看護師という職の人のそれと違う職に転職を決断するキッカケ…

「転職しよう」と思う理由は人によって違うはずです。

  • 看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、その人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると転職には「職場に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産と子育てそれから親の介護など、さまざまな身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには仕事が難しくなってしまった」「稼ぎに不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。でも、転職を決断する前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と思うに至った理由を冷静に、現状を見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみてください。
  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色味については…

  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色については、新卒の就活の時に身に付けている色合いが基本です。言い換えるならば、紺や黒といったような暗めの色になるわけです。再就職のケースであっても、着用していくビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的多数であって、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんど見ることはありません。強いて言えば、ごくたまにグレー系の人がわずかにいるくらいです。全体から見ても紺系や黒系のビジネススーツが圧倒的に多いのです。ですから、人事側からしても黒や紺色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 再就職をする際の面接でする腕時計は、明らかに目を惹くようなタイプ…

  • 転職の面接のときにする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くタイプのものは着用は避けたほうが良いと言えます。この場合の目立つ腕時計とはブランド物の腕時計であるとか、真逆でチープな腕時計に見えてしまうとか、そういう目立つという意味であって真反対で目立つのだととらえておきましょう。再就職の面接のときにする腕時計についてもスーツやネクタイのとらえかたと同様に、ビジネスの場にふさわしい安全なものを身にするほうが良いと言えます。そうはいっても、年齢にあっているということも外せない条件で、新卒の時に面接で準備した腕時計よりは多少なりとも値を上げた方が間違いないとはっきりと断言できます。
  • 転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともに消耗が激しいといえるでしょう。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、そうではなく自分で直接応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておくべきです。
  • 転職の際に外せない採用面接での、よく思い違いがあるのです…

  • 転職を成功させるための面接でのよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫をかぶることは正直なところ採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないために思い切って面接時は、「休暇」などの、普通ならかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に質問しておいた方が、最終的に自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで面接結果に不採用になるのではないか」と懸念するかもしれませんが、けれど、意外なことに、相手からの印象もいいことは結果的には可能性が高いといいます。これらのことは「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい面接に応募した人たちの多くは、普通は質問できません。しかしながら、あなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」と面接官に印象づけられるのです。
  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる募集要項について…

  • 仕事を変えようと考えている時にチェックする募集事項は、だいたいのもので載っている確率があります。ですから、そこに記載されている情報は全部正しいとは考えない方が好ましいでしょう。中でも特に給料の金額などに関しては、平均の金額なのか?最低保証の金額であるのか?最高額なのか?というような判断ができる転職者は少なく、自分で勝手に解釈してしまうと、今後、後悔することになる事いなるかもしれません。そのため、悔いることのないように、求人というのは、うのみにせずに、そういった肝心な内容は会社の方に直に確認を取るのが適切です。
  • 転職をするにあたって、当然やりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

  • 転職先を選ぶ際、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒にさらに給料のアップも大事なポイントなので「年収サイト」というサイトに登録をしてあらかじめ研究をしています。同じ会社でその上全く同じ職種、社歴なのに人によってすごく違いがあることも多く、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者も誰だかだいたいは察しがつくのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。
  • 将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活動…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な重荷が減少するので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。それにメンタル部分が健全であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番の理想は、やはり、休職せずに新しい勤め先を見付けることが大事です。今ある仕事をしながら、転職探しをすることが、ベストでしょう。しかも、ブランクをなくせば仕事をやめても、すぐに働けます。そのように予定を組んでおくと、職歴にも空白期間が無いので将来に響くこともありません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、上手に転職活動を進めていきましょう。
  • 派遣会社を利用して仕事をする人が過去の規制緩和以…

  • 派遣会社に登録して働いている人が近時増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを可能な限り面接のときに確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその対価として手数料をもらうシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い会社では、8割だけしか労働者に還元しない場合もあるのです。面接の際にきちんと返答しない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので極力そこでの登録はやめておきましょう。
  • 転職活動を始める場合、まず、ハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職活動を行うにあたっては、あらかじめ、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして気になる会社をチェックされるとは思います。しかし、当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった会社情報や社員のインタビューについては、そのまま信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんな文句をつけて退社させないように謀略を練っています。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”という諺もあります・・

  • 古来より「石の上にも三年」という諺もありますが、昨今、その背景を裏付けるかのように定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。とはいうものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。仕事を変えたいと考えているなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず、今現在の職場、仕事、職場に関して、不服点を10個程度、メモしてみてください。そうしておくことで、将来の転職活動に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、手早く、今より良い仕事ができるように努力していきましょう。
  • 年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておきましょう。現在の会社側がもし「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合や残業時間によってはすぐに受け取れる可能性もあります。このとき、支給される失業手当の金額は会社で最後の勤務月の直近の給料を基準に支給する額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 派遣社員だからといって自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職を経験して理解しました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、すぐに子供を授かりたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい今の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、月収は安かったですがそれでも「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ところが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどの人が10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員であったとしても、すぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。
  • 生まれてはじめて転職を行う場合、注意しなければいけないのは…

  • 最初に転職をする際、大切なのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについて頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。その上で問題を改善できる会社を選択するのです。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事をこなしつつ転職活動を続けていく必要があるため、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。そのため理由がはっきりとわからないまま転職をしようとしたら、途中で息切れしてしまうことがあります。何としても転職したい、現状を変えたいという感じの強固な気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが無難です。
  • 安定を欲しがって正規の雇用社員になりたいと思っている人・・

  • 安定した人生を手にするべく正社員を目指す人はかなり多いのが現実だと思います。けれど、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり努力していても、中々正規雇用が叶えられないこともあります。契約社員の求人募集は充実しているのに、正規雇用の求人に拘り、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。もしも、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、準社員に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員を募集している会社であっても、働き手の実力により、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップが図れることもあるからです。ですから面接の最後に正社員として働ける可能性の有無を尋ねておけば、将来のプランも組みやすくなります。
  • 転職時の面接に関してですがクールビズ可とと言われることがありますが…

  • 再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと言われる場合がありますが、クールビズで面接するのは実際は良くない印象になるのでは?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを背負いこんでいる人たちに言っておきたいことが、クールビズで良いとされた面接なら、書かれている内容を素直に聞き入れるほうが正しいです。色々考えすぎて、真夏であるのも関わらずしっかりとスーツを着用すると不自然に感じられます。ですから、会社側からクールビズ可と伝えられたらクールビズの格好をおすすめします。
  • 転職で、「派遣社員」を選択予定の方に注意して欲しい箇所があります。

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意して欲しい点が複数あります。一般的に派遣社員というと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった仕事をぼんやりと想像してしまう人がおそらく少なくないとは思います。実は私もそう思ってました。今の会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と直接派遣会社からも説明も受けてました。しかし、いざ入社したとたん、なんと「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。