もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」において…

もしもあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、…

  • 再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」において大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと検討している人、実践している人が増えています。最近は求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方での求人情報にもカンタンにアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、郊外や地方での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも定期的にチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの有無もアンテナを張っておきましょう。

  • 新たな職場にて自身のこれまでのスキル・キャリア生かせたとしたら、…

  • 転職先で今までに培ってきた実力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から迎えられ、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。同時に雇用先もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、簡単だといえます。しかも、かつての仕事内容と同じ内容であれば転職は大変楽になるでしょう。かと言って、そこそこ実力があるといっても一流企業の事務職、公務員の募集などは、いつの世でも中々の競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

  • 『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるな・・

  • 『転職をしたい』とおもっている方、未来の進む道もハッキリしているのなら、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、場合によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて結果的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということをはじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末を退職のタイミングと考えていたのに、大変驚きました。会社側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、かなり愛想が尽きました。

  • 今後転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは職…

  • あなたが転職活動をされているのなら、良いと思う求人(OR 業界)があったら、絶対「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス部分について教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、インターネット検索を活用することで一発でおおまかな実態を理解できます。そういうチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、のちに痛い目にあいます。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイからなかなか人が定着しない」といったケースがかなり多いため、気に入った案件や業種については、注意したほうがいいです。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が打ち出されています。経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業といった民間側からも次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。そういった変化を受け、企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」がかなり深刻化しています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の数を現状よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるはずです。

  • 昔は看護婦と言った看護師というのは歴史的にも女性の割合がかなり大き・・

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは職業としてどうしてか女性の割合がすごく高い職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力それから体力を消耗が激しい傾向にあります。そのために、職場の環境での人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産によってそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業です。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に困っています。最近は特に、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。

  • 女性が再就職する時、数年前と現在とは少なからず、変化が見受けられます。

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前とここ最近とでは若干の違いがあるようです。一昔前は、結婚観や出産後の方針などについて、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。しかし、現代では、そのような内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない企業が一般化しつつあります。また、特に大きな会社の場合は、かなり神経を尖らせているようです。が実際、会社側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の考え、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいとは思っている事でしょう。あなたの人生設計をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと並行して言い表すことで、面接担当官も考えがわかり、安心できると考えます。ですので、聞かれていない箇所もこちらから企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。

  • 転職活動にあたって然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職活動では、相応の準備は必要です。そんな中でも「服装」を誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、近年の企業面接に関しては形式ばらない服装がOKな企業があるので、ビジネススーツで行く必要はありません。会社の創立して間もない企業などは、考え方が柔軟で私服で面接したほうが、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服だと、面接の間に、洋服の話もしやすくなりますから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。というワケで、面接にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 私は20代で転職を2度行い、そして今、資格をゲットする・・

  • 20代のうちに転職を2回経験し、そして今、資格をゲットするべく派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務ではないのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。しかしその分、以前より心と時間に余裕ができました。学生時代にもっと資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。しっかりと資格を活かしている人と話すと無性に羨ましく感じたりもします。これまで私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じていましたが、しかし、結婚をキッカケに随分と生活自体が大きく変わり、前よりも将来の目標も決まり、充実して毎日を過ごせるようになりました。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトに登録した場合、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。「転職エージェント」の利用が初めての人は大変びっくりすることが多いです。転職エージェントは転職を後押しすることがその役割なので、非常に積極的な姿勢を見せます。中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬を受け取るシステムのため、転職者の都合よりも企業側を優先させることが多々あります。「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすぐに、入社を強引にすすめてくることが多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、無理に転職しないように心がけましょう。

  • 3日ほど前転職先の会社を探すために人材会社へ登録に行きました。

  • 先日転職の準備をしようと人材会社へと登録に向かいました。カウンセリングの時に現れた担当者が見た感じ若い社員のようで、こちら側が説明をしていることの3分の1も彼は理解できてない感じでした。しかも「このキャリアデザインではダメですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが必要です」とか、一丁前に横柄にのたまうからとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事を経験している人にしてほしいです。

  • 派遣で働いています。インターネットサイトで気の向くままに…

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトで気になる仕事を発見し問い合わせてみると「そのお仕事はもう別の人で話が進んでいます」と断られ瞬間的にサイト内から仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日に閲覧すればまた載っています。ということは結局私ではよくないのだっていう意味ですよね。それであれば初めから変に隠さないように正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それとももしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

  • 転職活動をしていると、面接のときに間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。このうち志望動機に限っては、正直に話してもかまいませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。たとえば給与に対する不満、人間関係に関する問題など、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。もっとも、過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そして、「御社に入ってから〇〇したいです」、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社を選択しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

  • シフトの仕事についての話なのですが、毎週、決まった・・

  • これはシフトの仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休む方法については、面接時に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。冷静に考えると、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 再就職のための採用面接では、中小企業だったらほとんどが人事担当者になります・・

  • 再就職のための面接では、小企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、それ以外の場合もあります。実際に今後仕事をすることになる責任者、言い換えれば課長や部長などが面接を担当することも珍しいことではありません。また事務系や営業系などの部署に転職するのなら、資格による人の評価が難しいですから、きちっと自分という人物をアピールすることが必要なのです。面接担当者たちから「この男はしっかり自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど案件が多いため、感じがよさそうな2,3の会社を…

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど多くの求人情報が掲載されているため、関心のある2,3の会社を、ともかく転職サイトに登録して、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、あとは条件に合った求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に転職についての情報収集を行うことが可能になります。初めだけは登録するのにとても手間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、最初にしっかり準備することを推奨します。

  • 転社を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするヒントはたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外に行くと、文化も言葉も大きく異なるので、刺激が山ほどあります。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、これまでとは比べようがないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。どうしても、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いのでこれからのために休暇も必要です。