失業によって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に職探しをしたとしても条件のよいところを見つけるのは困難です。面接担当者が馬鹿である場合を除いて「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった内容はそこそこわかるはずです。もしかすると、面接の時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。
  • 前の求人誌には、求める人材の「性別」まで当然のように記載されていました。

  • 数年前の求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、ハッキリと記載されていました。ですが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用において、男女の差別があってはならないとして、募集要項のなかに「性別」の表記ができなくなりました。しかし募集情報を出す側は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際に、本当は男手が希望の案件に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。仮に、「女性が活躍できる職場です」といった内容の案件は、これは女性を望んでいると認識したほうができます。
  • 転職するつもりなら、こまめに多種多様な企業の募集案・・

  • 転職したいなら、こまめにたくさんの企業の募集案内を調べたり比較したりしておくと転身先を選ぶのに大いに役立ちます。現在の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社も魅力的に映ってしまいます。そのようになると、どの企業に決めればよいのか、迷ってしまい、判断を大きく間違えるおそれがあります。したがって、最終的には一瞬で退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、企業の取引先を見る事です。透明性を重んじる企業は取引先を公表していますし、そうでない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、よく見ておきましょう。また、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 良い転職先を見つけるためには、事前の行動をするようにしましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、最初から行動するようにしましょう。今は企業の名前を聞いたことのない小さな会社でもHPに会社のことを書いているケースが普通だから、インターネットの機能を使って自分の気になる点を手に入れるとまたその企業についてよくわからないこと等をチェックしておくと転職に役立つはずです。また、公式サイトのほかに、「転職サイト」をチェックしておくのも有りだと思います。さらに、インターネット以外の方法として、何よりもその職場を自ら判断するのも大事です。
  • 人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。

  • 知人からの紹介を通じて転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、そこでの労働環境や、労働条件といったポイントを友人からの口コミ情報をあんまり信用しすぎるとトラブルになることが多いです。というのも、個人の口コミは主観が入ってしまうからです。要するに友人の立場では働きやすい職場だったとしても、自身にとってはイライラするだけの可能性だってあるのです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、自分の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 在職中であるのなら、出来るだけ同僚にバレないように…

  • 雇用期間中なら、なるべく会社内の人に悟られないよう、(自身の例ですが)就労期間中に「転社するかも」という意図だけを早い段階で社内で仄めかして反応を見ました。ところが、その後に求人誌を色々と探してみたものの、予想に反して就職のあても転職時期すら計画も立てずに煮詰まっていないままやみくもに時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 新卒で採用された会社で怒りっぽい上司に嫌な目に合わされ、…

  • 勤務していた会社で怒りっぽい上司に悩まされ、ついにはこれ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業の他の会社に移りました。転職先の会社ではパワハラもなく本当に充実した毎日でしたが、徐々に会社が収益を上げられなくなり、結局はとある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、その上感じの悪かった上司がもう一度私の上司となることに。いったいこれはここまで縁があるとは。当然ながら新しい転職活動を開始しています。
  • 転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。

  • 転職のための採用面接にとある会社に伺いました。たまたまその会社の会議室が空きがないとのことで外の会場で人事部の方と待ち合わせて面接が行われ、その場所で解散をし、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。結局は電車内でも面接担当者とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることとなって、すっかり緊張がなくなり面接より話が弾み、それが功を奏したのか無事に採用を掴み取ることができました。
  • 全く経験したことがない業種などに転職したいと考えているときには…

  • 経験したことがない業界などに転身を考えるときには、以前の職場で、自分が培ってきた力ややってきたことを生かすことができるという訴えが必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、その分その業界で勤務したことがある方よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自らの持っているスキルがその業界においても発揮できるということを伝えれば、戦うことができることもあります。なので、未経験である分野に飛び込む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた職務内容とのつながりをできる限り探しましょう。
  • 今の自身の仕事や業務に関して、大半の人は不満を感じていると思います。

  • 現在の自身の職場や仕事内容に対して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の能力(スキル)をきちんと評価されていない」ゆえに、「賃金は増えず、昇格の見込みもない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分の本当の実力を実際よりも過剰評価している場合が多いものです。もしも、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、自分に合った求人がないと、仕事をしないブランク期間が長引くので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性が少なからずあります。そういうわけで再就職で良い結果を出すためにも、「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることが大切です。
  • 転職活動を行うのに、今の会社を辞職した後でと思っている人もいるでしょう・・

  • 転職活動をスタートする際、まず今の会社を退社してからという人もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスをもらえる日について事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社はほとんどですが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスをもらえる日が近づいているのであれば、ボーナスをもらってから退職するという手も賢い方法です。ボーナスは少々たくさん入るので、もらわないのはもったいないとも明白ですから、辞職する際にはいつボーナスが入るのかを一度確かめておくと賢明な方法です。
  • もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

  • 転職する前には、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変することがあります。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。そればかりでなく、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。上記のトラブルを避けるために、今現在の職場では、いたって真面目な態度でいましょう。注意をしておくことで、良い状態を最後まで保ちつつ、仕事を辞められます。さらには、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後も、困った際には相談できる機会も出来ます。どういった会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、仕事を辞める時のトラブルは、できるだけ回避してください。
  • 近年では、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てた…

  • この頃では、株・不動産投資などの不労所得、または起業といった生き方も社会的に人気を集めています。あながち「会社員の道こそが正義」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長時代においては、将来が不安定な株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが将来が安定していました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認知されてはいました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。
  • 転職活動で重要なことは企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」…

  • 転職のための活動は希望する企業とのやりとりというより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが大事といってもいいでしょう。面接で結果を出すためにも、第一歩として面接が始まるときに平常心で対応することを心がけましょう。お見合いをする姿勢で向かうと問題はありません。とくに面接がはじまると最初にあなたの中身をチェックされてしまうので悪い印象を与える身なりは注意しぜったいに控えましょう。モラルある社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、かならず転職活動はかなり楽になります。
  • 仮に再就職を考えたとしても、全部がうまく進行するかどうかはわかりません。

  • 仮に転職を考えたとしても、何もかもが順調にいく確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、どちらにしても転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちに変えたほうが良いでしょう。平均として見た場合、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代になると転職自体がかなり難しくなります。もしもあなたが、管理職など、要職を担当している場合、転職を考えていても会社に残ることも選択項目に入れておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、じっくり探すほうが良いということです。
  • 少し前に転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに…

  • 少し前に転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに退職してしまうケースがずいぶん少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみるとおそらく新たな気持で新たな仕事環境を見つけたというのに、「自分の期待していた職場環境と堪えられほどかけ離れていた」「会社のルールに慣れなかった」ということがワケで別の仕事を探すことが多いようです。でもこのような失敗を未然に防ぐためには、とにかく事前の情報集めを徹底しておく必要があります。職場内の環境、業務におけるルール、給与システム、など多角的に前もって調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • もしもあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」において…

  • もしもあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に移住した上で転職したい、と考えている人が、近年増えています。この頃は求人情報サイトを駆使すれば、地方での求人情報も手軽にアクセスできるようになりました。しかしながら、地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが正直なところです。そのため、転職サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの有無も見ておくと間違いがありません。