最初に転職を行う場合、「現在の仕事を辞めたい理由…

最初に転職をする際、なぜ現在の仕事を辞めなければいけないのか・・

  • 最初に転職をする場合、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについて明確にしておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておきましょう。問題を解決してくれそうな企業を選択していきましょう。既卒者の転職活動は、新卒の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を続けながら就職活動を続けていく必要があることから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。だからこそ明確な理由がないまま転職活動をすれば、途中で息切れしてしまうことがあります。「ゼッタイに転職したい!」「現状をなんとかしたい!」という強い気持ちがなければ、転職活動を開始するのはやめておくことをおすすめします。
  • 安定した人生を求めて正規社員になりたいと考えている人は…

  • 安定した人生を求めるべく正社員として働きたいと思っている人は多数だと思います。けれども、役立つスキルを身に着けたりして頑張っていても、正社員としての転職活動そのものが難しいこともあります。準社員の求人情報はたくさんあるのに正社員の求人募集に執着しすぎて、エントリーしない人も多いでしょう。仮にあなたが、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員の募集もチェックしてみましょう。契約社員を募集している企業であっても、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員にステップアップが図れることもあるからです。採用面接を受けているあいだに、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しておけば、後々の役に立ちます。
  • 転職をする際の面接で企業側からクールビズでも大丈夫です…

  • 転職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと記載されているケースもあるようです。ですが、クールビズで伺うのは本当は失礼なのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを心に持っている方においては、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接については書かれていることを実行したほうが確かです。悩みすぎてしまい、真夏なのにきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に暑苦しいと思われます。ですから、クールビズでもOKと記載されていたらクールビズで良いのです。
  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してほ…

  • 転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えてほしい点がいくつかあります。まず派遣に関しては、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務を連想される方が多いはずです。本音を言うと私もかつてはそう思っていました。今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「担当してもらう業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明とはかなり違っていたので毎日非常に参っています。とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 自分の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意が必要です。これは、私が実際に経験したことなのですが、私は、食べることが大好きで前に、レストランに勤めていた時期がありました。その飲食店での業務は、その飲食店で私が任されていた仕事内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが引き金となって職場を去ることにしたのですが、そのせいで、大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物も苦手になってしまい、似たような飲食店は避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の大好きなことを仕事にしたいと願い、実現できるのは本当に素敵だとは思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、じっくり見直す必要があります。
  • ここ数年の雇用事情の変化について、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者の世・・

  • 現在の雇用形態の変移に関して、社会人の中で若い人たちは敏感に感じ取っておそらく、次に備えようとしている段階のような気がします。こういった理由から労働者・サラリーマンといった人たちの「流動化」が顕著になっているため、ますます将来、世代に関わらず転職の関心が高まると予想されます。労働力の「流動化」の影響で一つの会社に縛られない生き方は一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「転職」というと評価が下がるとも言われて損をしてしまうことも多くあったようです。ところが、時代が変わり今現在の会社に固執する意味も必要性も段々と薄れてきています。
  • 一般的観点からすると大手企業は「定期採用」がメインなので・・

  • たいてい大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。そして、都会の外だと転職の見込みがたいへん小さくなります。ただし、「製造業」系であれば、都市部でない地方の工業団地界隈に製造工場を持っていることも可能性が高いです。そういう工場に的を絞れば、事業分野の拡大と並行して「人員募集」を積極的に行うので、この好機を利用して転職するのも悪くないでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての下調べから仕入れておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人の予定がないか、暇があれば確認すると良いでしょう。
  • 転職活動における最後に残る難関として、「現職の退職」があげられると思います。

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先を見つけたとしても、現在勤務している企業があなたを放出したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そうなった場合、負けることなく退職する、という強固な意思を維持することが大切といえます。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきましょう。それから、決定権のある上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社という形をとることも就職活動において必要でしょう。
  • 再就職する際、重要視されるのが「面接」というものです。

  • 転職をするときに比較的重要視されるのが「面接」というものです。普通の面接の場合は面接担当者が当人に対して転職の経緯や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接の終了間際に今度は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わります。例えば、「弊社について何か聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人は急なことなのでどう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも予め面接官からの問いに対する、聞きたいことを考えておくのもいいかもしれません。よく考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない生活をしてお…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力の向上を意識しておくと良いと思います。勤め口が見つかり、いざ仕事を始めた時に、趣味に夢中になっていたことで知らないうちに集中する力がアップしています。さらに体力アップしているために、その場の社員たちと比較するとスタミナがあると自ずと認識することができます。なので、退職後は好きなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをしておくのがおすすめです。このあと、職場にて同じ趣味の人と巡り会えれば、話が盛り上がります。ですからこれまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 近頃、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。特許出願の経験がある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を書いた実績のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる勧誘をされたときには、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。ここ最近は、ヘッドハンディングを装って、登録料を払わせようとする会社がありますが、そのような会社はたぶん嘘であるので騙されないように注意しましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • もしも転職を視野に入れているなら、前もって「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしあなたが転職を視野に入れているなら、前もって資格を取得しておくことをお勧めします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職活動時にそれを有効活用できるので、転職先を探すのが楽になります。ですので、資格取得するなら、在職期間中にベストタイミングになります。もしあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、今の仕事に別れを告げても前向きに次に進めるはずです。そして、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接のときには面接官に「即戦力」と認められ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • とある古物商の会社で、書類審査を通過し先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、面接日当日、行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。待っていると、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、非常にやる気のなさそうな態度を見せて、やっとのことで面接が終了しました。だが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局届かず、そこで再度電話した結果、どういったわけか、「結果は不採用でした」、と一方的に電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、とりあえず不採用で良かったと思っています。
  • 自身のスキルが有利にはたらくように転職活動する際・・

  • 今ある自分のスキルを有効活用しながら、転職活動をしようと考えているのなら、比較的、転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業界としては、たえず人手が足りない医療や介護系の業種がとても有名ですね。看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事のきつさから、異業種へ再就職したいと思っているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。したがって、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職を決めるあいだは、無意識のうちに気が緩んでしまい・・

  • 転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。が、そういった生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。時間がたてばたつほど、働く気力がなくなり、経済的に困ってしまうかもしれません。このように、すべてにおいて悪循環になり、転職先をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えるためです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラけた姿勢は、転職活動中には必要ないのです。
  • 長い間接客業で働いてきましたが、年齢的に立って行う仕事・・

  • 長期間接客業で勤務してきましたが、年をとったせいか立ったお仕事は体力的につらいため、オフィスワークへ仕事を変えることを頭に入れて行動を起こしました。事務が未経験だとわりと厳しく、接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた時より帰る時間も遅いのですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと考えて仕事を続けます。
  • 転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社の見学は、かなり勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近くで見られるので楽しみです。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、本当の現場を見せることがまずありません。典型的なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので働きだしてからでないと、本当の姿はわからないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと考えないことが賢明です。ましてや、会社見学時に仕事を体験させる会社は、倫理的にアウトですし、注意しておくべきです。入社すらしてない人には万が一問題が発生したとしても、それに対する保証がないため、仮に、勧められてもやんわりと断るとこが大切です。