転職サイトは、一度登録したら、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。

転職エージェントは一度登録すると、電話・メールが何回も掛かってきます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、執拗に電話やメールをしてきます。そのため初めて利用する人はとても驚く場合が少なくありません。転職エージェントは転職を推進することが目的だといえるので、かなり積極的です。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業から報酬が支払われる仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。また、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が出たすぐ後に、入社を強引にすすめてくることがよくあります。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意を払わなければいけません。

先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に行きました。

先日新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。カウンセリングに出てきた担当者の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、こちらが説明している話の半分もわかってはいない模様だったのです。それなのに「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが重要です」等、専門家のように偉そうにのたまうからとても不快でした。カウンセラーはそれなりに社会人の経験がある方にするべきです。

派遣会社を通じて働いています。

派遣会社に登録して働いています。サイト内でなにげなく自分にぴったりの仕事を見つけ出し尋ねてみると「その仕事はすでに他の方で話が進んでいます」と断られて一時的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、なぜか翌日に再度見ると再びその求人募集が掲載されています。それって結局私ではよくないのってことですよね。それであるならば初めからカドが立たないくらいにはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまた偽りの仕事なのでしょうか?

転職活動をしていて面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていると、面接で高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。給与の不満、人間関係の問題など、面接官に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、この企業に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

「シフト制」の仕事についてです。

シフトの仕事についての話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、シフトの提出方法や、休む方法の詳細を事前にたずねておいた方が良いです。以前に私自身が、産休で休む人の助っ人として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、本当に異常な職場だったんだと思います。

再就職時の採用面接では、小企業であれば、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、…

再就職の際の採用面接では、小規模業者だったら概ねは人事担当者になりますが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。例を挙げるなら、今後共に仕事をする一番偉い人、要は部長や課長などの管理職が担当することもあります。特に、営業や事務などのカテゴリでは、資格などで人の判断をするのが難しいですから、自主的に自分自身をアピールしていくようにするべきです。面接担当者から「この人はしっかり主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが多くの求人情報が掲載されているた…

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される会社も多いので、感じがよさそうな2~3社を、ともかくウェブサイトに登録して、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、加えて条件に適合する案件が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職についての情報収集が簡単になります。ですが、初めだけは登録するのに幾分か労力を要するので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。初めの登録のときは少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことを推奨します。

転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

転職を繰り返さないための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。加えて、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強くすることが可能です。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。海外に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、すべてのことが良い刺激となります。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。どうしても、退職後しばらくは精神面がもろくなっている人も多いので今後のために休暇も必要です。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職エージェントや転職サイトなどを活用し、転職活動を行うことは常識になりつつあります。しかしながら、よりよい転職先を探すには、加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加することによっていろんな企業の情報を得ることができ、そして、スタッフの言葉遣いやマナーから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。今後、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けるつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。それによってフェアの中で、自分の能力や長所を企業が評価すれば、正式に応募して面接の本番時に非常に有利となるからです。

近い将来、段々と思考を必要としない労働は機械に置き換わっ・・

将来、私たちの労働環境において一段とシンプルな労働は機械で済まされるようになり労働力はカットされていきます。どうしてかというと、思考を必要としない仕事という観点では人が作業するよりも機械で作業するほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同じ動きを繰り返すのは機械では当然へっちゃらです。当たり前のことながら人と違って文句も言わない、疲れ知らず、適当にすることもないし、正確だしそれを均一化できます。さらには、賃金も発生しないのです。わざわざ生身の人間を使う意味が無いため、機械化の流れは自然の結果といえます。

一度あなたが、転職の決定したなら、徹底的に周りにはそれが広まらないよう…

万一現職からの転身の思い立ったのなら、あくまで社内の人間にはその気持ちを教えないように活動していき、現在の会社に所属している間は、徹底的に同僚に気づかれないように通常通りに仕事をするのがとても堅実です。働いている間、その点を自覚しておくと、万が一良い転職先を難航したとしても、転職時期を延ばしつつ、現在の仕事を続けても簡単にできます。でもつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社は、それに合わせて動きます。それに周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あの人は転職する人」と受け止められます。そのような状況になってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている限りは、身の置き所がない思いををするリスクが高いです。

再就職によって職場を一新するということは、自分に…

転職によって職場を新しく換えるということは、自分に見合った理想に近い場所を選びたいものです。仕事を変えれば、天職に出会う可能性もあります。が、現実に行動に移すとなると、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体がままなりません。言い換えると、あなたの才能次第で、「天職」に出会える可能性がある、ということです。今の時代は職業選択の自由が権利として認められていて、転職して転職を選んでも偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

友達から聞いた話です。始めに新卒採用として入社第一志望であっ・・

こういう転職というのは知人の話です。就職活動を始めて新卒の際になにがなんでも就職したかった憧れていたA社の最終の面接で不採用になって、それから後やむを得ず違う会社に就労しました。そのあと3年経過したぐらいに派遣求人サイトを閲覧していた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、じっとしていられなくなり当時の会社をすぐさま辞めて、派遣という形でA社での就業を開始しました。勇気がありますね。必死のパッチで頑張ってのちにどうにかA社で正社員になれて、今はやりがいを持ちながら元気に仕事をしています。

そろそろ転職活動を考えているのなら、今の業務や仕事での不満に思う部・・

そのうち転職しようと考えるのなら、今いる業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満なことが限界に達しているから転職しようと思われているはずです。でも「ちゃんと現在の客観的に考えた不満なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

今ではPCで調べればインターネット上では、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの…

とみにPCを見ればインターネットの世界では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その数限りないサイトから自分自身の目的に合致した転職先というのを見つけるためには、なんといっても情報を集めることが欠かせません。このような転職サイトをしっかり活用することで、スムーズな転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用できるサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかりチェックしてみましょう。

派遣社員として働く会社が決定しました。

派遣での仕事が決まりました。最初の出勤日に営業の担当者と就業先近くのコンビニで待ち合わせたら、コンビニエンスストアの前にいなかったので中にいるのではないかと考え店の中に入ってみると、大胆にも雑誌の所に座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開いて読んでいました。こんな担当者のお仕事なんて我慢できないことだと感じて、そこで声をかけることなくコンビニを出て速攻派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転職時の面接の際に担当者から「転職の理由は何ですか?…

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職の理由は何ですか?」とほぼ確実に訊かれるはずです。このとき、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での働く環境や人間関係が良くなかった内容などは、意識して口にしないようにしましょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが重要です。とりあえず「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような未来志向での返答が必要とされます。