就職活動において、年収はとても大切な要素です。

就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接時には、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

    クールビズスタイルで転職の面接に行くときには、さすがにジャケッ…

  • クールビズの格好で転職の面接に行くときには、ジャケットはさすがに着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かるわけですが、ネクタイはしておいた方が無難です。ネクタイの着用はなくてもOKだとしている企業もあることもなくはないですが、ネクタイについては例えクールビズであってもつけて行く必要があると思っている会社が一定数存在します。そのため、クールビズで来るように言われていてもネクタイに関してはしていく方が悪い印象を与えないということは認識しておいてください。

    求人に関係する情報を見るとき、デスクワークがしたいからと…

  • 求人サイトをチェックする折、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業をスルーしてしまっていますが、そのような人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈している場合もあります。製造業の求人であっても製造マンだけでなく人事、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に関する仕事がかなり存在します。製造業は往々にしてオフィス街から距離があるので、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。だとしても、自身の執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

    今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰化の流れが続いていますが、完全とは言い難いというのが現状です。面接で見破る方法があります。求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を一点ずつ堂々と質問しましょう。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、その場では答えられないなど逃げ腰になるでしょう。特に「給与」「残業」「休日」においては、質問してみると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも食らいつくと、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

    失業したときに給付される失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

  • 失業した人がもらえる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、この給付には「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦って就職先を探し始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたか位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。場合によっては、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、受かるのは難しいでしょう。

    何年か前までの求人誌に雇用主が必要とする「性別」について・・

  • 今までは求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」が明確に記載されていました。しかし、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用する際、男女の差別があってはいけないルールができて、募集要項の概要に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、募集する側には性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際問題、男手を必要なのに、女性が応募してきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してくる、といったトラブルも他人事ではありません。もし、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、希望しているのは女性だと解釈しておいたほうが良いといえます。

    転業を考えているなら、いろんな会社の採用情報をチェックしておけ・・

  • 転業を検討しているのなら、労を惜しまずにいろいろな会社の募集案内を日頃からチェックしておくと就職先の判断がとてもしやすくなります。あなたが今の職場に満足感がないと、いざ転職活動をする際、どこの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状態に陥ると、どこを選択していいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も少なくありません。そのため、短期で転職しなくてはいけなくなるかもしれないのでどんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。良い会社は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

    転職を成功させたいのなら、最初に情報収集が必須です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、あらかじめ、徹底した情報を収集することが不可欠です。そうするには今はどんなに小規模な会社でもホームページを常設しているというのがとうぜんだから、インターネットの機能を駆使して気になる点を調べておくとまたその企業の疑問等を整理しておくと転職に役立ちます。公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、何より転職を考えている希望の職場を自分の目で見て確かめることも大事なことです。

    人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。

  • 友人・知人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。しかしながら、その職場の労働環境、労働条件といったポイントを友人知人からの口コミだけを判断してしまうと後々トラブルになるかもしれません。というのも、ある特定の人の口コミというのは主観が入ってしまうからです。つまり知人にしたらとてもよい職場環境に映っても、あなた自身の主観で見た場合、イライラするだけの可能性もあります。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、最終的には自身の目で確かめておくことも大切です。

    在職中は可能であれば、会社内の人に気づかれないように…

  • 在職期間にあるときは、できたら、社内の人間にバレないよう(私の例ですが)在職期間中に「転社するかも」という気持ちのみを早いタイミングで周りの人に話してみました。けれども、その後に求人誌を散々探してみたのですが、予想に反して転職先も時期など、無鉄砲に決まらないまま、ダラダラ時間を空費する結果に。挙句の果てには一方の会社の方も業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。

    働いていた会社で反りが合わない上司に悩みを抱え、とうと・・

  • 新卒後最初に働いた会社で嫌な上司の存在に悩み、最後にはこれ以上は無理だと思いその会社を辞め、同じ業種の別の会社に転職しました。その会社ではパワハラもなく本当に満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて業績が悪化して、最後にはある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその経営統合した会社がなんと以前勤務していた会社で、しかも大変嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。本当に縁があります。当たり前ですが新しい転職活動を始める予定です。

    転職の面接を受けに転職したい会社へ行きました。

  • 転職の面接を受けに転職したい会社へ伺いました。偶然その会社にある会議室が空いていないとのことで外部のとある場所で採用担当の人と待ち合わせて面接を行って、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも面接担当者と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することになって、結果としてお互いリラックスして面接より話が弾んで、それが良かったからなのか無事に採用を勝ち取りました。

    今まで経験したことのない業種とかに転業したいと思っている場合には・・

  • 初挑戦の分野などに転職したいと思っている場合には、以前の業界で身に付けたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の自己主張が必要です。その業種で経験をしたことがないという人は経験のない分そのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、不利な状態になりますけど、自分が保持しているスキルがそこでも十分に発揮できるということをうまく相手に伝えることができれば、戦えることもあり得ます。それゆえ、経験したことがない業種にチャレンジするときには、その業界と今まで自分が経験してきた仕事内容とのつながりを必ず考えましょう。

    今の職場や業務内容について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

  • 今現在の職場や業務内容に対して、不満に感じていることの中に、「自身のスキルや能力を適正に評価されていない」それゆえに「給与アップもないし、将来的な昇進も期待できない」といった内容が多いように見受けられます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分自身の能力を過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と中々転職先が決まらない可能性が高くなってしまいます。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。そういうわけで転職活動で良い成果を出すためにも、自分のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

    職を変える際に、今の会社を退社してからという人もいますが・・

  • 転職活動を始めるときに、勤務している会社を辞めてからといった方法もありますが、そうするときにはボーナスが入る時期を気にしておきましょう。ボーナスがもらえる会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる時期まで長くないのなら、ボーナスをもらってから会社を去るというやり方も得をする方法です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、もらっておかないともったいないとも分かりますから、辞職する際にはボーナスが支払われる時期について確認するのを怠らないようにするのがもったいない思いをしません。

    もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

  • もしも転職することを、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が一変するおそれがあります。あなたの置かれている環境によっては、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。また、超過勤務をさせられることもあるので、安易に転職のことを口にするのは注意が必要です。なので、上記のような状態を回避するため、今現在の仕事場では、真面目を装いましょう。そうすれば、良い雰囲気のまま会社を退職できます。それに、円満退職で終えられたなら、退職後も、困ったときにアドバイスをもらえるかもしれません。規模や業種に関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりはとても大切なので、辞める時のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

    昨今では、株・不動産投資などといった不労所得のほか…

  • 近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長期に関しては不安の残る株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員であるほうが安定していて、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように社会に認知されていました。そんな時代は終わり、今のような時代では「成熟期」といった名称で言い表されています。今後は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。