長年にわたって接客業で勤務していたのですが、歳をとるにつれて…

長期間接客関係で勤務していたのですが、年齢的に立ってする仕・・

  • 長く接客関係で働いていたのですが、加齢とともに立って行う仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられるオフィスワークへ転職することを目標にして動きました。事務の経験がなければ少々難しく、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰りも遅いわけですが、まずキャリア形成をするんだと割り切り頑張ります。

  • 転職候補先で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

  • 転職したい会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」のいる会社なら、職人技を近くで見られるので楽しいものです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では間違いなく見学者には、いつもの現場を見せることがまずありません。典型的なのは、ブルーワーカーなどの業種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿はわかりません。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと考えないことが良いです。加えて、見学時に実際に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない人間には、仮に問題が発生したとしても、保証などありません。スタッフから勧められてもていねいに断るのが無難です。

  • 転職するため職探しをするときに気を付けるすべき求人情報は…

  • 就職するため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。このような募集では、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が多々見受けられるます。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間や45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を入れて計算しておくというシステムです。(注・違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」ということになるわけです。が、悪質な求人には『みなし』を記載していない場合もありますので気をつけておきましょう。

  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における自身の給料を過剰に気にする…

  • 転職を考えるとき、転職後の自分の給料について気にする人が案外少なくありません。多くの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として得るために仕事しているとは思います。ですから年収がいくらかは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もあるからとうぜん大切と感じるのは当然ともいえます。ですが、年収というものばかりをとらわれすぎてしまうのも寂しい気がするでしょう。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

  • 現在の仕事に不安があり、転職サイトを利用してあなたの働き方に近い条…

  • 可能性を広げたいと考え、転職サイトを活用して自身のやりたい分野のある魅力的な企業情報を見ているのなら、必ず、「転職エージェント」も利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比較対象にならないほどたいへん質が高いといえます。また、あなたの希望にピッタリなものを調べたうえで、紹介してくれます。そのおかげで、かなり高い精度で理想に近い求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに調べる労力を考えれば、非常に効率的です。そのうえたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

  • 派遣として働いています。労働契約法のせいで残念なこ…

  • 派遣社員として勤務しています。労働契約法のおかげで残念ながら長期間勤務していた派遣先の会社での仕事が終了します。仲間の派遣社員の中には派遣先から正社員の位置をつかみ取った人もいるのですがそれは実際のところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司の扱い方が上手でそれが採用の決め手となった様子。仕事ができるかどうかよりも上司に媚びる能力の方が必要なのだろうと他の派遣仲間と派遣先の会社で毎日不満をたれています。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることの証明が必要になります…

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。が、現実は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくはゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。ですので、きちんと次の仕事先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月のハローワークスタッフとの面談はパスできませんが、「求人票」をチェックすることを最低限やっておく必要があります。心の中では探す気持ちがないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワーク職員との面談の際に、「続けられそうな仕事が意に反して見つかりませんでした」と告げて次の機会を探すという方法もあります。

  • 以前は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • これまでの私は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、やはり都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、転職活動をする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、地域に根ざした情報が自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「どんな求人があるかわからない」とイメージしている人もいるかもしれません。転職サイトとは違った求人もあるので、もしも転職を検討しているのなら、お近くのハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

  • 転職した場所では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐは「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。転職した初年度は、大体「研修期間」を含んでいる企業も多いものです。私自身の例では、四苦八苦して転職したのに、予想と異なり前いた会社での年間報酬とほとんど同じだったことがあります。おまけに、業務もきつく、かなり責任のあるもので、1年目を越すのも本当に厳しかったです。そのような経緯から転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、なるべく転職前の段階でお金をためておくべき、と思います。

  • もっと良い会社につきたいと転職をする活動をしている中の…

  • いい会社に入りたいと転職活動中のときの場合には「はやく、内定(採用通知)が欲しい」といった気持ちが強くなってきます。とはいえその気持ちが強くて良い知らせほしさのばかり、自身の能力を高く偽ったり、あるいは逆に自分を能力を安く見積もったことは、ゼッタイにしないようにしましょう。焦燥感をぐっと抑えて、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴が生きるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

  • 職場環境が原因で精神的なダメージが蓄積されてしま・・

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に自分の家族に相談したうえで、退職するか判断した方が良いです。なぜならば、仕事をするのはあなた自身のためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高い給料を得たからといって、精神が追い込まれるまで無理しながら仕事をするのは望ましいとは言えません。今の時代は、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に増加傾向にあります。ですから、あなたの家族や、自分の心と体を大事にしましょう。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。企業の多くは履歴書と職務経歴書に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類の作成が大切になってきます。ただ穴埋めするだけにとどまらず、記載内容を充実させることも大切です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り記入してみましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。ブランディングのために転職エージェントを頼ること満足のいく転職をするための一つの手です。

  • 仕事を変えると、大体の場合、前職は美化された記憶となります。

  • 転職したケースでは、高い確率で以前の仕事でのたいていの出来事は美化されます。本当のところ今の仕事が自分に合っていないと感じたから、それを解決するべくどうにか退職を決め、再就職すことになったのに、いつの間にかなぜか転職後の会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と感じることは多いです。当然のことで、前職では業務に慣れていて、すんなりとまいにちの業務をあっさりとできていたのももっとも理由にあるでしょう。ですが、「転職しなけりゃよかった」といえるほど、以前の会社の方がやりがいも職場環境も良い場合もあります。

  • 再就職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど聞かれるの…

  • 再就職をする場合で行くと必ずと言っていいほど尋ねられることが辞めた原因のことですが、このような質問に回答する際には話題を退職した会社に向けない方が良いです。辞めるに至った経緯が話題の中心になってしまうとほぼ確実に面接において不利なことを含んだ話の内容になってしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、前の職場を辞めたのはこの会社に絶対に入社したいという考えがあったからという内容にすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社に話の方向を傾けていきましょう。その会社の話であれば、マイナスではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた訳にすることができます。

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、…

  • 転職活動を始めるとき、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、書き込みの内容が嘘であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。とはいっても、実際には『クロ』で「このままではマズイと思い、急いで火消しをしよう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると判断して良いでしょう。そもそも、いい会社にはトラブルなんて発生しません。

  • 転職を行うにあたり、今勤務している会社を退社する…

  • 転職するにあたり、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、仮に自発的に退職願を出して退社する、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないと受け取れないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの保険担当者と口論していたのを以前見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業が認定されれば即座に失業保険が給付となります。

  • 大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件がある…

  • 大きな転職エージェントほど、多くの案件を持っているという魅力がありますが、それと同時に転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。したがって気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントのスタッフ側が「可能性が薄い」と判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。大手エージェントでは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変えて比較的規模が小さいエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できませんか?と話しをすると転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。