新しい仕事で、それまでのスキルを活かせられれば、即戦力として周囲から扱われ、…

新しく就いた勤め先でこれまでに培われてきた能力をフル活用できれ・・

  • 新しく就いた勤め先であなたの過去のスキル・キャリア生かせれば、即戦力として見なされ、早々に仕事場にも馴染めるはずです。また会社側も、即戦力は常に必要なので、タイミングさえあえば、そんなに難しいことではありません。それに加えて過去の職場と似たような業種であれば、転職は非常に楽になるでしょう。とはいえ、なかなかの能力があるといっても大手の事務職、公務員は時代や景気に関係なくかなりの競争率であることは間違いないでしょう。
  • 『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

  • 『今すぐ転職したい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、辞めたいということを即、上司に伝えておきましょう。ここでは曖昧な表現をすると状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は仕事が一段落した年度末を区切りにしたかったのに、スムーズにはいきませんでした。やはり企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでその会社に対しての前の会社に対しての呆れてしまいました。
  • これから転職活動をするのなら、気になる求人(または業界・・

  • 将来転職活動をするのなら、良いと思える求人(または業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントからは業界のマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なインターネット検索によって一発で実態を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ていた理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」といった場合も多くあります。気になった案件について、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。
  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間でも次世代の変化が増加しつつあります。そのこともあり企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会では多いな問題として取り上げられています。また最近では、外国人の労働者も現状以上に高めていくであると現政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるはずです。
  • その昔は看護婦と言われていた看護師というのは務めとして…

  • 看護婦と呼んでいた看護師という職業は、やはり男性以上に女性が活躍している職場です。加えて、気力それに体力の消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。なので、職場での人間関係の問題や、自身の結婚・出産といった仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい仕事ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多い現実があります。過酷な環境ということもあり、人手不足の状況に困っています。なので、それぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であるため、これが転職の希望者が後を絶たない状況となっています。
  • 女性の再就職は、ここ最近とセクハラが問題視される前では…

  • 女性の再就職については、ここ最近と一昔前では少なからず、変化があるといいます。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の予定などに関して、ごく一般的なこととして質問していました。しかし、最近の動向としては、こういったデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、質問しない会社の方が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっています。しかしながら実際、会社側は、〇か×で返答するのではなく、その女性の価値観「結婚後も働きたいのか」育休の取得が必要なのかどうかなどを把握しておきたいとは思っているはずです。あなたの考えをわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRと並行して伝えることで、相手側も考えがわかり、安心してもらえると思います。ということで、聞かれていない部分も、こちら側から気を遣って答えておくのが良いでしょう。
  • 転職活動には、然るべき準備は必須です。

  • 転職する場合、相応の準備は必要です。そんな中でも目に映る「服装」は、大事に感じてしまいます。けれども、最近の企業面接については私服が良い企業もあるので、スーツを着て行く必要はありません。会社の創立したての新規の会社などは、柔軟な考えなので私服で面接をしたほうが、相手からの印象が良くなります。そして、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接中、ファッションについて、話が広がることもあるので、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。これから転職する際は、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • これまで20代前半に転職を数回経験して、いまは資格をゲットするべ・・

  • 私は20代で転職を2度行い、そして現在、資格をゲットするべく派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり手取りは以前よりも少ないです。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、資格を活かして働いている方に会うと自分もああなりたかったと感じます。昔は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし現在は、結婚してから、私の生活そのものが大きく変化し前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 「転職エージェント」では、登録後、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。「転職エージェント」の利用が初めての人は結構びっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職をサポートすることが役割だとされるので、本当に積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることがよくあります。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れたすぐ後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。
  • 先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当者の雰囲気が見たところ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明をしていることの5割ほどもその社員はわかってはいない模様だったのです。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「自分の強みについてもっと考察する必要があります」とか、カウンセリングの専門家であるかのように横柄に言い散らかすから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリング担当者はそこそこ社会人を経験している人にするべきだと思います。
  • 派遣会社を通じて働いています。

  • このところ私は派遣会社に登録をしています。サイト上で自分に合っていそうな仕事を見つけて確認してみると「その仕事はもうすでに他の方が採用されました」とお断りされて一瞬ウェブサイト上から仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日に閲覧すれば情報が閲覧可能になっています。これって結局は私だとよくないのだって意味ですよね。それであるならば最初から変に隠さないくらいで正直に言ってくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともまた偽りの仕事なのでしょうか?
  • 転職活動をしていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。

  • 転職活動で面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。これらのうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。たとえば給与に関する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにポジティブなイメージを与えるようにしましょう。
  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、特定の曜日に入れる人を募集している求人…

  • これはシフトの仕事についてです。決まった曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休む方法やシフトの出し方については前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、前に私は出産のため抜けた人の穴埋めとして、正社員として働き始めたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。前任者が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、よく我慢してやってこれたと思います。
  • 再就職のための採用面接では、小規模業者クラスの場合概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが…

  • 再就職をする時に受ける面接では、中小企業クラスの場合、大体が人事担当者ですが、それ以外の場合もあるはずです。例えば、これから職場でかかわりの深くなる現場の責任者、要は課長・部長などの役職の人が面接をしてくれることもあります。とくに事務・営業に転職する際は、資格だけでは人の評価が難しいですから、自信をもって自分自身をアピールしていくことがとても重要になります。担当者から「この男、なかなか言うし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。
  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載量も多いた…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載される会社の数も多くなるため、気に入った2つか3つの会社を、ともかくサイトに登録した上で、勤務地と年収条件程度の条件一致で加えて条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。しかしながら、初回は登録するのが少しばかり大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降応募するときのことを考えれば、初めにきちんと準備しておくことを心がけてください。
  • 転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在では精神面を強くするヒントはカンタンに知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、メンタル面を強くすることができます。それは、外国に行くことです。海外旅行に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、刺激が山ほどあります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、これまでとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただし、退職間もないあいだは、メンタルが弱気になりやすいので、よく休むようにしましょう。
  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使っ・・

  • 転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動する人は少なくありません。とはいっても、よりよい転職先を見つけたいのであれば、それと同時に転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加したのなら気になっている企業に関する情報を直接得られますし、加えて、説明担当の企業スタッフから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合には、面接を受けるのと同じように良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それが奏功してフェアでの交流を通じて、企業側から良い人材と見なされれば、その後実際の面接時に非常に有利となります。