを生かすことができれ・・

  • 転職先で自身のこれまでのスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として迎えられ、すぐ職場内に自分の居場所ができ、人を募集している会社側もそのような人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えて過去の業務内容と同じ内容であれば転職は非常に容易になります。とは言っても、即戦力となる基準を満たしていても、一流企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なくかなりの難関であることは間違いないといえます。
  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズに退職できませんでした。やっぱり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり心の底からガッカリしました。
  • あなたが転職活動をしているなら、気になる求人(あるいは業界…

  • 今から転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは業種)を見つけたら、絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票・転職エージェントからは業界のマイナスとなる面は、知ることは不可能です。インターネットで調べればインターネット検索ですぐに現実を知ることができます。そうした検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたい求人募集が出ている理由が「内容がきつく、入っても続かない」というケースが少なくないのです。気になる案件・業種については、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。
  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが・・

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに今までにない変化が巻き起こりつつあります。そういった変化を受け、企業伸長とともに労働人口減による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。なお、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増加させていく、前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 前なら看護婦ですが看護師というのは仕事として歴史的背景…

  • 以前は看護婦ですが看護師というのは働く者としてやっぱり女性比率がとても高い職場です。さらに、気力や体力を消耗がきついことが日常茶飯事です。なので、対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多い現実があります。看護師という職種の労働市場は看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。最近は特に、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であり、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。
  • 女性が転職する時、現在と一昔前では少なからず、状況が変わりつつあります。

  • 女性が転職する時、数年前と現在とは若干、変化が見受けられます。過去には面接の場で会社側から、結婚観や結婚後の予定などについて、ごく一般的なこととして質問されることがありました。ですが、現在の流れとしては、そのような内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、特に大企業の場合は、NG質問として神経質になっています。そうではあるものの、会社側は、〇か×ではなく、その人の考え、結婚したあとどうするか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思うはずです。自身の考えを理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら伝えることで、面接官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると考えられます。ですから、たとえ、聞かれていない部分も、先にあなたの方から気遣いながら答えておくのが良いです。
  • 転職活動には、準備は不可欠です。

  • 転職する場合、準備は不可欠です。そのなかでも、目に見える「服装」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。…が、ここ数年の、採用面接に関しては形式ばらない服装がOKな会社も多いので、きっちりスーツを着て臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創立して間もない会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手からの印象が良くなります。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接中、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、これから転職活動をするつもりなら、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。