3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

先週新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

  • この前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングに出てきた担当者が見たところ入社してから間もない新入社員で、私が説明した話の50%もわかっていない感じでした。しかも「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要です」等、一人前のように横柄に言い散らかすのですごく不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりにカウンセリングの経験がある方にしてほしいと感じます。

  • 今、私は派遣会社に登録をしています。

  • 派遣会社を通じて働いています。サイトで自分にぴったりの仕事を見つけて問い合わせを行ってみると「そのお仕事はすでに他の方の採用が内定しています」とお断りされてしまい瞬間的にサイトの中から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日になるとまた載っています。これは結局私だとダメだっていうことですよね。それなら初めからカドが立たないようにはっきりと伝えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。そうでなければもしかして偽りの仕事なのでしょうか?

  • 転職活動をやっていると、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。

  • 転職活動をしていると、面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。例をあげれば収入に対する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。過去のマイナス点をそのまま話す人は稀だとは思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、この企業に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。

  • 「シフト制」の仕事に関する話です。

  • これはシフトがある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接時に確認しておきましょう。それはなぜかというと、以前わたしは出産のため抜ける人の代わりにと正社員として働き始めたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土日」に必ず出る人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更の必要があり同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。冷静に考えると、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 再就職の際の採用面接では、規模の小さい企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります…

  • 再就職時の採用面接では、小企業であれば、ほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあります。具体的には、一緒に仕事をする一番偉い人、要するに部長や課長などの管理職が担当することになるでしょう。特に、事務・営業といった部署に転職するのなら、資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいですから、きちんと自分自身を売り込んでいくことが求められます。面接担当から「この候補者は、堂々と発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載量も多いため、関心のある2,3の会社・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される会社も多いため、興味を引く2~3社を、まずは転職者登録して、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、次に条件に合った案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。ただ、初回に限っては登録が多少面倒なのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする初回時は少々時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、初めの準備をしっかり行うことを心がけましょう。

  • 退職と転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。現在は、インターネットを使って精神面を強くする自己啓発系の情報は満載になっています。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えさせてくれます。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も言語も大きく異なるので、逐一、勉強になります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職後しばらくの間は精神的に弱っている人が多いので心の回復のために休暇も必要です。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。でも、より転職の可能性を高めたいなら、加えて転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加すればいろんな企業について知ることができますし、さらに、説明員等を通じて、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があれば、面接に臨むつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。それによってフェアでの交流を通じて、企業に好感を持ってもらえたら、その後応募して本格的な面接時に有利になることが期待できます。

  • この先、簡単な労働は機械化が進歩していきそして、人・・

  • 将来的に、労働力という観点において確実に考えなくてもできる労働は機械に変換されて必要なマンパワーはどう考えても減っていきます。なぜかというと、シンプルな仕事は人よりも機械のほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数を数えたり同じ動作をずっと繰り返すのは機械には問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言を言わず、ペースが変わることもなく適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。おまけに給与も発生しないのです。なので、労働力として人を使う理由がまったくなさすぎます。ですから機械に置き代わるのも当然の結果といえます。

  • 万一現職からの転身の意思を固めたなら、徹底して周りの人間に・・

  • もしもあなたが、とらばーゆの決意したなら、徹底的に社内の人にはそれが広まらないように転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、徹底して同僚に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのが利口です。転職先が決まっていない間、その状態でいれば、たとえいい転職先が見つけられなくても、転職時期を見送って現在の仕事をそれまで通りに続けても簡単にできます。でも軽率に、「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、会社の人は、その言葉を受けた応対をします。そればかりか「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そういった状況のあとで、転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りは「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、仕事中ずっと、立場が悪くなる思いををする可能性が高いです。

  • 転職で勤め先を新しく替えるということは、自身に見合った…

  • 転職して職場を一新するということは、自分に合う勤め先を見つけたほうが良いということです。天職に有りつけることも可能です。しかし、良い面ばかりでなく相応の努力が必須となります。言い換えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。今の時代は職業選択の自由が権利として認識されているので、職場や業種を変えたとしてもトラブルも生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつあるこんにち「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

  • こうした話は知り合いの話です。

  • これは知り合いの話です。始めに学生時の就職活動でどうしても勤務したかった憧れていたA社の最終面接で不採用となって、ですから不本意ながら別の会社で働くことになりました。それから約1年半過ぎた後派遣求人サイトを見ていて偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、我慢できなくなって当時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣の就業を開始、真剣に頑張ってそれから先憧れのA社で正社員になることができ、現在においてはやりがいを持っていきいきと勤務しています。

  • 今からでも転職活動をするのなら、現状の職場での納得いかない部分・・

  • これから転職することを希望しているのなら、今現在の仕事・業務での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと気に入らないことがあるから転職したいと考えているのは分かります。でも「しっかりと現状である業務や業務の客観的にみた不満を明確化する」ことを多くの人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぎやすく、成功することが可能なはずです。

  • この頃PCを使えばインターネットで見られる世界ではいわゆる…

  • どうもスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では、要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。その数限りないサイトから自身が欲している転職先と思えるのを見付けるためには、最初は情報が大事ですから収集です。転職サイトをきっちり利用することで効率的な転職先を探せます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

  • 派遣先が決定しました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当者…

  • 派遣の仕事が決定しました。勤務の初日に営業の担当の方と勤務先の近くのコンビニで合流する予定だったのですが、営業担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないので中にいるのだろうと思い店の中に入っていったら、なんとまあ雑誌の所に座り込んで卑猥なグラビアページを開けて閲覧しているではないですか。こんな人に担当されるなんて願い下げと判断し、挨拶もせず店内から出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

  • 転職時の面接で人事から「転職理由をお聞かせください」と聞かれることは間違いありません。その場合、どういった訳があろうとも、前の職場の「人間関係」「働く環境」に関しての愚痴ともとれる内容などは、可能な限り話すのはやめておきましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用される可能性を棒に振ってしまいます。ですから面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが大事で、あくまでも「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような売り込みの形が大切です。

  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくてももらえると思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば受け取れると考えている人がかなりいますが、それは誤解です。現実には、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔でハローワーク職員と面談をして、真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。なお、「この人は就職活動を本気でしていないぞ」と見なされたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付してもらえなかったり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう注意しておきましょう。