ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、少ししか仕事もしてない・・

ちょっと前に転職したばかりだというのに、慣れもしないあいだ・・

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人が意外と少なくないのです。何故そうかと思うと私の思うところは心機一転、良い環境で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていたものと大きくかけ離れていた」「独自のルールに慣れなかった」ということがワケで別の仕事を探すのだとか。可能ならこのような、転職における失敗を後悔しないためには、やはり、前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、などあれこれ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 転職をするとき、「Uターン」「Jターン」といった具合…

  • もしあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと思っている方も少なくありません。一昔前とは違い転職サイトを使用することで地方・郊外の求人も閲覧できるようになっています。地方での求人情報では、都市部ような選択肢がないのが正直なところです。ですから、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもよく確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの有無も見逃しがないようにしましょう。
  • 新しい仕事で、それまでに培ってきた実力を活用できれ・・

  • 新しく就いた仕事で自身のこれまでのスキルを活かせられれば、即戦力として活躍でき、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社側としても、即戦力は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。更にかつての働いていた職場と同じジャンルであれば転職は非常に容易になります。けれども、まずまずの実力があるといっても大手企業の事務職、公務員などは、いつの世になっても、中々の競争率を突破する必要があります。
  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が強いのであれば・・

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が固いならば辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際にわたしが転職をすると話した時には話がこじれて最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思ったとおりにはいきませんでした。やはり人事の采配等もありますでしょうが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に前の会社に対しての信頼はなくなりました。
  • 転職活動をするという時は、気になる求人(または業種・・

  • 転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業界)を見つけたら、きちんと「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス点は知ることはできません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索を通じて一発で実態を知ることができます。そのような手間を惜しんで会社に入ると、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容が厳しく、人の出入りが激しい」ということも多くあります。目に留まった案件について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。
  • 昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間でもあたらしい変化が生じ始めています。その余波を受け、企業のあいだでも労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。ここ最近では、「外国人労働者」の比率を現状よりも増やしていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。
  • 看護婦という名前だった看護師という職業は、やはり女性のすごく多い…

  • 以前は看護婦と言った看護師は働く者として歴史的にも女性比率がかなり高い職種です。そして、気力あるいは体力へのひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。そのため、職場での人間関係のいざこざや、結婚や出産の後にそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事でもあります。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に変わらず継続しています。つねに各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。
  • 女性の再就職に際して、一昔前と現在とでは若干、状況に違いがあったりします。

  • 女性の転職は、数年前と近年とでは少なからず、状況に違いがあったりします。以前は面接のなかで、結婚と出産の予定の有無などのことに関して、質問されることがほとんどでした。でも、今ではそういったデリケートな内容は「セクハラ」に該当しかねないために、質問しない会社の方が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ただし、企業側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を当然、知っておきたいとは思っているものです。自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて伝えることで、会社側にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うわけです。ですから、聞かれていない箇所についても、あなたの側から率先して答えてみることを考えてみてください。
  • 転職活動には、然るべき準備はしなければなりません。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも身だしなみ、に含まれる服装は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。とはいえ、ここ数年の、企業面接に関しては私服がOKな会社も多いので、スーツで決めて出向かなくても良いケースもあります。とくに創業したての会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。さらに、私服を見せることで面接中に、洋服について、盛り上がる可能性もありますから、面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というわけで、これから転職活動をするつもりなら、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 20代前半に転職を2回経験し、現在は資格取得の勉強をしなが・・

  • 20代に転職を2回経験し、そして現在、資格をゲットするべく「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務とは異なるため、やはり毎月の収入は安くなりました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。学生のうちに資格を手に入れて、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、資格を活かしている人を見るとかなり羨ましいと感じたりもします。これまでの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、肩を落とすこともありました。しかし今は、結婚してから、がらりと生活環境も大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自ずと生活が充実するようになりました。
  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、非常に驚くことが多いです。転職エージェントは転職を後押しすることが業務なため、非常に積極的にアプローチしてきます。特に大手のエージェントは、転職を完了させると企業から報酬が支払われるシステムであることから、転職者の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。その上彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出ると間髪入れずに、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、転職にしくじらないように注意することが重要です。
  • 新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 一昨日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、私が伝えたいことの50%も彼は理解できていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが必要でしょう」とか、ベテランのように偉そうにしゃべるのですごく不愉快でした。カウンセラーはある程度カウンセリングのスキルがある社員にしてほしいものです。
  • このところ私は派遣会社に入っています。

  • 派遣の会社に入っています。ウェブサイト内でふと自分に合っていそうな仕事を見つけて問い合わせを行ってみると「その仕事はもう別の方に決まりました」と返答され一瞬ウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか翌日になるとまた載っています。これは結局私ではダメだという意味ですよね。それであるならば初めから変に隠さないくらいではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、そうするのは難しいのでしょう。はたまた客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 転職活動をやっていると、間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて面接のときに間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。給与に関する不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を与えるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そしてさらに、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、そのために御社を選びました、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、決まった曜…

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう見るのですが、休む手順やシフトの出し方については事前にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜けた人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出る人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩方に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当によくやってこれたなと思います。
  • 再就職の際の採用面接では、中堅企業であれば大体は「人事」が面接担当になります…

  • 転職の際の面接では、規模の小さい企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、別のケースもあります。例を挙げるなら、今後一緒に仕事をする責任者、つまり管理職である部長や課長が面接担当になる可能性もあります。その中でも営業職や事務職といったカテゴリでは、資格などで判断がしづらいので、きちっと自分を売り込んでいくことが必要であります。面接官の誰からも「この男はしっかり自己主張するし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。
  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される案件の数が多いため…

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される会社も多いので、感じがよさそうな2,3の会社を、転職サイト登録しておき、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が簡単になります。ですが、最初だけは登録するのに非常に労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録を行う初回時、少々時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが賢明です。