就職した会社で怒りっぽい上司に悩みを抱えて、とうと・・

在職していた会社でパワハラを行う上司に悩みを抱え…

  • 昔務めていた会社でパワハラを行う上司に悩まされて、最後には仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同じ畑の他社に転職をしました。その会社では気分よく仕事ができて本当に満足した日々でしたが、月日の経過とともに会社の収益が少なくなり、ある会社に経営統合されることとなりました。その統合した先の会社がなんと前に勤務していた会社で、おまけに感じの悪かった上司がまた私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。当たり前のことですが新たなる転職活動を始めています。

  • 転職の面接を受けにある会社に訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのことですたまたまその会社で会議室が空きがないというわけで外の場所で面接をする方と待ち合わせをして面接を行って、その場所で解散、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅からの最寄駅が同じ。なので電車内でもずっとおしゃべりしながらいっしょに帰宅することになり、お互いリラックスして面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか無事に採用を勝ちとることができました。

  • 全く経験したことがない分野などに転職したいと思っている場合には…

  • 全くの初挑戦の分野などに職を変えようとするときには、自分の以前の仕事で養われたスキルや今までやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要です。初めての業種の場合、経験のない分その業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、不足することはありますが、自らの持っている能力がその場でも生きるということをうまく相手に話すことができれば、戦える場合も考えられるのです。そういった訳で、未経験の業種にチャレンジする際には、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関係を考えましょう。

  • 現在の自らの仕事や業務に関して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在のあなたの勤め先や仕事の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の資格やスキルをきちんと評価してもらえない」あるいは、「月給アップもないし、昇進の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分自身の実力を過剰評価していることが多かったりします。仮に、そういった人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、仕事をしない期間が長くなることになりかねません。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。転職活動で成果をだすためには、実際の自分のキャパシティを厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • 職を変える際に、まず今勤務している会社を辞職した…

  • 新しい職を探すのに、まず今の会社を退職してから転職しようと考える人もいますが、そうであるなら会社がいつボーナスを出すかを気にしておきましょう。ボーナスが支給される会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスをもらえる時がもうちょっとならば、支給日を過ぎてから辞めるという手も賢明といえます。ボーナスは少々多くもらえるはずなので、もらっておかないと損をすると考えることもできるので、退職の際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを怠らないようにするのが良いです。

  • もし再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • 転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると雰囲気が一変するかもしれません。周囲との付き合い方によっては、意地悪されるおそれもあります。さらに、残業時間を増やされてしまう事があるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。そのような状態を避けるために、今所属している職場では、真面目な態度でいましょう。そうすれば、良い状態を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を去れます。加えて、何の問題もなく円満退職になれば、退職後も、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どういった会社であっても、人との縁はとても重要なので、辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てた…

  • 今では、株式・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり、独立で頑張っている人も増えています。そういった世の中の変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長期には将来が不安定な株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうがずっと安定性にすぐれており、人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように社会に認識されていました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という風にも呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

  • 転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりもどちらかというと「担当面接官」と・・

  • 転職活動では、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、先ずは面接が始まる前に冷静に対応しましょう。たとえば女性とお見合いをする意識で望むと緊張がとけるかもしれません。また面接内では最初にあなた自身の「人間性」をチェックされるので悪い印象を与える言動は注意しゼッタイに避けましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • 再就職を目指そうとしても、あらゆることが順調にいくとは言えません。

  • 仮に転職を目指そうとしても、万事うまく進行すると断言はできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどう転んでも転職をしなくてはならないなら速やかに考えておいたほうが良いです。ほとんどの場合、20代の若いうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職結果は、難しくなるのが一般的です。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職したいと思い立っても、会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。つまり、退職後に転職活動をするよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に行動したほうが後悔がないはずです。

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたというのに、早・・

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、すぐに退職を選択してしまう人がずいぶん多いものです。それは私見ですが気持ちも新たに、職場を手に入れたものの、「自分の期待していた仕事とギャップがあって幻滅した」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということが理由で退職してしまうのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、第一に、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」のように…

  • 仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと考える方も少なくありません。ネット社会の今では転職サイトを駆使すれば、地方での求人情報にも手軽にアクセスできます。ただし、地方や郊外での求人の場合、都市部のような選択肢は期待できないのが正直なところです。そのため、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもよく確認し、「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。

  • 新しい環境下で今までに培ってきたスキルが生かせれ・・

  • 再就職した会社でこれまでに身に付けた能力を発揮できれば、即戦力として認識され、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。人を募集している雇い主側も即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえあえば、そんなに難易度は高くありません。加えてかつての仕事内容と似た仕事内容なら転職はとても楽となります。ですが、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は時代に関係に左右されることなく相当な競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのなら、すぐに上司に言うべきです。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することをはじめに直属の上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働くことになり、退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常に前の職場に対して失望しました。

  • 転職活動のさなか、気になった求人(業界)があったら、…

  • これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(または職種)を見付けるたびに忘れず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、まずその業界のマイナス面などは知ることはできません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なインターネット検索によって一発で現実を知ることができます。そういった面を知らずに会社に入ると、あとからしっぺ返しを食らう可能性が高いです。だいたいその求人が出ている理由が「仕事がキツイから人の出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、目に留まった案件について、下調べをした上で応募しましょう。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界・企業といった民間側からも新時代となる変化が現れ始めています。そういった変化を受けたことで、民間企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が社会では多いな問題として取り上げられています。将来的に「外国人の労働者」の比率を高めていく前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きく変わっていくのは確実といえます。

  • 以前は看護婦と言った看護師というのはどうしてか女性の割合がたいへん大き・・

  • その昔は看護婦という名前だった看護師は仕事としてやっぱり女性の割合が高い職種です。厳しいことに気力だけでなく体力へのひどく消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、職場の人間関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい業種ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に陥っています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

  • 女性の再就職は、現在とセクハラが問題視される前では若干の違いがあるようです。

  • 女性が転職する場合、数年前と現在とは少なからず、違いがあるようです。以前は、結婚観や出産後の考え方に関して、ごく当たり前に質問していました。でも、現在の流れとしては、その手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業、が増加傾向にあります。特に大企業ほど、かなり神経を尖らせているようです。でも、面接する側としては、〇か×で返答するのではなく、その人の価値観、結婚後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計を理解しておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機の中に織り交ぜながら伝えることで、面接官にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。聞かれてない箇所についても、あなた自身から気遣って話していくことを考えてみてください。