今から転職される人で次の仕事をはじめるまでに期間がある場合…

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそう・・

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは勤めている企業側がきちんと雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、場合よっては企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして支給する額を計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動を通じて学びました。結婚した後、生活が落ちついたら、すぐにでも子供を授かりたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年くらい今の職場で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員であるために、年収は安かったですがそれでも家庭の時間のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちの大多数が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣社員を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、心がけるべきこと・・

  • 初めて転職をするにあたって、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去らなければいけないのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。問題を解消できそうな会社を決めていきましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、今の仕事を継続しながら就職活動を行っていくため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。だからこそ明確な理由もない状態で転職活動を始めると、途中で行き詰まってしまう場合があります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動の開始はやめておくのが得策です。

  • より安定した暮らしを願い正規社員になりたい人は結構多いと思います。

  • 安定した生活を願って「正社員」になりたい人は相当数いるのが現実です。しかし、即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員としての転身が実現しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人は結構あるのに正規雇用の求人情報以外を見ないで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一、正規雇用での転職が厳しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集もチェックしてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、実力次第で、2,3年で正社員への転身を図れるようにしている所があるからです。ですので面接の最後にこういった可能性を質問しても人生設計にも役立ちます。

  • 職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズ・・

  • 転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでもOKとと言われることがあります。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは印象が悪いのではないか?と疑ってしまうこともあります。クールビズの悩みを懐に感じている人にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接は言われたことを守った方が良いです。考えすぎて、猛暑の中スーツをしっかりと着ると不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで来てくださいと言われたらクールビズで構わないのです。

  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にチェックしていただきた・・

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしていただきたい箇所が複数あります。一般的に派遣に関しては、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような業務内容をなんとなく考えてしまった人が多々ありますよね。私もそう思ってました。現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、業務に掛かると、まさか「電話対応」に加え、退職した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とはかなり違っていたので日々とても困惑しています。今はとにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

  • 大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが好きでそれが高じて、前に、飲食の世界(レストラン)に勤めていた時期がありました。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。そのことが原因で、職場を離れることにしたのですが、その影響で、あんなに好きだった食べることやその店で提供していた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの店にはしばらく経った今も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の好き、を仕事にしたいと夢をみるのは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。

  • このように特に昨今の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変・・

  • このように特に昨今の労働環境のめまぐるしい変化に当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代は鋭敏に感じ取って、先行きを見据えようとしているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンといった人たちの労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、一層、今後、若い世代の転職への関心度は増加していくものと思われます。「流動化」が背景にあることで、会社の転職は身近なものとなるのは間違いありません。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「転職」は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないことも多くあったのです。けれども、時流が変わったせいもあり、現在の会社に執着する必要は減っているように感じます。

  • たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか・・

  • 大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事はとても難しいものです。そのうえ、郊外~地方となると転職の見込みは低くなるでしょう。ただし、「製造業」の企業あれば、地方の工業団地などを工場を構えていることが可能性があります。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大をする時に中途採用することも珍しいことではありません。そういったタイミングを見逃さないようにするのです。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する企業についての下調べからあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトに訪問し、求人予定の有無など、頻繁に確認してみてください。

  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動における最後の問題として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先の会社が決定したとしても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そういったケースでは、何としても退職する、という強固な意志を貫くことが大事でしょう。たとえ引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。そうして、決定権を持つ上司と談判し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠です。

  • 再就職において、かなり重要視されるのが間違いなく「面接」です。

  • 再就職する際、重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。通常の面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職事由や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで次は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「何か弊社に関して疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問が来たときは、気持ちの準備ができず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そうならないためにも、前もって面接担当者からの質問に対する、質問の内容を用意しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職期間では、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力づくりを意識しておく…

  • 転職期間のあいだは、趣味に時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしておくと良いです。採用が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に没頭してたことによって気付かない間に集中する力が高まります。また体力づくりも同時にできているため、その場の社員さんよりもスタミナがあると認識します。というワケで、退職後は自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをしておくのがおすすめです。この先、働き出した会社であなたと同じ趣味の人とめぐりあうことができれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 最近、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増えてきました。あなたに特許を取った経験があるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、雑誌で紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる勧誘をされた際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。たまに、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする会社もありますが、高い確率でイカサマであるので騙されないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

  • 転職を考えているのなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • もしもあなたが転職をするなら転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得しておけば、転職時にあたって幅が広がるので、転職先を探しやすいです。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。もしもあなたが未来を見据えて、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。また、資格によって転職先の面接の場では面接官に即戦力になる人材だと印象付けることができ、それまでより待遇アップも期待できるでしょう。

  • とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。2、3日し・・

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、当日、時間通りに指定場所に向かうと、どうしたものか全く面接が予定されていませんでした。しばらく待つと、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、始終驚くほどだるそうな対応の状態のままかろうじて面接が終了しました。でも、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、気になったので、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、そんなわけで再度連絡をしたところ、なんと、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまいました。しばらく言葉を失いましたが、正直、不採用でよかったです。

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動をしようと考えているのなら・・

  • 今あるスキルや資格を活用しながら転職活動をしようと考えているのなら、比較的、転職しやすい業種と比較的、再就職が難しい業種がある事を事前に知っておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、慢性的に人手が足りない「医療・介護」系がおなじみですね。医療や介護では、看護師、介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、諸事情によって、異業種に再就職したいと考えているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職を希望するなら、なかなか厳しいものになると気をつけましょう。

  • 再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているた…

  • 転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。しかし、そうした生活はキケンです。それは、気の緩んだ、だれた生活を習慣化してしまうと、「心」にも悪影響が出やすいためです。徐々に、仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困ってしまいます。こうして、悪いサイクルができてしまい、転職先が決められません。次の仕事が決められなくなるのは、給料を最優先に考えてしてしまうからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。