転職期間中は、つい気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているため…

  • 転職期間ではそんな風に過ごすつもりもないのに気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。だとしても、そういった過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。それは、気の緩んだ、だれた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうして、悪いサイクルができてしまい、次の勤め先がきちんと見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えてしまうからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活を始める為にだらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 長い間接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつ…

  • 長きにわたって接客業で勤務してきましたが、加齢とともに立ってする仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを考えて活動をしました。事務の経験がなければなかなか難しく、そこで接客業の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格して個人の医院に転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。夜のシフトばかりさせられて、接客業をしていた頃よりも帰宅する時間も遅いわけですが、最初はキャリア形成をするんだと諦めて頑張ります。
  • 転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、かなり勉強になります。

  • 転職候補先で見学しておけば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるので楽しくもなります。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、通常通りの姿を見せてはくれません。その最たるものが、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。個人のプライドも高い業種なので、入社した後までは実際の働き方が出ません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことが良いです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はとてもキケンですし、注意しておいた方が良いです。雇用契約を結んでいない人間には、問題が発生したとしても、保障はありません。担当者から勧められても角が立たないように断るのが無難です。
  • 転職のため職探しをするときに特に注意すべき求人情報は・・

  • 就職のため仕事探しをするときに気を付けるすべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合が少なくありません。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料に残業代を入れておくというものになります。(注・違法ではありません)例えば『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。けれども、悪質な求人は、この『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないので要注意です。
  • 転職を考える際、転職先での自身の年収を過剰に気にする人…

  • 転職というものをする場合、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は、そこそこいるでしょう。とうぜん大半の方は、ですから生活費を給与としてもらうべく仕事に打ち込んでいると思います。とうぜん年収の額は自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、当然大切なのは当然ともいえます。とはいえ、あまりにもらっている年収の額に固執しすぎる生き方というのも寂しい気がするでしょう。よく見れば年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることが少なくないからです。
  • あなたがもしも、「転職サイト」を利用して自らにぴったりの…

  • もしもあなたが、「転職サイト」を利用して自身の能力を思う存分発揮できるようなストレスを感じずに働ける仕事情報を見ているのなら、有効な手段といえるのが転職エージェントです。登録は簡単です。エージェントサービスに登録後そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比べ物にならないほどにかなり質が良いといえます。そればかりか、あなたの希望にフィットしたものを調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望の求めていた職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが自身で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、効率は良いです。そのうえたいへん確実です。
  • ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣として勤務しています。派遣法と労働契約法により長く務めてきた派遣先での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣である人の中には、派遣で勤務している会社で直接雇用の地位をつかんだ方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけると仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが得意な人でそれで採用されたとしか思えません。仕事を遂行するスキルよりもおじさんにゴマをする能力の方が大切なんだねーと選考に漏れた派遣仲間達と派遣先の職場でいつも文句を言っています。
  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることが条件になります。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることの証明が必要になりますが、だとしても、実際は「今まで忙しすぎたので、しばらくはゆっくりしたい」と思う人が多いはずです。なので、本気で次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、その場で「求人票」を確認することを最低限やっておく必要があります。心の中では探したくないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が残念ながら見つけられませんでした」と言って、次の機会に賭けましょう。
  • これまで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。

  • これまでは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。というのも有名どころの「転職サイト」は、特性上、都会や大手の求人がほとんどだからです。であったため、転職活動をする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、いくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着といった点では自分に適した職が探しやすくなります。「ハローワークはなんか地味だなぁ」という先入観がある方も少なからずいるかもしれません。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、そろそろ退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」みたく執拗な電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 新しい就業先ではいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、初年度はほとんど研修期間を含んでいる会社が多くあります。私の例では、苦労の末転職したというのに、期待に反してそれまでの職場での稼ぎとあんまり差がありませんでした。それにプラスして、業務はキツく、とても責任のある立場で初年度を越すのも本当に苦労しました。そういった経験から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、もっというと転職前に貯蓄しておくことに尽きると思います。
  • もっと良い企業の社員になりたいと転職をする活動をして…

  • 新しい会社に入りたいと転職で活動している場合には「ちょっとでもはやく、採用通知が手にしたい」と思っているはずです。とはいえそのために内定が欲しいばかり、自身の能力に関して嘘をついたり、また対称的に過小評価にしかならない売り込みはできるだけ止めておきましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちを抑え、冷静になりつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を見極めましょう。
  • 仕事のせいで精神的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

  • 仕事のせいで精神的にまいってしまい転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そのときは、会社(の関係者)に相談するよりも身内と話し合い、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。仕事をするということは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。どんなに高い給料を得たからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢して仕事をすることは良いとは思えません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさを優先していく生き方が尊重される時代です。ですからあまり気にせず、あなたの身内や、あなた自らの体を大事にしましょう。
  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。大半の会社が履歴書と職務経歴書に記載されていることを見て面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2点をしっかり作成しておきましょう。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容を充実させることも重要です。「職務経歴書」は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく書くのが得策です。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用してみるのも満足のいく転職をするための有益な方法です。
  • 職を変えた場合には、だいたいの場合はそれまでの仕事…

  • 転職した際には、大体の場合、それまでの仕事は記憶は美化されます。本当のところ現在の仕事に不服があるから、そういった思いを解決するためにやっとのことで退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、気が付けばどういうわけか新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思うことは多いです。それというのももっともなことで前の職場では仕事に慣れていて、きちんと毎日の仕事もたやすくこなせていたからというのがもっとも理由にあるでしょう。ところが、「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と心底悔やむほど、過去の仕事のほうが労働環境が良い事もあります。
  • 転職をする時に面接でだいたい問いかけられるのが前職を退職・・

  • 再就職をする際に面接で決まっているかのように尋ねられるのは辞職したのはどうしてなのか、という話ですがこのような質問に答える時には話の中心を辞職した会社に向けない方が良いです。会社を辞めた経緯を的に絞り話が進むと言うまでもなく悪い印象を与える要素を伴った内容になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、なぜ以前働いていた会社を退職したのかという事をこの会社にぜひとも入社したいと思っていたからといった話にするべきであり、自分が面接している会社に内容を傾けていきましょう。こういった話ならば、マイナス面を消しプラス面を印象づけるものに変えることが可能です。
  • 転職活動を行うとき、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、…

  • 転職活動を開始するとき、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に有益です。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の角度から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。ですが、本当は『クロ』で「これではいけないと思い、はやく炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であるといえるでしょう。そもそも、本当に善良な会社であれば煙は立ちませんから。
  • 転職をするために今働いている会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職を目前にしているなら、失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしあなたの側から退職届を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険が即座にはでません。手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定されてから直ちに失業保険が給付となります。