再就職を考えたとしても、全てが順調に運ぶという確証はありません。

仮に転職活動をしたとしても、全てが順調にいくとは言い切れません。

  • 転職するにもあらゆることが順調に運ぶという確証はありません。もしも転職するのなら、どのみち転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。ほとんどの場合、20代の若いうちは良い希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入してしまうと転職活動全般は、かなり厳しくなります。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職したいと思い立っても、現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動を始めるよりも、現在の会社に籍を置いたまま時間をかけて注意深く行動したほうが賢明といえます。

  • この前、転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあいだ…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに退職を選択してしまう人がけっこう多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところをいうと気持ちも新たに、素晴らしい会社を見つけたものの、「考えていた職場と堪えられほど違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」といったことで去っていくのじゃあないかと思います。こういった転職における失敗を避けるためには第一に、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内のルール、具体的な業務内容、などあれこれ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • もしもあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に・・

  • もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える方も少なくありません。近年は転職サイトを用いれば、郊外・地方の求人も閲覧できるようになっています。ただし、地方での求人情報は、都市部ような選択肢がないのが難点でもあります。ですから、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずに確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートに関する情報もアンテナを張っておきましょう。

  • 新たな職場にてこれまでに培われてきた能力を活かすことができれば、…

  • 再就職した会社でそれまでのスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として迎えられ、早々に仕事場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している会社側もそのような人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。更に過去の仕事内容と似たような業種であれば、確率はおおいにあります。でも、なかなかの実力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員の募集については、時代背景に左右されることなく中々の競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、手を変え人を変え、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということをはじめて直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、退職が受理されたのが同年の11月です。本当ならは年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、心底前の会社に対しての困ってしまいました。

  • 将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(または業界)…

  • これから転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは職種)があったら、逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業界であれば、簡易的なネット検索によってすぐにおおまかな実態を理解できます。そうした現実を知らずに仕事を始めてしまうと、あとからガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、スタッフの出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、興味をもった案件や業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策が日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに今までにない社会的な変化が具現化されてきています。その変化の中で、企業伸長とともに今度は労働人口の減少による人手不足が根深い問題となっています。また最近では、「外国人の労働者」の数を増やして人材確保に務めていくと現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職事情にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師といえば、歴史的…

  • 前なら看護婦ですが看護師は職業としてどうしても女性比率がすごく大きい職場です。それだけでなく、気力・体力をかなり消耗が激しい傾向にあります。とうぜん職場の対人関係の問題や、自分の結婚・出産などによってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスを取りづらい業種ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。

  • 女性の再就職に際して、ここ最近とセクハラが問題視される前では…

  • 女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは若干の変化が見受けられます。かつては会社側から結婚と出産についての考え方などのことに関して、ごく普通に質問されることが多くありましたが、現在の流れとしては、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける企業、が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として扱われています。でも実際、面接する側としては、〇か×ではなく、その人の姿勢、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいと思っています。自らの人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機とともに表現することで、相手側にも考えが伝わり、判断してもらいやすくなると思います。というワケで、質問されていない内容でも、こちらから気遣って話をしてみると良いでしょう。

  • 転職活動には、然るべき準備は不可欠です。

  • 転職活動する場合、然るべき準備は必要です。とくに、目に見えるファッションは誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。ただ、ここ数年の、企業面接については私服がOKな会社も多いので、ビジネススーツ(正装)で面接に赴く必要はありません。とくに創業して間もない企業などは、柔軟な考えをしていることが多く、がちがちの服装で行くよりも良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。さらに、私服を見せることで面接のなかで、ファッションの話題に発展しやすいです。ですから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、今から転職は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 20代に転職を2度行い、そして現在、いくつか資格を取得するた・・

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、いまは資格取得のために派遣社員になりました。フルタイム勤務とは異なるため、毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと羨ましく感じます。昔の私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまうこともありました。しかし今では、結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、明確な目標ができて私も新たな目標に向かっています。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話・メールで何度も連絡が入ります。これについて転職初心者はかなり驚く場合がよくあります。転職エージェントは転職させることが業務なので、かなり積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金をもらえるシステムであることから、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社するよう後押ししてくることがよくあります。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職することがないように充分に注意しておきましょう。

  • 先週新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に向かいました。

  • 先日転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に足を運びました。カウンセリングを行うために出てきた担当者が見た感じ新入社員のようで、こちら側が説明をしていることの3割もその社員はわかってはいない感じです!さらに悪いことに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」等、何もかもわかっているかのように横柄にしゃべるから非常に不快でした。カウンセリングを担当する人はある程度カウンセリングのスキルがある方にしてほしいです。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • 今、私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイト内でなにげなく気になる仕事を探して尋ねてみると「その仕事はすでに別の人が採用されました」と断られてしまい瞬間的にサイト上から仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日に閲覧すればもう一度情報が掲載されています。それって結局私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことであるならば初めからカドが立たないくらいにはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければもしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

  • 転職活動中に、面接で例外なく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接でほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。これらのうち志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、これと違って転職理由について正直に話すのはよくありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、上司や同僚との人間関係など採用担当者に悪い印象を持たれるものです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、決まった曜…

  • これはシフト制の仕事に関する話です。一定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、シフトの提出方法や休み方をあらかじめ確認しておくべきです。それはなぜかというと、私は過去、出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。前任者が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「よく耐えたな」と。

  • 再就職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの場…

  • 再就職の際の採用面接では、小規模業者だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては違うこともあるようです。直接、今後仕事を一緒にしていく作業部署の責任者、一言でいえば管理職クラスである課長や部長が面接を担当する可能性も考えられます。また営業系や事務系などのジャンルでは、資格での見極めが難しいので、自主的に自分という人物をアピールすることが必要であり大事なことです。面接担当者から「この人は、きちんと自己アピールできるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。