現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして・・

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなった…

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、社名が公表されるなど損をする流れになってきましたが、完全には至っていないと考えられます。それゆえ、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目を順番に色々質問してみることからやってみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、「その場では答えられない」というような逃げようとすることが多いです。「給与」「残業」「休日」については、質問を続けていく中で、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。
  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが、…

  • 失業したときに給付される失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間によって変動し、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ転職活動を始めても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接官から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。
  • 今までの求人情報には、募集要項の中に「性別」について・・

  • 今までの求人情報では、募集条件の中に「性別」まで、当たり前のように記載されていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が雇用の際にないようにしないといけないルールが敷かれ、応募資格の概要に「性別」が無記載となりました。それでも、募集情報を出す側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。ですから、実は男手を必要とする案件に女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。たとえば、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、女性の働き手を希望しているのだと考えたほうが確実でしょう。
  • 転身を予定しているのなら、たくさんの企業を日常的にチェックすること…

  • 転身を予定しているのなら、こまめにたくさんの企業の採用情報を定期的にチェックすることが、就職先の労働環境の見極めがかなりしやすくなります。あなたが今の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動をする際、どこの会社も魅力的です。そうなると、どこに決めればいいのか、わからなくなり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。結果、短い期間で嫌になってしまうこともあるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先を公表していますし、そうでは無い会社は宣伝に力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。
  • 転職を成功させたいのなら、最初から行動をするようにしましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、前もって行動するようにしなくてはいけません。それには現在は会社の名前も知らないような中小企業も公式サイトに企業の紹介を書いているケースがほとんどですので、ネットを使って自分が知りたい情報を調べておくとそれと疑問等を整理しておくと転職時に助かります。公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも意外な発見があるはずです。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職の候補にしている企業を自身で判断してみるのも良いと思います。
  • 友人の紹介で転職先を見付ける人がいます。

  • 人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。それはいいけれど労働環境やその他の労働条件などを紹介者からの口コミだけをあまり信用しすぎるとトラブルになることが多いです。そういうのはある特定の人による口コミ情報は性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。紹介者的には、良い職場に映っても、自分自身には、まったくそう思えない環境かもしれません。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、最後は自分の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 就労期間中なら、可能なかぎり周囲にバレないよう(ちなみに私自身のとき…

  • 在職期間にあるときは、出来るだけ周囲が気づかないように、(自身の場合)前職中に転身の意図だけ、はじめのうちに同僚に言ってみたことがありました。けど、その後に求人を散々色々とチェックしてみたのですが、結局転職先や時期などさえも無計画なまま決まらないまま、ダラダラと時間がムダになるだけでした。一方の会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探す流れになりました。
  • 勤めていた会社で嫌で反りが合わない上司に悩みを抱え…

  • 働いていた会社で嫌な上司に悩みを抱え、その結果我慢することができなくなり退職し、同じ畑の別の会社に行くことにしました。上との関係も良好で仕事ができて非常に充実した毎日でしたが、ちょっとずつ会社の売上が悪化し、最後には経営統合されることになりました。偶然にも経営統合の相手はなんと以前いた会社で、すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。当然再度の転職活動を始めています。
  • 転職時の面接にとある会社に伺ったときのことです。

  • 転職時の面接に希望先の会社へ行ったときのことです。偶然社内の部屋が空いていないとのことで外部のとある場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接を行い、当該会場で解散し、面接担当者もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。結局は電車の中でもずっとおしゃべりをしながら帰宅することになり、そのためお互いリラックスして面接の時よりも話が弾み、それが良かったからなのか運良く採用を手に入れることができました。
  • 全く経験したことのない業界とかに転職したい時には、以前の業界で、自・・

  • 未経験である業界などに転職する際には、前の仕事で、自分が培ってきた能力や今までの経験を発揮することができるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業種の場合、経験していない分だけその業界で勤務したことがある方よりも事実、損にはなりますが、自らの持っている力がその場でも発揮することができるということを伝えることができれば、勝負になることも考えられるのです。なので、経験したことがないジャンルに挑戦するときには、その業種と自分が今までやってきた職務とのつながりを可能な限り見つけ出しましょう。
  • 今現在の自らの職場や仕事の中身について大半の人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の自分の勤め先や仕事に対する大半の人は不満を感じていると思います。「自分のスキルや、仕事上での能力を正当に評価されていない」よって、「給料はアップしないし、昇格も出来ない」といった内容が多くを占めると思います。けれど、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自身のスキル・能力を過大評価していることが多かったりします。そんな人が転職しようとすると、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職活動がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性があります。なので再就職を円滑に行うためにも、「本来の自分のスキルや能力」を厳しく、客観視していくことから始めてみましょう。
  • 転職において、まず今の会社を退社してからという考え方もありますが、…

  • 転職活動をスタートする際、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてからという方もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには今度のボーナスの時期を前もって調べておきましょう。ボーナス支給がある企業は多いですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが入る時期まで数か月しかないなら、ボーナスが支給された後で辞めるというやり方も悪くないです。ボーナスはそれなりに大きな額なので、手に入れておいた方がいいとも分かりますから、辞職を考えたらボーナスの時期を確認するのを忘れないようにするのがスマートなやり方です。
  • 再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

  • 転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると雰囲気が一変することがあります。働く環境次第では、意地悪ややっかみのおそれもあります。時には、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。なので、上記のような状態を回避するため、今の職場では、真面目に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を辞められるはずです。しかも、円満退職で終えられたなら、退職後も、あなたが困った際には相談できるチャンスにも恵まれるはずです。規模や業界に関係なく、何処の会社も人とのつながりはとても大切なので、仕事を辞める時のトラブルは控えましょう。
  • 近年では、株・不動産投資などの不労所得、あるいは個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 現在は、株や不動産投資等の不労所得を得たり、独立や起業で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあり、「起業することは不安定だしキケン」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長期には不安の残る個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうがずっと堅実であり、人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていました。そういった成長期は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」などと言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。
  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというより、…

  • 転職とは、希望先転職先の会社企業というより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが重要です。面接官に良い印象を与えるために、先ずは緊張せずに焦らずに対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと良いと思います。とくに面接では最初にあなたの内面的な部分を観てもらうわけですから、余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけてやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。
  • 仮に転職するにもあらゆることが首尾よく運ぶ確証はどこにもありません。

  • 転職活動をしたとしても、万事都合よく運ぶという確証はありません。できればいつかするつもりならあなたの年齢が若いうちになるべく早く考えておいたほうが良いです。傾向としては、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職の場合は、たいへん厳しくなります。役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に留まることも選択肢から除外しないでおきましょう。会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の仕事は続けながら転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が後悔がないはずです。
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら・・

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりというのに、すぐに辞めてしまう選択してしまう人が意外にも多いといいます。それは私の思うところは新たな気持で新たな環境に飛び込んだものの、「自分自身の考えていたものとかなりかけ離れていた」「雰囲気が受け入れられなかった」という原因で別の仕事を探すことが多いといいます。可能ならこのような失敗を繰り返さないためには、とにかく事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、などいろいろ事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。