転職する場合、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが・・

転職活動をするとき、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。とはいっても、本当のことが書いてあるので会社側としては、「周囲に気づかれたら恥になるから、潰そう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルに遭遇する心配のあると判断するのが妥当だと思います。そもそも、良い会社だったらトラブルなんて起こりません。
  • 転職を行う際、今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが…

  • 転職に先立ち現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もし自己都合で退職届を書いて会社を去る、いわゆる依願退職の場合は、失業保険を即、受け取ることができません。手続きをした後で失業が確認されてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則をわかっていない人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果ハローワークの職員さんと喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてから即、失業保険が給付されます。
  • 「就職エージェント」の大手になると、様々な案件を取り扱って・・

  • 転職エージェントは大手に限って、たくさんの案件を抱えているという強みがあるといえますが、他方、競合する転職希望者も多い可能性が高いです。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、その人を優先したりもするのです。このように大規模なエージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っておりなかなか難しいので、考えを変更して中小クラスのエージェントたちに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか、と相談しておくと転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。
  • 転職を行う際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

  • 転職をする際、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしそういったエージェントに登録し、幸運にも転職先が決まったとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付してもらえないので注意する必要があります。これに対し、ハローワーク経由で斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業のための準備金として一時金が支給されます。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。こういった点を知らないでいると、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。
  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合…

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、多くの企業では月の給料が記載されているはずです。だけれどもこの月収を調べれる時には、しっかり確認する事が大事です。額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。というのはひょっとすると、月収の金額の内訳で月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。そういうことは残業代の金額を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも少なくないのです。さらに基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性が考えられます。こうして「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。
  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になることもあるので、注意しましょう
  • クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に臨むときには、…

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行く場合、ジャケットにおいてはやはり着なくても良いと間違いなくわかるのですが、ネクタイにおいては着用していったほうが好印象を与えてくれます。ネクタイもする必要ないと考える会社も存在することはあると思いますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズだろうとつけなければならないと考えている会社がある程度あります。という訳で、例えクールビズが許可されていてもネクタイにおいてはしてから行った方がベストだということは分かっておいてほしいです。
  • 求人に関する情報を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほ…

  • 求人に関する情報を見る際、例えば、デスクワークが希望だからと、製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と誤解しているはずです。実際に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部署も結構な数あります。ですが、製造業の大半はビジネス街からは離れた地域にあります。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。そうした事には自分のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公開されたりと、損をする流れになってきましたが、まだまだ問題が多いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらの項目を順番に堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、その場での回答を避けるなどはぐらかされるはずです。給与と残業、休日に関しては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せることが多いです。それでもしつこく聞くとふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。
  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業している間もらえる・・

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこれを知らずに失業中である限りもらえると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り焦って就職先を探しても良い結果にならないのは言うまでもありません。会社の面接官も無能では無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」に関してはそこそこ察しがつくでしょう。場合によっては、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて困難になります。
  • 今までは求人誌では、雇用側の希望する「性別」が記載されているのが一般的でした。

  • 今までの求人情報に求める人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。けれども男女雇用機会均等法によって、雇用において、男女差別がしてはいけないルールが敷かれ、応募資格のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そういった変化があるものの、募集情報を出す側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。なので、実は男手を必要な企業に女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。例として、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と読むのが良いです。
  • 転業したいなら、いろいろな企業の情報の詳細を調べておく・・

  • 再就職を予定しているのなら、多様な会社の情報をチェックしておけば就職先の選択をするときにとても役立ちます。今の仕事を不服だと思っているケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどの企業も魅力的に映ってしまいます。そういった状態になってしまうと、どの企業を選択すべきか判断できなくなり、判断を間違えてしまいかねません。ヘタをすると、最終的には一瞬で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も要チェックです。良い会社は、取引先情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。さらに、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。
  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前に行動をしましょう。

  • 良い転職先を見つけるためには、事前の徹底した情報収集が不可欠です。ですから近頃はどんな小さな会社といえども公式サイトに企業のことを書いている会社が普通なので、インターネットの機能を使って自分の知りたい情報を手に入れるとそれとその会社の疑問等をチェックしておくと転職の助けになってくれます。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」をチェックしておくのもお勧めです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より希望している職場を自分自身で見てチェックしてみることも大切です。
  • 知人からの紹介を通じて転職先を探す人もいるでしょう。

  • 人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。しかしながら、その職場の労働環境、それから労働条件といった部分について友人からの口コミだけをあんまり信じすぎてしまうのは、あまり問題になることが多いです。というのも、主観が強調されてしまい、主観が入ってしまうからです。それ故に友人・知人にとって、居心地の良い職場環境であっても、自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という場合だってあるのです。でもその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 就労期間中は、できたら、周囲が気づかないように、(ちなみに私のと・・

  • 在職期間にあるときは、できれば同僚に気づかれないように、(私の経験談ですが)在職期間中に転社する意思表示のみをはじめのうちに社内の人間に話したことがあります。が、その後に求人を必死に色々とチェックしてみたのですが、悲しいことに就職のあても転職時期も計画も立てずに煮詰まっていないままズルズルと時間だけが経過してしまいました。そして一方の会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。
  • 新卒後最初に働いた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、…

  • 勤めていた会社で嫌な上司に悩みを抱え、とうとうやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、他の同業の会社に変えました。人間関係も良好で本当に充実した日々が続きましたが、少しずつ業績が落ち込んで、ついにはとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にも経営統合の相手はなんと以前いた会社で、しかも転職のきっかけとなった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですがまた転職をしようと活動をやり始めています。
  • 転職時の面接に希望先の会社へ行きました。

  • 転職時の採用面接に転職したい会社へ赴いたときのことですその日に限って会社にある部屋が空いていないというわけで会社外で面接官と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。それで電車内でも面接を行った人とずっと話しながら帰ることになって、結果として打ち解けて面接より話が弾み、それが功を奏したからなのかなんとか採用を勝ちとることができました。