この頃では、株・不動産投資の不労所得や独立で頑張っている人も増えています。

この頃では、株や不動産投資等の不労所得で稼いだり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

  • 今の時代は株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、個人事業で生きるよりも雇用されて働いているほうが手堅いとされ、人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。そういった成長期は終わり、いまの社会は「成熟期」という風にも呼ばれます。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

  • 転職とは、希望先転職先の会社企業というより、正確には「担当面接官」…

  • 最短で転職したい場合は希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官との勝負といってもいいでしょう。其のためには、先ずはあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えれば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく向かうのも大事でしょう。とくに面接がはじまると先ずあなたの雰囲気や人間性を判断されるので誤解を招くような見た目・言動は注意し控えましょう。また良識ある社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

  • 転職活動をしたとしても、全部が首尾よくいくと断言はできません。

  • 再就職するにも万事首尾よく運ぶと言い切ることはできません。もしも転職するのなら、いつか、転職しようと考えているなら若いうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。一般的には、20代のうちは有利に働きますが、30代後半~40代に達すると転職自体がたいへん難しくなります。もしもあなたが、管理職など、要職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても会社に残ることも選択項目から外さないほうが良いです。ようするに、退職届を出してから転職活動するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、転職活動されるのが失敗しなくて済みます。

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていないのに…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう人というのもずいぶん多いといいます。何故そうかと考えてみると私の考えでは気持ちも新たに、新しい環境に飛び込んだものの、「期待していた職場とかなりギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」ということが理由で退職してしまうことが多いようです。できればこのような、転職先選びでの失敗を避けるためには初歩として、事前の情報集めを欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、給与システム、などあれこれ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

  • あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」など・・

  • 再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと思っている人が、近年増えています。今のネット社会では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方での求人情報にも簡単にアクセスできます。ただ残念なことに、地方での求人はどうしても大都市よりも少ないのが難点でもあります。そのため、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する就業サポートのイベントにも注視しておきましょう。

  • 新しく就いた職場であなたの過去の資格やキャリアをフル活用できれ・・

  • 新しい職場で、これまでに培ってきたスキルが生かせれば、即戦力として周囲から一目置かれじきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり会社サイドも、即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。しかも、これまでの職場と同じジャンルであれば可能性はおおいにあります。かと言って、まずまずの実力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なく中々の競争率となることを覚悟しておきましょう。

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人で将来の進路がハッキリしているのなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が強いのであれば、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあってなぜか退職出来たのはこの年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、大変驚きました。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがになんだか失望しました。

  • 将来転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業…

  • 将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(業界)があれば、逐一、「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職サイトの担当者では、その業界に関するマイナス点はアドバイスしてもらえません。もしも、やましい箇所がある場合は、簡易的なネット検索によって瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そういう検索をしないまま、会社に入ると、あとからガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」という場合も多いので、気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。現在の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった形で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界・民間企業間でも新しい変化が増加傾向にあります。その作用もあって民間企業では、若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がかなり深刻化しています。なお、「外国人労働者」の割合を今よりも増やしていく、つもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きく変わっていくはずです。

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師は務めとして歴史的背景か・・

  • その昔は看護婦と言った看護師というのは務めとして歴史的にも女性比率が高い職場です。厳しいことに気力それから体力への大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。なので、職場の対人関係のいざこざや、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい仕事ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多いのが現状です。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、これが転職の希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

  • 女性が転職するに当たり、今現在と一昔前では若干、違いがあるようです。

  • 女性が転職する場合、セクハラが社会問題となっている現代では少し変化があるようです。過去には面接のなかで会社側から、結婚と出産についての考え方など、質問されることが多々ありました。でも、今現在の流れとしては、そういったデリケートな内容はセクハラと捉えられるのを恐れて、質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。とりわけ大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。しかし、会社側は、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の生き方、結婚した後も働きたいのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいと思っています。あなたの価値観を伝えるためにも、自己PRや志望した動機と混ぜながら伝えることで、相手側にも考えが伝わり、安心してもらえると考えます。聞かれていない内容でも、こちらから気遣いつつ、答えておくのが良いです。

  • 転職活動にあたって準備は必要不可欠です。

  • 転職する場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、「ファッション」を気になる人が多くいます。しかし、近年の企業面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、ビジネススーツ(正装)で面接に赴く必要がないケースもあります。会社の設立間もない企業などは、お堅い規則もないことが多く、スーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。そして、フランクに話ができるメリットも。また、私服を見せるたことで時には面接時にファッションについて、盛り上がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。転職するのなら、気になる企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • これまで20代前半までに転職を数回で、今現在は資格を取るべ…

  • 私は20代までに転職2回で、いまは資格を手に入れたいので「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時代にいくつか資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際、そのような人を見ると自分もああなりたかったと感じます。昔の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。しかし今は、結婚してから、がらりと生活環境も大きく変化し、将来の目標も決まり、楽しい毎日を過ごしています。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

  • 「転職エージェント」では、登録後、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。これに対して何も知らずに利用しはじめた人はとてもびっくりするケースが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることがその役割なので、非常に積極的にかまえています。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。さらに、転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように心がけましょう。

  • 数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 転職先を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのときカウンセリングに出てきた担当者が見た感じ入社して間もない新入社員で、私が伝えたいことの半分も彼は理解できていない様子です。さらに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みを明確にしていく必要があります」とか、一人前のように偉そうにのたまうのでとても嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣で働いています。サイト上で何の気なしに自分に合っていそうな仕事を探して応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもう別の方に決まりました」と言われ一瞬サイト上からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、その翌日見るとまた載っています。ということは要するに私ではダメと言っているのですね。そういうことならば最初からプライドを傷つけない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それともまたもしかして架空の仕事を載せているのでしょうか?

  • 転職活動をしていれば、面接のときに間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接のときに必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。例をあげれば収入面の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。