将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)…

今後転職活動をするのなら、気になった求人(OR 職種・・

転職活動の最中、気になった求人(あるいは職種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス要素について、知ることができる確率は低いです。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なインターネット検索によってすぐに現実を知ることができます。そうした面を知らずに入社すると、後々に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が「業務内容がキツく、すぐに人が辞めてしまう」というケースが少なくないのです。気になる案件・業種については、しっかり調べた上で応募しましょう。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、今の安倍政権下で・・

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界や民間企業間では新たな社会的な変化が増加傾向にあります。そのような変化の中で、企業サイドでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。また最近では、「外国人労働者」の比率を増やしていくつもりでいる前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職事情にも、変化していくのは間違いありません。

看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてどうし・・

以前は看護婦と言われていた看護師は職業としてどうしてか女性の割合がとても高い職です。ご存知のように気力だけでなく体力へのかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、職場の環境での対人関係の問題や、自身の結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい仕事でもあります。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を変える人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に陥っています。なので、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない要因になっているのでしょう。

女性が転職するに当たって、数年前とここ最近とでは若干、違いがあるようです。

女性が再就職するに当たって、一昔前と現在とでは若干の変化があるといいます。前までは面接の場で会社側から、結婚観や結婚後の仕事などに関して、ごく普通に質問していました。でも、最近の動向としては、こういった内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない企業が増えています。そして、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として全面的に避ける傾向にあります。ですが、企業側としては、〇か×かの2択ではなく、その人が、結婚した後も働きたいのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思うはずです。自身の将来設計を理解しておいてもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して言い表すことで、面接官にもしっかり伝わり、安心できると思うわけです。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所もあなたから気を遣って答えておくのが良いでしょう。

転職活動を進めるには、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動を進めるには、然るべき準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える服装は気になっている人も多いと思います。けれども、最近の採用面接に関しては形式ばらない服装を許可している会社もあるので、スーツを着込んで面接に臨まなくても良いでしょう。とくに創業してすぐの会社などは、考え方が柔軟で私服で行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。そして私服なら、面接中、洋服の話もしやすくなります。ですから、担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職をするつもりなら、企業の創立した年で決めることが、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

20代前半の時点で転職を2回し、そして今、複数の資格をとるために、…

20代前半に転職を2度経験して、現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務とは違うのでどうしても毎月の収入が以前よりも少なくなりました。ですがその分、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、しっかりと資格を活かしている人と話すと羨ましいと感じます。昔の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、肩を落とすこともありました。しかし今では、結婚を契機に生活環境もかなり変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので毎日が充実しています。

転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。

転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何度も掛かってきます。初めて利用する人は非常に驚く場合がよくあります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが役割だといえるので、本当に積極的な姿勢でいます。その中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業側から報酬がもらえる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が出るとすかさず、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職に妥協しないように気を付けましょう。

数日前転職先を探すために人材会社に登録に行きました。

昨日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に足を運びました。カウンセリングを行うために現れた担当者がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明していることの5割ほどもその社員はわかっていない模様。そのくせ「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが必要です」等、専門家のように偉そうに言い散らかすので大変不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ能力のある人にするべきだと思います。

派遣会社に登録して働いています。

今、私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトを見ていて条件のよい仕事を見つけて応募したい旨を伝えると「その仕事はもうすでに別の人で話が進んでいます」という答えが返ってきて瞬間的にサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか翌日になれば元通りに掲載されています。これは結局私ではダメだって意味ですよね。そうであればカドが立たないように正直に教えてくれればありがたいのですが、そうするのは難しいのでしょう。はたまた客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?

転職のための活動を行っていて面接で高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、これと違って転職理由についてそのまま話すのは問題です。給料に対する不満、人間関係に関する問題など、面接担当者によいイメージを与えるものではありません。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

シフトの仕事に関する話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人…

これはシフトの仕事についての話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法については面接時にチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため抜けた人の代わりに正社員として入社したのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返ると「よく耐えたな」と。

再就職の際に行われる面接というのは、零細企業だった・・

再就職の際の採用面接では、規模の小さい企業クラスの場合ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、どこでもそうとは限りません。実際、これから職場でかかわりの深くなる現場の責任者、平たく言えば役職クラスである課長や部長が面接を担当することも珍しいことではありません。とくに営業系や事務系に転職する際は、資格だけでは人の評価が難しいので結局のところ自分という人物を売り込んでいくことが必要なのです。面接担当の人たちに「この男はしっかり主張するし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど多くの会社が掲載されているため・・

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社も多いので、入社したい2,3の会社を、転職サイトに登録した上で、勤務地と年収条件程度の条件一致で条件に合った案件が自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことが可能になります。最初だけは登録するのに少々時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は少々時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後の応募を考えれば、初回の準備に手を抜かないことを頭に入れておきましょう。

転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を強くする自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職以外の行動によっても、精神面を強化することが可能です。その最たる例は「外国に行くこと」ですね。海外は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、すべてのことが良い刺激となります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。こういった気持ちの状態で、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはず。どうしても、退職後しばらくの間は精神面が弱くなっているので、これからのために休業期間も必要です。

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。

転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動を行う人は大勢います。しかし、よりよい転職先を探すには、それに加えて転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加することで複数の企業について知ることができ、それにとどまらず、その場で説明してくれるスタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、面接に行く心構えで自身をしっかりアピールしていきましょう。その結果としてフェアの中で、企業側の担当者に気に入られれば、後に応募して面接等に進む時にかなり有利になると予想できます。

私たちの社会的環境において、将来的により一層シンプルな作…

これからますます短絡的な作業は機械に変換されてマンパワーはどう考えても削減させられてしまいます。なぜなら短絡的な仕事は人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど能力が高いからです。数をカウントしたり、同じ動きを延々と繰り返すことは、機械にはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って言い訳することもないし、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。さらに、報酬が発生しないのもメリットといえます。ですから、労働力として人間を使う意味が到底無いことが明白で、機械化されるのは無理はありません。

仮に、現職からの転職の決断したのであれば、徹底的に周りの人には…

例えば、転職の思い立ったのなら、徹底して周囲にこっそりとその気持ちを言わないように、うまく活動を進めていき、働いている間はあくまでも周囲に知られないように普通に仕事をする方がもっとも正解です。働いている間、その状態をキープしていれば、たとえ希望に知った転職先をすぐに見つからなくても、転身の予定を保留しながら、現職にそれまで通りにし続けてもトラブルの心配がありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社の人は、それを受けた応対をし始めます。おまけに「辞めるつもりです」と口にしたら、「あの人は転職する人」という位置付けになります。しかしもしも、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周りは「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、仕事を続けている間、立場が悪くなると感じるかもしれません。