転職を行う際、現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、…

転職のために現在働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが…

転職を行うにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自発的に退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険はすぐに受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってハローワークの担当スタッフと揉めているのを見たことがある。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険をもらえます。

転職エージェントは大規模なものに限って、豊富な案件を抱えている…

転職エージェントは大規模なものに限って、潤沢な案件を取り扱っているという長所があるといえますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいます。それがためにあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフが「転職が難しい」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいると、その人を優先して送り込む傾向があります。このように大手の転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い大変難しいので、策略を変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか話しをしてみると、自分のために仕事してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。

転職において、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

仕事を探すにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)すなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしそこに登録した結果転職に成功したとしても、失業保険とは何の関係もないので要注意です。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには失業保険をもらうことはできないので注意しなければいけません。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を受け取れることになります。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。これについて押さえておかなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、そうならないように気を付けましょう。

求人広告には、とうぜん多くの企業では月収が明記されています。

求人についての情報では、大部分の場合は普通の企業では月の収入が明記されています。しかしこの月収欄については、注意深く確認する事が大切です。値だけでわかってしまわないほうが良いです。そのわけは案件によっては、月収の金額の中に「毎月15時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代の金額を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集している場合もあります。また、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。だから、そういった可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変大事な要素です。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収より多く言って、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。もし、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社できたのを退職に追い込まれる状況も考えられます。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に行くときに・・

クールビズをして転職の面接にチャレンジする場合、ジャケットはさすがに着なくても安心であると言えます。ですが、ネクタイはしておいた方が間違いないです。ネクタイもジャケット同様になしで良いと思っている会社もあることもなくはないですが、ネクタイに関してはクールビズが推奨されていてもしなければならないと思っている企業がある程度存在します。それゆえに、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということをお知らせしておきます。

求人に係る情報を見る際、例えば、事務系の仕事が希望だから・・

求人に関係する情報を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業をスルーしてしまっています。そんな人は「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人募集でも、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材・購買や営業管理等のオフィス系の仕事がとても多いです。でも、製造業の大半はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。しかし、自らのこだわりを捨てることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

現代では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件での取り締まりが強化されていったり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、不利益を被る流れができてきましたが、まだまだ物足りないと考えられます。だから、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらを使って聞いてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、結局は答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。特に「給与」「残業」「休日」については、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い顔をする場合が多くあります。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでその瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

失業した際にもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されません…

失業することによって得られる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、給付される期間が定められています。失業時までに働いていた期間によって変動し、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて職探しをしたとしてもよい会社を見つけるのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、面接官からその手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受かりません。

数年前の求人誌に性別がきちんと明記されていました。

以前は求人誌では、募集条件の中に「性別」について、記載されているのが普通でした。しかし、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけないルールが敷かれ、求人情報に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、求人募集をしている会社は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。なので、実は男手が必要な会社に募集に女性がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が応募してきたり、といった問題も他人事ではないのです。たとえば、「女性が活躍している仕事場です」と記載があれば、求めているのは女性だと読み取ることが良いでしょう。

再就職を検討しているのなら、まめに色々な会社の情報をチェックすることが…

転身したいなら、いろんな会社を定期的にチェックしておけば転職先の選択をするときにかなり役立ちます。今現在の職場に満足感がないケースでは、本格的に転職活動を始めた際にどんな会社でも魅力的に見えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どの会社を選択していいのか判断できなくなり、選択を間違えてしまうおそれがあります。ヘタをすると、短い期間で不満が募ってしまうこともあるので見る力を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなのでチェックをする目安になります。また、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。

満足できる転職を希望しているのなら、最初から行動するようにしましょう。

転職することを成功させるためには、行動する前に情報を集めることをしておきましょう。それにはインターネットを見るといくら中小企業であろうとも公式ホームページを開いている場合が多いため、ネット上であれこれを手に入れるとそれとその企業について疑問を解消しておくと転職時に助かります。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのも対策としては有効です。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりもその職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。

友人・知人からの紹介によって転職する先を探すこともあるでしょう。

知人の紹介で転職する先を探す人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職をした先の労働環境やその他の労働条件といった部分について紹介者からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると後々問題です。どうしてもある特定の人の口コミというのは誤解・齟齬が多くなってしまいます。要するに友人・知人にとって、ベストな職場環境であっても、あなたの主観で見た場合、イマイチな環境だってあるのです。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、自身の目で確かめておくことも大切です。

就労であるのなら、極力バレないように(自身の経験談ですが…

就労期間にあるときは、なるべく内密に、(自身の経験談ですが)雇用期間中に「転業するかも」という考えだけを早いうちに社内で話して、反応を見たことがあります。しかしながら、その後に求人サイトを色々と探してみたのですが、予想に反して働く先や転職するタイミングすら無計画なまま進めていたので、知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。そしてその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を見付ける活動をはじめました。

勤務していた会社で嫌で反りが合わない上司に嫌な気分にさせられ、…

就職した会社で感じの悪い上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、最後には我慢ができなくなりその会社は辞め、同じフィールドの別の企業に移りました。その会社では会社の雰囲気がよくとても充実した日々が続きましたが、時が経つにつれて会社の売上が悪化し、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。経営統合したのはなんと以前勤務していた会社で、その上すごく嫌いだった上司がまた私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前ですが再び転職活動を始める予定です。

転職時の採用面接に転職したい会社へ赴きました。

転職時の面接に行ったときのことです。偶然会社の会議室がすべて他の客でつまっているということで社外で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われ、その場で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなく直接自宅に向かうとのことでしたが、ところが自宅の最寄駅が一緒だったのです。結局は電車内でも面接担当者と一緒にお話をしながら帰宅することになり、すっかり緊張がなくなり面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか無事に採用をゲットすることができました。

未経験の業種などに転身するときには、以前の職場で、自・・

全く経験のない分野などに転職したい場合には、自分が前の会社で身に付けたスキルや今までやってきたことを生かすことができるという内容の訴えがいるようになります。初めての業界の場合、経験していない分だけその業界の経験者よりも実際のところ、損にはなりますが、自分の持っている能力がその業界においても生かすことができるということを話せれば、戦うことができる場合も多々出てきます。そんな訳で、経験が全くない分野に挑む場合は、その業種と自分が今までやってきた職務との関係を必ず発見しましょう。