私たちの社会的環境において、今後着実にシンプルな仕…

私たちの社会的環境において、これからより一層簡単な作業・・

  • 今後、労働力という観点においてぐっと思考を必要としない仕事は機械化が進んでいき、結果的にそういう仕事をする稼働人口はどうしても減らされてしまいます。そのワケは、簡単な仕事は人よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同一の動作を繰り返すことは機械にとってはへっちゃらです。人間とは違って泣き言を言わず、疲れることがありません。また、誤魔化すこともないし、何より正確ですし、それを均一化できます。おまけに人と違って報酬が発生しないのも大きな違いといえます。わざわざ労働力として人を使う理由が無いため、機械化が無理もありません。
  • 例えば、転身の決定したなら、徹底して会社にはこっそり…

  • もしあなたが、現職からの転職の決心をしたのであれば、完全に周囲の人にはそれを伝えずに首尾よく活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、可能ならば周りの人間に知られないように平常通りに業務をこなしていくのがとても正解です。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、希望通りに希望に沿った働き先が容易に見つけられなくても、転身の予定を見合わせながら、現在の職を続けることもトラブルがありません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲には「あの人は退職する人」と受け止められます。そのような状況になってから、転職したい思いがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人たちには、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、肩身の狭い思いををするでしょう。
  • 転職で仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った…

  • 再就職で仕事先を一新するということは、自身に見合った再就職先を見つけたほうが良いということです。職場を変えれば向いている仕事に出会う可能性もあります。ただ、実際に行動するともなると、相応の努力やスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆説的に表現すると、自分の価値をあげることで、「天職」にありつくチャンスも広がる、ということです。昨今は、職業選択の自由が一般敵に広く認められていて、転職を決断しても問題も生じないでしょう。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある昨今、「即戦力になる人材が欲しい」が願っている企業もだんだん増加しているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。
  • この話は兄の友達から聞いた話です。

  • 友人からの話です。新卒でなにがなんでも就職したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、それから後泣く泣く他の会社に就労しました。そのあと約1年半過ぎた後派遣の求人サイトを閲覧していた時偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、じっとしていられなくなり当時の会社をすぐ辞め、派遣社員としてA社で働き始めました。死ぬ気で頑張ってその後なんとかA社で正社員登用されて、現在は仕事のやりがいを持ちながら明るく勤務しています。
  • これから転職活動しようと思うのなら、今の職場の何に対して不満を感じているのか…

  • これから転職活動を希望しているのなら、現在の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと気に入らないことがあるからこそ、転職しようと思われているはずです。しかし「今の仕事の客観的に考えた不満な点を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることはできると思います。
  • どうもパソコンやスマホを使えばわかるけどネットのエリアに・・

  • 世の中は便利になったものでスマートフォンを使えばわかるけどネットのエリアには、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するものがそこらじゅうに存在します。その数限りないサイトから自分自身の目的に合致した転職先を見つけるにはなんといっても情報を集めることが必要です。このような「転職サイト」をきっちり活用することで、よりスムーズな転職を叶えられます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。
  • 派遣での仕事が決定しました。最初の勤務日に派遣会社の営業担当者・・

  • 派遣会社での仕事が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業担当の人と就業先の近所のコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、担当者がどうしたことか約束した店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたら、営業担当者はあろうことか雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのところを開けて読んでいるのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて願い下げだと感じ、声をかけることもなく気付かれないようにコンビニの外へ出て即座に派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。
  • 転職のための面接では注意する点があります。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由をお聞かせください」とほぼ質問されます。この時に、どういった事情があろうとも、以前の職場の人間関係や働く環境についての不満に受け止められる返答は、なるべく控えましょう。というのも、此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいます。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが正解なので、事実とは異なっていても、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来に目を向ける形が求められます。
  • 生涯初の失業保険を受けるときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が…

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が少なくありませんが、それは正しくありません。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、「就職活動」をしていないと駄目で、加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。月ごとにスタッフに求職活動の状況を報告して職探しに真剣に取り組んでいると信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。対称的に、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、情け無用で給付の一時停止に至ったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう気をつけてください。
  • 転職における面接などに関して名刺を差し出してきた場合、…

  • 再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきた場合、あなたも同じように相手の方に名刺を渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだときは、たいていの場合は渡す必要のないもの、と理解しておくと良いですね。面接とは仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動の一部です。ですから大方は名刺を交換する場とは異なります。重ねて、あなたは会社の人としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。という訳で、相手から名刺を差し出されても、こちらにおいてはもらうだけでよくて、面接担当者に相手の方に渡すことはないと推測できます。
  • 今がんばっている転職する活動をしているときに、「自・・

  • 今がんばっている転職する活動中に、「自分は今まで、このような内容の仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、こういったスキルを手に入れました」とそれまでの自分の実績を強めにアピールする人はかなり多いです。しかし、応募し新たな会社で「将来、このようなことをしてみたい」「こういうような内容の仕事をするのならぜひ貢献したい」と将来的なビジョンで自分自身をアピールを狙ったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 転職をする活動を効率的にやっていくには、まず常に自・・

  • 転職活動をしているときは、なにはともあれ常に自分自身の心のうちが急がないということを心がけましょう。会社で働きながら転職活動される場合は、それほどにはそうでもありませんが、退職後に行うのだったら、やはり心が焦燥感が出るものです。そのため、慎重に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージなどを具体的にしてみてください。実際の職場におけるそれらが合致してるか、落ち着いてしっかりと見極めることが重要なのです。時間を掛けて判断することで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 私は以前かなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質が驚くほど様々あってその多くは物足らないと感じる担当者でした。こちら側は人生がかかっているのにもっと熱心に向き合ってほしいという落胆した気持ちが募って、それがきっかけとなり自分がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーの資格取得までには支出が増えました。それに加えて勉強に関しても大変でしたが、お仕事を探している人から頼みにされるように努力しています。
  • 新卒採用で入った会社を辞めて、決意を新たに転職しました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、勇気を出して転職しました。実際に行動する前は、1人で悩み、不安な気持ちになりました。しかし、数年で会社を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職活動で理解し、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。転職をすると何か、肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が前向きに過ごせるようになりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような転職を好ましく思わない意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断して後悔はありません。
  • 再就職の際に必ず用意する履歴書や職務経歴書に関してです・・

  • 転職の際に準備しないといけない履歴書は、だいたいは手書きではなく、パソコンを用いて作るのが当たり前となっています。現代の日本では履歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って作成するということが常識と捉えられていることもよくありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの時の履歴書であって、転職においては履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないと断言はできません。自筆の方を良しとするケースもありますけど、そうではない場合がだんだん増えてきますから、パソコンで作成した履歴書でもOKな会社はたくさんあるのです。
  • 看護師という職業の人のそれと違う職に転職の原因は人によって違うはずです。

  • 看護師でありながらそれと違う職業に「転職しよう」と思う理由はその人によりけりです。ちょっとみると看護師からの転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚で配偶者のこともあって出産さらに子育てさらに親の介護など、さまざまな身近な家庭環境の変化によって今までのような仕事が難しくなってしまった」「今の稼ぎに不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、転職したいと、落ちついてリラックスしながらそして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。
  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色は、新卒の方が就活の…

  • 仕事の面接で着るビジネススーツの色に関しては、新卒の就職活動の際に準じたカラーが一般的なルールとなっています。つまり、紺色や黒色といった暗めのカラーになるわけです。それは転職の面接においても、着ていくビジネススーツの色味に関しては新卒の就活の時のようなダークカラーが多数派になっており、他のカラーを着ている転職者はほとんどいません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、大方は黒や紺色が大多数を占めているので、面接担当者も多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という点においてはおすすめということになります。