昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが・・

日本には「石の上にも三年」という教えがあります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という教えがあります。「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。とはいえ、当たり前に転職が可能だと思い込み軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職しようと考える場合、重要なのはタイミングを見計らうことです。とりあえず、今現在の職場、や仕事内容について、嫌だと思う点を、箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は探してみてください。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして決断したら素早く、今よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。
  • 転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうな…

  • 近いうちに転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方は必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが勤めている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れることもあります。なお、もらえる失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の近々の給料を軸に支給する額を計算されるので、企業に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、すぐ退職できるというわけではないことを実際に転職活動したことで気付かされました。新婚生活が落ちついたあとすぐに子供がほしかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年ほど現在の継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員だったので、正社員より収入は少なかったですが、それでも時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣だからといって、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。
  • 人生初の転職を行うのであれば、忘れてはいけないのはなぜ現職を辞めなければいけないのかにつ・・

  • 人生初の転職をする場合、忘れてはならないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについてクリアにしておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておく必要があります。そして問題を解消してくれそうな会社を決定していってください。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を勤めながら就職活動を行っていくことから、時間と体力が必要だといえます。明確な理由がないままに転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。何がなんでも転職したい、現状を変えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動のスタートを切ることは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 安定性を送ろうと「正社員」になろうとしている人は少なくない、というのが現状です。

  • 安定した人生を願い正規社員を狙っている人はかなりいます。だが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶わないケースも少なくはいはずです。派遣社員の求人募集は結構あるのに正規雇用の求人募集以外には目もくれず時間を空費している人が多いといいます。仮にあなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、契約社員や派遣社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、成果によって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換を狙えるところもあるからです。面接の最後に正社員として働けるチャンスがあるかどうかを尋ねておくと人生設計が立ちやすいはずです。
  • 転職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズ…

  • 転職の時にする面接ではクールビズでもOKとと書かれていることもあります。しかし、クールビズで伺うのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と思ってしまう人もいます。クールビズについての迷いを心に抱えている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズで良いとされた面接なら、伝えられていることを実行したほうが無難です。色々迷ってしまい、暑い時期にスーツを着用すると不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで良いのです。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してもらいたい点が何点かあります。なんとなく派遣と聞くとお茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事内容を連想する人がおそらく少なくないでしょう。はじめは私自身もまさにそう思っていました。今の会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。でも、実際に仕事に就くと、「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。いつも毎回振り回されますし、はじめに説明された内容とは全く違うので毎日非常に参っています。今はただ「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたい…

  • 自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私自身、食べることが大好きで以前は、飲食の世界で勤務していたことがあります。そのお店での仕事内容は、そのお店で任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまいました。ということが理由で、退職したのですが、その影響からか、好きだった食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物も嫌になってしまい、よく似た飲食店は今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に見直す必要があります。
  • 今現在の会社や企業の労働環境が変化したことについて、社会人の中…

  • このように近年の会社や企業の雇用形態が変化したことに関して、全世代の中で若年層ほど鋭く感じ取っているようです。多分、先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。なので、サラリーマン・労働者の「流動化」が年々増えてきているので、輪をかけて今後、世代に関わらず転職についての関心度が増加すると思われます。「流動化」によって会社の転職はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が機能していた頃には転職者は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。しかしながら、時代が変わり現在の会社に執着する必要は段々と薄れてきています。
  • たいていの場合は大手企業は定期採用中心です。ですか・・

  • ほとんどの場合大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。そればかりでなく、地方でとなるとその確率はずっと小さくなります。けれども製造業においては、地方の工業団地等に拠点としている可能性が高いです。そういう場所では、事業分野の拡大をする際に中途採用することも珍しいことではありません。その機会に転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業についての下調べからあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトに訪問し、人員募集の有無など、しっかりとチェックしてみましょう。
  • 転職活動における最後に残る厄介な問題として、今勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業が採用の内定を出しても、現在勤務中の会社があなたを引き留めるというのもよくあることです。そのような場合は、何としても退職する、という強い気持ちを保つことが大事といえます。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権のある上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、遠慮せずに伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において大事な要素となってきます。
  • 再就職する際、とても重要となるのが間違いなく「面接」です。

  • 再就職では、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。よくある面接の際は、応募者に転職に至った理由や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで次は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「弊社に関して何か疑問点はありませんか?」と言ってくれるわけです。この手の質問が来たときは、答えを用意しておらず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こんな時の為に、面接の前に面接担当者からの質問に対する、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 転職先を探している期間中は、趣味に打ち込むことに加え・・

  • 転職期間のあいだは、趣味に没頭したり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。再就職先が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に興じていたおかげで無意識のうちに集中する力が身に付きます。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、他の社員さんたちに比べると疲れない身体になっている、と自覚します。ということで、興味のあるなことに集中することと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。転職が決まり、その職場のなかで同じ趣味の人と巡り会えれば、会話も弾みます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、新聞で紹介された人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。もしもあなたが、いかにもヘッドハンティングのような話が出てきた場合は、心当たりを考えてみてください。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求しようとする会社もありますが、そういったものはほとんどは詐欺といえるのできっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要はありません。
  • 転職される場合は、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もし将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取得するのがお勧めです。転職活動に有利に働くので転職先を探すのが楽になります。なので、在職期間中での資格取得がベストなタイミングといえます。あなたが再就職を考えているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、仕事を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。それに、資格取得後は転職先の面接の際、面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までより待遇も良くなる可能性があります。
  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。す・・

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。その後担当者から、面接日時を教えてもらいました。面接日当日、指定場所まで行ってみると、なぜか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、始終やる気のなさそうな態度を見せて、面接を終えました。予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局届かず、仕方がないので再度連絡をした結果、「結果は不採用でした」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと感じています。
  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職する際は、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャン・・

  • 今ある自分のスキルが有利にはたらくように転職をするつもりなら、比較的、転職しやすい業種と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を大まかに知っておきましょう。転職がしやすい業界としては、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」がその最たる例です。医療・介護の分野では看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。こうした業界で働く人が、ワケあって、他業界に転職したいと思っているなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、人材の流動性はかなり低くなります。ですから、容易に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、ほかの分野の仕事では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておいたほうがよさそうです。