現在の自らの勤め先や業務内容について不服に感じていることの中に、…

今の自らの勤め先や業務内容について不服に思っていることの中に・・

  • 現在のあなたの職場や業務について何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価してくれない」したがって、「年収アップも、将来的な昇進も期待できない」といった不満が多くを占めると思います。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には本人が自分自身の持っている才能を実際よりも過大評価してはいないか、再確認しておく必要があります。もしも、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなることになりかねません。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから転職で成果を上げるためには、本来の自分のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。
  • 転職活動を行う際に、まずは今働いている会社をきちんと退社してから…

  • 転職を考え始めたときに、とにかく勤務している会社を辞めてから転職しようとする人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには次のボーナスがいつ入るのかを前もって調べておきましょう。社員にボーナスを支給する会社はたくさん存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが手に入る時期まで数か月しかないなら、支給日を過ぎてから退職するという手も良い手です。ボーナスはなかなかたくさん入るので、もらっておかないと損をすると分かりますから、退職をする際にはボーナスが入る日を確実に頭に入れておく方が損をしません。
  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知る・・

  • もし転職前、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知ると職場の雰囲気が一変することがあります。人間関係によって、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、むやみに転職のことを口にするのは注意が必要です。上記トラブルを避けるためにも、現在の仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い関係をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を去ることができます。加えて、円満退職になれば、転職後も、あなたが何かあったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。会社の大きさに関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりが大事なので、会社を辞める時のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。
  • 今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり…

  • この頃では、株式・不動産投資の不労所得で生計を立てたり、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような移り変わりもあるせいか、「起業することは不安定であぶない」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、株式投資や、個人事業で生きるよりも組織の一員であるほうが大いに将来が安定していて、人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認知されていました。そのような社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」などと言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。
  • 転職活動で大事なことは企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接係員との…

  • 最短で転職したい場合は企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官との勝負が大半といえます。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえば素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる望むと良いと思います。とくに面接では最初にあなたの内面的な部分を判断されるので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイにやめましょう。良識ある社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 再就職しようとしても理想通りの成果があがると断言はできません。

  • 仮に転職しようとしても万事うまくいくという保証はどこにもありません。可能であれば、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら若い間になるべく早く考えておくべきでしょう。大半の場合、20代のうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に至ってからの転職活動全般は、相当に厳しいものと理解しておくべきです。重要な役職をすでに担当しているのなら、転職を考えていても今の仕事を続けるということを選択項目に入れておくべきです。つまり、退職後に転職活動を始めるよりも、現在の仕事は続けながら転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が失敗することもありません。
  • 3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてない・・

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がずいぶん多いといいます。何故そうなるのかと思うと私見ですが新しい会社に飛び込んだものの、「自分自身の想像していた仕事とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」ということで別の仕事を探すみたいです。可能ならこういった、転職先選びで繰り返さないためには、とにかく事前の情報集めを徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、給与体系、などあれこれ前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • もしあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」といった具合に、…

  • あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考える人が増加傾向にあります。近年は求人情報サイトを使えば、地方の求人も容易にアクセスできます。ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報は、大都会ような選択肢がないのが痛いところでもあります。ですから、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもしっかりチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。
  • 新しい環境下でこれまでに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれば…

  • 再就職した会社で自身のこれまでのスキル・キャリア生かせれば、即戦力として周囲から認識され、早々に仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり会社側も大いに助かると言うものです。時期さえあえば、難なく事が運びやすいといえます。更に過去の業務内容と同じような環境の職種なら転職はかなり楽になるでしょう。そういっても、即戦力となる基準があなたにあっても大手企業の事務系、公職については、いつの時代も、相当な難関であることは間違いないでしょう。
  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるな・・

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人でその意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思うようにはいきませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対してのガッカリしました。
  • 今後転職活動をするのなら、気になる求人(または職種)…

  • 将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業界)があったら、必ず「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス面などは教えてはもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、ネット検索で瞬時に現実を知ることができます。そうした面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから後悔してしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といったケースも多いので、目に留まった業種や案件に関しては、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。
  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理による現政権によって、…

  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理による現内閣によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間では新時代となる変化が増加しつつあります。その変化の中で、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。ちなみに「外国人の労働者」の割合を増やしていくつもりでいる前提と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 看護婦と呼ばれていた看護師は仕事として歴史的にも女性比率が大き・・

  • 看護婦と言った看護師は仕事として歴史的にも女性の多い職種です。さらに、気力それから体力ともに大きく消耗が激しい特徴もあります。なので、職場での対人関係のいざこざや、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業です。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。なので、各医療機関は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職増加のスパイラルになっています。
  • 女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは…

  • 女性が転職するに当たって、今と一昔前では多少の違いがあったりします。前までは面接の際に会社側から、結婚の予定や出産後の考え方に関して、一般的なこととして質問されることが多々ありましたが、近年では、その手の内容は、セクハラとして質問を避ける会社が増えています。そして、名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として神経を尖らせているようです。しかし実際、会社側としては、〇か×で返答するのではなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに話すことで相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うのです。そういうわけで、質問されていない箇所もあなたが先んじて気を遣って話をしておくのが良いでしょう。
  • 転職活動を進めるには、それなりの準備は必須です。

  • 転職にあたってそれなりの準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になりますよね。でも、最近の企業面接に関しては私服が良い企業もあるので、スーツで面接に臨まなくても良いでしょう。とくに創業間もない企業などは、お堅いルールもないことが多く、スーツでいかないほうが良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。そして私服なら、面接の間に、服装について、話もしやすいです。ですから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、転職活動は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 20代前半に転職を2回経験し、現在は資格を手に入れたいの・・

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、現在は資格を取る目的で派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代に取った資格を生かして就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、身近にそういった人を見てしまうと非常に羨ましいと見えてしまいます。以前までの私は自分と他人をどうしても比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし現在は、結婚してがらりと生活環境が大きく変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しい毎日を過ごしています。
  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメール連絡が何度も入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが何度も掛かってきます。これに対して初めて利用する人はとても驚くことがよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だと考えられるので、とても積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を成功させることで企業からお金がもらえる仕組みであることから、転職する側の都合より企業側を優先させることが多かったりします。その上「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることが少なくありません。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職にしくじらないように気を付けなければいけません。