新しい就業先では「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職を考えているのなら年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、入社したはじめの年は、大概「試用期間」が含まれている場合が多数で、私のときは、せっかく転職したのに、悲しいことに前職の年間報酬と大方同額だったことがあります。また、業務はきついうえに、かなり責任重大な立場でもあったので、1年目をクリアするのにたいへん厳しかったです。そういった経験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、できれば転職以前の段階で貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • もっと良い職場に入りたいと転職をする活動をしている場合には…

  • 違った企業がいいと転職活動をしている中のときの場合は「ほんのちょっとでも早く、採用通知を手にしたい」と思ってしまうはずです。ですが、それで内定を得たいばかりに、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、その反対に過小評価にしかならない行動をするのはなるべく避けましょう。焦る気持ちをガマンして、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。

  • 働く中で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、転職せざるを得ない状況になったのなら…

  • 働いていることで回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況になったのなら、そのときは、職場の人に相談ではなく家族などの近しい存在の人と相談しながら転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜならば、働くということは当事者であるあなたですが、身内の問題ともいえます。毎月、納得のいく高い給料を得たからといって、精神がボロボロになるほど働きつづけるのは、健全とは思えません。昨今は、金銭的なことよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も段々と増えていっています。あなたの家族とあなたの心と体を大切にしていきましょう。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が大切です。大多数の会社は履歴書及び職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえるでしょう。ただ穴埋めするだけでなく内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。また、現在の職務で挙げた実績を、売上を前年比○パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを頼ること転職を成功させるための良い結果を導きやすくなります。

  • 転職すると、大体の場合、前の会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。

  • 転職したケースでは、高確率でそれまでの会社の仕事の記憶は大方、美化されます。現在の会社に不服があるから、そういった思いを解決するべくやっとのことで退職を決め、転職を決めたはずなのに、過去を思い返すと不思議と新しい会社よりも「前職のほうがマシだった」と思い始めるのです。というのも無理はなく、以前の職では日々の仕事に慣れていて、今よりも簡単にやるべき仕事も淡々とできていたから、もっとも根底にあるはずです。その一方、「退職なんてしないほうが良かった」といえるほど、過去のほうが労働環境や、職場の雰囲気が良い場合も考えられます。

  • 転職をする際でかなり高確率で尋ねられるのは前職を辞・・

  • 転職をする時に面接でおいてほとんどの人が問いかけられるのが前職を退職した原因なわけですが、この質問が出た時には前職を話題にしないほうが賢明です。前職を退職した経緯が話の中心になると絶対に良くない面を伴った話題になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を退職したかという点をこの職場に絶対に入りたいと思っていたからという話題に進めるべきであり、自己アピールもかねて今面接に来ている会社に話の内容を向けていくべきなのです。こういった内容ならば良い印象を与えることができる前の職場を去った理由になります。

  • 転職活動を始めるとき、様々な方法で情報を得るのが通常だと思います…

  • 転職活動を始めるとき、様々な方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に有益です。以前、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復としてその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、投稿の内容が嘘であれば、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。とはいっても、真実はクロで「これではいけないと思い、急いで火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、それだけ、入社してから不利益になる確率が高い、と判断して良いでしょう。そもそも、本当に善良な会社であれば煙も立ちません。

  • 転職するにあたって、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが・・

  • 転職を行う際、今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、仮に自分の意思で退職届を出して退社する、いわゆる自己都合退職のケースではすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と喧嘩をしているのを見たことがあります。加えて、リストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険が給付されます。

  • 転職エージェントは大手に限って、豊富な案件があるといえます…

  • 大手の「就職エージェント」ほど、多くの案件があるという魅力があるといえますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。そのせいかあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントのスタッフ側が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、会社から見て自分より高く評価される人がいると、その人を優先して送り込む傾向があります。大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており大変難しいので、策略を変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないものでしょうか?と相談すると自分のために行動してくれることもあるので、そのような活用法もあります。

  • 就職活動において、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 転職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼ることもありますが、あなたがその種のところに登録した結果新しい会社で働くことになった場合でも、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても給付対象にならないので注意が必要。これと異なり、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業のための準備金として一時金を受け取ることができます。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるため、そうならないように気を付けましょう。

  • 求人広告には、とうぜんたいていの職場では月の給料の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報では、とうぜん多くの株式会社では月収等が記載されています。しかしこの部分を確認する際は、注意深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけを見て判断してはいけません。そのわけは会社によっては、月収の額の中身に「毎月30時間の残業」を含んでいるかもしれません。要するに残業代の金額を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集している所があるからです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる所もあったります。そういうわけで、そうやって表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収より多く言って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、今の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社できたのを退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に臨む際には・・

  • クールビズで再就職の面接に臨むときには、ジャケットは着込まなくても大丈夫だと断言できます。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが無難です。ネクタイはなくても良いと思っている会社もある確率もありますが、ことネクタイについてはクールビズが推奨されていても必ず着用して行く必要があるとするところがまあまあ存在するわけです。という事で、例えクールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイに関してはしていく方が安心であるということをわかっておいてください。

  • 求人誌を見る際、「デスクワークがしたい」という人は、…

  • 求人関連の情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういった人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と早合点しているこ可能性が高いです。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった人材募集に加え、資材・購買や営業管理等の事務系の部署もたくさんあります。けれども、製造業は往々にしてビジネス街などがある都市部からは離れていることが多いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうした事には自身のこだわりを捨てることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件による取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど厳罰に処する傾向にありますが、完全には程遠い状況です。だから、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件を確認し、不安に思う項目について遠慮せずに質問してみることです。相手がブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。その場での回答を避けるなど逃げ腰になることが多いです。とりわけ給与や残業や休日に対しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せるケースが多いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が決まっています。離職時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って仕事探しを始めても好条件の仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に何をしていたかといった点はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。もしかすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 数年前の求人誌に雇用主が必要とする「性別」について・・

  • 以前は求人誌に雇いたい人の「性別」まできちんと書かれていました。けれど最近では、男女雇用機会均等法によって、採用する際、男女の差別がしてはいけないとして、応募条件内に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった時代になったのですが、求人側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。従って実は男性が欲しいジャンルに女性が応募したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性がエントリーしてきたり、でも採用されないといった可能性が高くなります。もし、「女性が活躍する職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と認識したほうが無難です。