いよいよ転職することを予定しているのなら、今の職場・業務…

今から転職活動を考えているのなら、直近の業務での納得いかない部分…

  • そのうち転職活動しようと考えるのなら、今現在の業務での不満に思う部分を明確にしておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満な点が大きいから転職しようと思われているはずです。が、「きちんと存在する仕事の客観的にみた問題な点を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は防ぐ事が容易になるはずです。

  • この頃はスマホを使えばわかるけどネットのエリアには・・

  • いわゆるスマホを見ればインターネットの世界では、「転職のためのサイト」に類するものが数限りなくあったりします。サイトを見て自分に見合った転職先を見つけるためには、何よりも情報を収集することです。このような「転職サイト」をうまく利用することで効率的かつ満足度の高い転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

  • 派遣での仕事が決まりました。最初の勤務日に営業担当の人と…

  • 派遣の仕事が決定しました。就業初日に営業の担当の人と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで待ち合わせたら、彼がどういうわけか約束の店の前にいないので中にいるのだろうと考え店内に入ってみたら、担当者は大胆にも雑誌の所で座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて閲覧していました。こんな人が自分を担当するなんて勘弁だと感じて、そこで声をかけることなくこっそりとお店を出て即刻派遣会社へ辞退の連絡をしました。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接官から「転職理由をお聞かせください」といった形で、高確率で質問されます。その際、どのような事情がであれ、過去の職場の「働く環境」「人づきあい」についての不満に受け止められる内容などは、できる限り話さないほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを棒に振ってしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり重要で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、より一層キャリアを生かせられるように、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような未来形での話ぶりが好印象となります。

  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている…

  • 生まれて初めて失業保険を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人がかなり多いですが、それは誤解です。実際には、失業保険の給付をきちんと受け続けるためには、「就職活動」をしている必要があり、月に一度はハローワークに行く必要があります。毎月スタッフに就職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。仮に、本気で就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、問答無用で給付をストップされたり、場合によってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために注意しておきましょう。

  • 転職における面接などに関して面接担当者に名刺を渡された場合・・

  • 転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合、こちら側も名刺を相手に渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだ場合は、ほとんどの場合は差し出さなくても良いと覚えておきましょう。面接というのは仕事の内ではなくて、職に就くための採用活動の一部なので、大体は名刺を交換する時間とは異なります。それに加えて、会社の人としてではなく、個人のことでこの場にいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を渡さても、こちらにおいては、ただ受け取るだけでよくて、担当者に相手にあげる義務はないと考えられます。

  • 転職する活動の際、「自分は経験としてこういう種類の仕事をしてきました…

  • 今励んでいる転職する活動をしているときに、「私はかつて、このような職場の仕事に尽力しました」「仕事の中でこういったスキルを手に入れました」と過去の自分自身の実績をよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人はときどき目にします。しかし、応募し再スタートを狙う環境下で「可能ならばこういったことをしたい」「私が経験したような内容ならぜひ貢献したい」と将来のプランを話して自分自身をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 転職の活動を行う際は、まずゼッタイに内心がスッキリして…

  • 転職をする活動を効率的にやっていくには、なにはともあれ何よりもあなたの内心が沈着であることを大事にしましょう。まだ辞めないで転職活動をする場合はあまり気にしなくても良いとは思いますが、退職をした後にする際には、かなり心のうちが焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、冷静になりつつ、活動することを忘れないようにしましょう。今後、自身でやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などをハッキリさせておきましょう。そして、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、改めて冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 私が求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

  • 私は昔かなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関してもまちまちで大方は納得のいく対応をしてくれない人ばっかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと真剣に向き合ってほしいという落胆した気持ちが募り、そのことが発端となって自らキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのにお金もかかったし資格取得のための勉強の面もかなり大変ではありますが、仕事を探している人たちから頼ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

  • 新卒採用で入社しましたが、転職した経験があります。

  • 新卒で入った会社を辞め、転職を決断しました。はじめはしばらく不安で辛い時期もありました。しかし、社会に出て数年経てば転職をして中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動を通して気付き、自然と前よりも気持ちが楽になりました。1度、転職をするとなにか考えも前向きになって、自分に合った仕事見つけることが出来て楽しくなっていきました。なかには「最低でも5年働いた方が良い」といった転職に否定的な意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断して良かったと思います。

  • 再就職しようとする時に絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書などにおいてですが、…

  • 再就職する時に絶対に書く必要がある履歴書などについては、原則、自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが大多数です。現在の日本においては履歴書についてはペンを使って作るのが常識と思われることも多々あるようですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートの時であって、実は、転職については履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとまでは言えません。自筆の方を評価するケースもありますけど、そうじゃないケースがずっと増えてきているようなので、自筆の履歴書でなくても大丈夫なケースは意外にもかなりあるのです。

  • 看護師という職の人の他の仕事に転職を決断する理由は…

  • 看護師でありながら違う職に「転職しよう」と思う理由は人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師の転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産そして子育てなど、身近な家庭環境の変化によって今までのようには仕事が難しい」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。でも、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、ゆっくりじっくりと客観視してみることも重要です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。

  • 転職の面接で必要となるビジネススーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の際・・

  • 転職時の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付けている色味が基本となっています。要するに、黒や紺のダークな感じの色になるわけです。それが、転職でも、着用していくスーツのカラーは黒系や紺系のカラーが多数で、それ以外の色の人はほぼ見かけることはありません。強いて言えば、グレーが少しいるほどです。全体的には紺系や黒系のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、面接を行う人事から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく感じます。ですから、第一印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。

  • 再就職する時に行われる面接のときにする腕時計は、明らかに目立つようなタイプ…

  • 再就職をする際の面接で着用する腕時計の事ですが、明らかに目立つようなタイプの腕時計は着用をやめた方が良いです。目立つというのは高価なものとか、といったことだけではなく反対に安い腕時計に見えるとか、そのような意味であって真反対の目立つのだととらえておきましょう。転職の面接の際にするべき腕時計においてもポジションとしてはスーツやネクタイと同じで、面接するにふさわしい無難なものをつけて行った方がベストだと言えます。そうはいっても、自分の年齢に適している腕時計ということもとても大切なことで、新卒の就活の頃に着用していた腕時計よりはわずかでも値を上げた方が間違いないと言えるでしょう。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。仕事をしながら求人情報を調べて応募したり、面接に行くのは精神面も肉体面も負担がかかるといえるでしょう。現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募する、という人がいますが、書類選考をクリアし、面接前にキャンセルすると厄介な事態となるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、直接応募していた場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると覚えておきましょう。

  • 転職候補となる面接での多数のひとが思い違いをしているのです・・

  • 転職活動中の採用面接での、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり度を超えた猫かぶりは、正直に言って悪い結果を招くおそれがあります。ですから、思い切って面接の際は「ボーナス」など、普通はかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に尋ねておいた方が、結果的に自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった質問をすると面接で不利になるのではないか」と懸念するかもしれませんが、だけども、意外と面接官からの印象もいい直結するといいます。この手の「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、多くの人が気になっています。その反面、不採用を恐れるあまり、普通は質問できません。なので、あえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

  • 職を変えようとしようとしている時に注視する募集内容に関しては…

  • 仕事を探している際にチェックする募集要項については、基準的なものとして、アバウトに記載されている、ということもあり得ます。そのため、書かれている内容は何もかもが正しいことだとは簡単に信じないほうがいいと思います。その中でも特に給料の金額などに関しては、平均的な額なのか?最低限保証されている給料であるのか?一番高い給料なのか?という見解ができないことが多く、適当な判断で判断してしまうと、悔いが残る事もあるでしょう。それゆえ、嫌な思いをしないために、募集事項は、目安だと思って、そのようなたいへん肝心な内容は会社の方に直に聞くのが妥当でしょう。