転職したケースでは、高い確率でそれまでの会社の仕事…

転職後は、高い確率で前職での多くの出来事は美化されます。

  • 職を変えた場合には、大体の場合、以前の会社の仕事でのたいていの記憶は美化されます。現実には今の職に合意できないから、そういった思いを解消するためにやっと退職を決め、再就職したはずなのに、昔を思い返すとどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思う機会が増えてきます。というのも当然のことで、以前の職では業務に慣れていて今よりも簡単に日常の業務をたやすくこなしていたのも大きい理由ですが、だが実際は「転職なんてしないほうが良かった」と思うほど、前の職場のほうが仕事に対してのやりがいや職場環境も良い事も考えられます。

    再就職する場合の面接でほぼ質問されるのが前に働いていた会社を退職・・

  • 転職をする際でほぼ確実に聞かれるのが辞めたのはどうしてなのか、という話です。このような質問が出た時には話題を辞めた会社に向けない方が良いです。退職理由が中心となり話が進むとほぼ確実にマイナス要素を取り込んだ話になってしまいますから。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、以前働いていた会社を辞めたのはぜひともこちらの会社に入社したいと思っていたからといった話に進めていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に話の中心を持っていきましょう。そのような内容ならば、マイナスではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った事情にすることが可能です。

    転職するときは、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職活動を行う際、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の「口コミサイト」を利用しない手はありません。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソの書き込みだったのなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかしながら、実態は『クロ』で「本当のことが書かれているので、急いで炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルに遭遇する可能性も高いと考えてもいいと思います。そもそも、良い会社には煙なんて立ちません。

    転職する際、今務めている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが…

  • 転職を行うにあたり、今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、仮にあなたの側から退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果としてハローワークの職員と口喧嘩をしているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けたのちすぐ失業保険が給付となります。

    大きな転職エージェントほど、多数の案件を取り扱っている…

  • 大きな転職エージェントは、様々な案件を持っているという魅力がありますが、しかし、同時に転職希望登録者も大勢います。そのせいかあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれないこともよくありますし、企業から見て自分より高く評価される人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。大規模なエージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い非常に難しいので、発想を変えて中小レベルのエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

    求職活動をするとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

  • 新しい仕事を探すとき、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、仮にそういった業者に登録して就職先を見つけられた場合でも、失業保険は給付されない。ハローワークを経ずに就職しても給付対象とならないので後々、後悔しないようにしたいものです。なお、ハローワークにより斡旋された会社に就業した場合は、就業のための準備費用として「一時金」を支給してもらえることになります。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きについては、ビジネスの対象外となります。こういった点を無視していると、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

    求人関連の情報では、多くの職場では月にもらえるお金等が記載されています。

  • 求人についての広告には、大部分の企業では月の給料の記載に目が行きますよね。この箇所を見る際は、注意して確認する事が大切です。値だけでわかってしまわないようにしましょう。そのわけは場合によっては、月収のなかに「毎月15時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられます。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている会社もあります。ですから、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。

    就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接では、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性は普通はありません。今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが正しいです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職を余儀なくされる恐れもあるので、気をつけましょう。

    クールビズをして転職の面接にチャレンジするときに・・

  • クールビズの服装で転職の面接にチャレンジする場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても良いと間違いなく言えます。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイに関してもなくてもOKだと認める企業もある可能性はなくはないですが、ことネクタイだけはクールビズでも着用する必要があると考えている会社がそこそこあります。なので、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイだけは必ず着用いく方が安心であるということを認識しておいてください。

    求人誌をチェックする場合、例えば、デスクワークがしたいから…

  • 求人に係る情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業を見逃してしまっていますが、そんなことをする人は「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈している場合もあります。現に、製造業での求人でも、経理、総務といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類される役職も結構多くあります。けれども、製造業がある場所はオフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。けれど、自身のこだわりを捨ててみることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

    今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり…

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど損をする流れになってきましたが、完全には至っていないと考えられます。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。求人票などの労働条件を事前に調べ、ひとつひとつの項目について、堂々と質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。回答を避けるなどはぐらかしをしてくるはずです。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、詳しく聞いていくと、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、見抜いた方が後々いいと思います。

    失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦って職を探しても良い結果につながらない可能性が高いのです。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受かりません。

    前の求人誌に雇用側が必要とする「性別」について、記載されているのがほとんどでした。

  • 前の求人情報には、雇いたい人の「性別」まで明確に書かれていました。しかしながら現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女の求人や、採用での差別をしてはいけないルールとなり、応募資格の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。ですが、募集情報を出す側は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そんなわけで、実際は男性が希望の会社に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったようなトラブルが少なくありません。たとえば、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておく良いといえます。

    転身を視野に入れているなら様々な会社の情報を定期的にチェックしてお・・

  • 転身を視野に入れているなら多くの会社の情報をチェックしておくと転職先を選びやすくなります。今の職場に不満足だと、実際に転職活動をするときに、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そうなったら、どの会社を選択したら良いのか困ってしまいかねず、判断を大きく間違える可能性もあります。そのため、短期で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も気にしておきましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社を公表していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

    良い転職する先を見つけるためには、事前に情報を収集することが必須です。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、事前の行動するようにしましょう。そうしようと思うのなら近頃は企業の名前を知られていない中小零細企業といえどもHPを開いている場合がほとんどですので、ネットの機能を利用して色々と必要事項を調べておくとそれとその会社についてわからない点などを解消しておくと転職に役立ちます。公式サイトに加え、「転職サイト」の情報に目を通しておくと意外な発見があるはずです。さらに、インターネット以外の方法として、希望している職場を自身で判断してみましょう。

    友人・知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。

  • 知人からの紹介を通じて転職する先を見つける人もいます。しかし、労働環境やそれから労働条件といった点に関して知っている人からの口コミ情報のみで信用しすぎると後々トラブルになるかもしれません。言うまでもなく、ある特定の人の口コミ情報というものは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに知人にとっては、働きやすい良い働く場所に思えても、、自分の価値観に照らし合わせたときには、まったくそう思えない可能性があります。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自身の目でしっかり確認しておきましょう。

    就労期間中は、できれば周囲が気づかないように、(ちなみに私のと…

  • 就労期間中は、状況が許す限り、会社内の人に気づかれないように、(自身のときは)雇用中に「転業するかも」という気持ちのみをはじめのうちに社内で仄めかしたことがあります。しかし、その後に転職サイトを散々見て回ったのですが、悲しいことに就職先もタイミングさえも何一つ進めていたので、いつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てには会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。