かつては求人誌に募集条件の中に「性別」まで、明確に記載されていました。

一昔前の求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、当たり前のように書かれていました。

  • 一昔前の求人誌では、性別が書かれているのがほとんどでした。しかしながら現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用において、男女の差別がしてはいけないという決まりになり、募集要項の概要に「性別」が記載されなくなりました。けれど、求人側は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。ですので、男手を必要な企業に女性の応募が殺到したり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。もし、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、雇用主が「女性」を必要としている、と認識しておくべきです。

  • 転業を念頭に置いているなら小まめに色々な会社の募集・・

  • 再就職するつもりなら、労を惜しまず頻繁に会社の採用情報を日常的に調べておくと転身先を選択しやすくなるでしょう。今現在の仕事に何か不満や納得いかないことがある場合、本腰を入れて転職活動を始めたときにどこの企業もいいように見えます。そういった状態になってしまうと、どこを選ぶべきか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、選択を間違える可能性も高くなります。雑な行動を取ると、最終的にはごく短期間で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、覚えておきましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、計画的な情報を収集することをしておきましょう。

  • 良い転職する先を見つけるためには、計画的な情報収集をしておきましょう。そうするにはこの頃は名前を知られていない小さな企業でもホームページが用意されているところがとうぜんだから、インターネットの機能を利用して色々と必要事項を手に入れるとまたその会社について疑問を整理しておくと転職に役立つはずです。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのも意外な発見があるはずです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。何より希望している職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。

  • 知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。ですが、転職をした先の労働環境、その他の労働条件といった点に関して友人知人の口コミを信用しすぎると後々キケンです。なぜなら、一人の個人の口コミというのは、その人の主観に基づいているからです。それ故に友人にとっては、今よりずっとベターな働く場所だったとしても、自分自身には、まったくそう思えない可能性もあります。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 雇用期間中は、なるべく水面下で(自身の例ですが)就労期間…

  • 雇用期間中は、極力会社内の人に気づかれないように、(自身の経験談ですが)前職中に転職する意思表示だけをはじめの時期に周りの人に話してみました。でも、それから、求人誌を散々あれこれチェックしていったのですが、就職先やタイミングも何一つ進めていたので、ズルズル時間がムダになるだけでした。その一方で、会社の側は、仕事の引き継ぎ予定や手続き、退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」といった、本末転倒な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 新卒で採用された会社で性格のきつい上司に悩まされ、最後には…

  • 昔働いていた会社でのことですが性格のきつい上司に悩みを持ち、その結果やる気がなくなってその会社を退職し、同業者である他の企業に移りました。その会社では居心地よく勤務することができ本当に満足のいく日々でしたが、ゆっくりと会社の売上が悪化し、ついにはある会社に経営統合されることになりました。ところがその経営統合した先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、加えて転職のきっかけとなった上司がまた私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。もちろんまた転職をしようと活動を始めようと思っています。

  • 転職のための採用面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

  • 転職の採用面接に行きました。その日に限ってその会社で部屋が空きがないとのことで外部の会場で面接担当の人と待ち合わせて採用面接が行われ、そのまま解散して、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは下車する駅が私と同じだったのです。それで電車内においても面接官と一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなって、そのため緊張が解けて面接よりお話が弾み、それが功を奏したからなのか何事もないまま採用を掴むことができました。

  • 全く経験したことのない業界とかに転業を行う際は、自分が前の会社で…

  • 全くの初挑戦の業界などに転職するときには、自分が前の会社で養われたスキルやこれまでの経験が生きるという自己アピールがいるようになります。初めて挑む人は未経験の分その業界の経験者よりも実際のところ、損にはなりますが、自らの持っている能力がそこでも十分に生きるということをしっかりと相手に伝えることができれば、勝負になることも多くあります。という事で、未経験の分野に挑戦する場合は、その分野と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを可能な限り発見しましょう。

  • 今の職場や業務内容に対して、何かしらの不満があるはずです。

  • 現在の自身の職場・仕事内容についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の資格やスキルを適正に評価されていない」したがって、「賃金アップもないし、将来的な昇進も期待できない」といった不満が割合的に多くを占めています。でも、そのような不満が強すぎる人の場合、自らの力量を「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。もしも、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、自分に合った求人がないと、中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性も少なくありません。ですから転職を円滑に行うためにも、自分の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • 転職を考え始めたときに、まずは今勤務している会社を辞めた後・・

  • 転職をしようとするときに、とにかく今の会社を辞職してからといった方法もありますが、そういった場合には会社がいつボーナスを支給するかを事前に調べておくのが無難です。ボーナス支給がある会社はたくさんありますけど、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが振り込まれる日まで長くないのであれば、ボーナスを手に入れてから退職届を提出するという手もおすすめしたいです。ボーナスはってかなり大きい額になると思うので、頂いておいた方が良いと言えるでしょうから、会社を辞めようと思ったらいつボーナスが入るのかをまず確認しておいた方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。

  • もしも再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

  • もし再就職の前に、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、状況が大きく変わるおそれがあります。労働環境によっては、意地悪される可能性もあります。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、うっかり「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、いまの職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気をギリギリまで維持したまま、心置きなく会社を去ることが出来ます。また、円満退職になれば、転職後にも、相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業種などに関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは、できるだけ回避してください。

  • 今のご時世では、株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり…

  • 現在は、株・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人経営 を目指す人も増えています。そういった移り変わりもあり、「会社員以外は不安定だしキケン」といった従来の見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長期には将来的に不安定な株式投資や自営業者よりも雇用されて働いているほうが将来が安定していました。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されてはいました。しかし、そんな成長期は終わり、今のような時代は「成熟期」という名がいうらしいです。将来は、機械化、自動化が進んで社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

  • 転職とは、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」との…

  • 転職活動のコツは希望している企業そのものよりも、採用担当の面接係員とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、はじめに肩の力を抜いて焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例えれば女性とお見合いをするような意識で望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接がはじまると第一歩としてあなたの内面的な素質を評価されるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意しやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしい綺麗に整った服装で向かいましょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

  • 仮に転職を考えたとしても、万事順調に運ぶと言い切ることはできません。

  • 仮に再就職を考えたとしても、あらゆることが首尾よくいくとは限りません、もしも転職するのなら、いつか転職するつもりならあなたの年齢が若いうちになるべく早く転職を試みるべきです。それには少なくとも20代の若いうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職活動は、かなり厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職の意識が強くなっていても今の会社に残ることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。ようするに、退職してから転職活動を行うのでなく、現在の仕事は続けながら転職活動されるのが失敗することもありません。

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず・・

  • 2ヶ月まえに、転職したというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうという届を提出する人が意外と多いといいます。リフレッシュな気持ちで自分に合った会社を手に入れたはずなのに「自分の期待していた仕事と大きくギャップがあって幻滅した」「会社独自のルールになじめない」と考えて退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職に関しての失敗をしないためには、まずは事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、昇給システム、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • もしもあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」にお・・

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと考える人も多いです。ここ最近は転職サイトを使えば、郊外や地方の求人も手軽にアクセスできます。残念ながら地方での求人情報は、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところです。といった問題があるので、求人サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもまめにチェックしておきましょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートに関する情報も見逃さないようにしましょう。

  • 新しい職場で、それまでの資格やキャリアを活かせられれば…

  • あたらしい職場でこれまでに身に付けたスキルが生かせれば、即戦力として扱われ、早々に職場にも馴染めるはずです。人を募集している雇用先も大いに助かると言うものです。タイミングさえ問題なければ、簡単だといえます。それに加えて以前の働いていた仕事と同じジャンルであれば転職は大変楽になるでしょう。ですが、即戦力な人材であったとしても、大手の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)は昔と変わらずかなりの難関を突破しないと就職自体が難しくなります。