政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について・・

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・民間企業間でも新たな社会的な変化が増えつつあります。そういった変化が加わったことで、企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。ちなみに、外国人労働者を今よりも増やしていく、と安倍政権は宣言しています。国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは確実です。

  • 以前は看護婦という名前だった看護師は仕事としてどうし…

  • その昔は看護婦と言われていた看護師は、歴史的背景から女性の割合がたいへん大きい職種です。そして、気力それから体力をかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。ピリピリした現場になりやすく、職場での人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活のバランスが取りづらい仕事です。実際、そういった問題によって職場を変える人が多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況になっています。常に各病院は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

  • 女性が再就職する時、数年前と今現在とは少し変化があるようです。

  • 女性が転職するに当たって、一昔前と今とで多少の変化が見受けられます。過去には面接の際に、結婚の予定や出産予定などについて、質問されることがほとんどでしたが、最近の動向としては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業、が当たり前になりつつあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。けれど、会社側は、YES・NO、だけでなく、その人の生き方「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の将来設計を伝えるためにも、志望した動機や自己PRと一緒に伝えることで、面接担当官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。そういうわけで、聞かれていない箇所についても、こちらが先んじて率先して話をしておくのが良いです。

  • 転職活動にあたって準備は欠かせません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に映る「ファッション」は、注意している人は多いでしょう。とはいえ、ここ数年の、面接では、形式ばらない服装を許可している会社もあるので、ビジネススーツを着込んで行く必要はありません。創業間もない企業などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に良い印象をあたえます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと時には面接時に洋服について、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、転職活動は企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

  • 私はこれまでに20代で転職を2回経験し、現在、資格の勉強をしながら、…

  • これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして今、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。フルタイム勤務とは異なるため、手取りは安くなりました。しかし、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事できれば良かったのに、とは思います。また、実際、そのような人を見ると少し羨ましさを感じてしまいます。昔は、うまくいってる人と自分と比べて、肩を落とす日もありました。しかし現在では、結婚し、がらりと生活そのものが大きく変化し、前よりも明確にやりたいことを見つけたのでしあわせな生活を送れるようになりました。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールで何度も連絡が入ります。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話・メールが頻繁に掛かってきます。初めて利用された人は結構ビックリするかもしれません。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事だとされるので、大変積極的です。大手のエージェントは、転職を完了させると企業からお金を受け取るシステムのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。その上彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が取れるとすぐに、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように気をつけることが大事です。

  • 先週人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 昨日転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングの時に現れた担当者が見たところ20歳そこそこの社員のようで、こちらが説明をしていることの3分の1も理解していないように見えました。しかも「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」等、一人前の話を偉そうに言うのですごく不愉快でした。カウンセラーは多少は仕事の経験がある方にするべきです。

  • 派遣の会社に入っています。ウェブサイトを見ていて条件のよい仕事を…

  • 派遣会社を通じて働いています。インターネットサイトの中で何の気なしに興味を引かれる仕事を見つけ出して問い合わせてみると「残念ながらその仕事は、別の人が採用されました」と断られて瞬間的にサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、次の日になると元通りに掲載されています。ということは要するに私ではよくないのっていう意味ですよね。そうであるならば最初からカドが立たない程度に正直に教えてほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはもしかして偽りのお仕事なのでしょうか?

  • 転職活動中に、面接のときに間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていると、絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。転職理由でよくある給与が納得できないことや、同僚や上司とのトラブルなど、採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、自分の得にならないことをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 「シフト制」がある仕事についての話です。

  • これはシフト制のある仕事についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方を前もって確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去、産休で休む人の代理として正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出す度、「よく耐えたな」と。

  • 再就職時の面接では、中堅企業だったらおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが…

  • 転職の際の採用面接では、小規模業者クラスの場合そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別の場合もあるようです。実際、今後共に仕事をする現場の責任者、平たく言えば課長や部長などの管理職クラスが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。その中でも事務職や営業職などのジャンルでは、資格を通じた人を判断するのがむずかしいので、きちんと自分自身を売り込んでいくようにするべきです。面接担当の人たちに「この男はしっかり自己主張するし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される転職情報がたくさんあるため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど豊富な量の求人情報が掲載されているため、2つか3つ、まずはサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集がラクになります。だとしても、初めに限っては登録に苦労するのでサイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録する初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初めの準備をしっかり行うことを頭に入れておきましょう。

  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

  • 転職を度々しないためには、少しコツがいります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を鍛えるのには良い情報はいつでも知ることができます。また、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強くすることができます。その行動とは、海外に行くことです。海外は、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま、面接に臨めば、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ただ、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、これからのために休業期間も必要です。

  • 転職サイトや転職エージェントを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。とはいえ、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、それと同時に転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加したのなら企業の情報に直接触れることができますし、さらに、その場で説明しているスタッフさんから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。今後、転職フェアに行く際には、面接を受けるのと同じように自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。仮にフェアを通して企業に自分の魅力が伝われば、後日採用面接時にとても有利になると期待できます。

  • これから、私たちの社会的環境において簡単な仕事は機械に切り替えら…

  • 将来的に、労働力という観点において今以上にシンプルな仕事は機械で済まされるようになりその結果、そういう仕事をするマンパワーは少なからず減らされてしまいます。そのワケは、短絡的な仕事という観点では機械でやったほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは機械では当然へっちゃらです。もちろん人間とは違って不満を言わないし、ペースが変わることもなくずるもしない、正確な作業をしてくれますし、均一だし、さらに、人と違って報酬が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、生身の人間を使う意味が無いので機械化の流れは自然の流れなのです。

  • もしもあなたが、現職からの転身の決定したなら、まっ…

  • とらばーゆの決断したなら、徹底して会社の人にはひそかにその気持ちがばれないように、活動していき、転身先が決まらないうちは、可能なだけ周囲に悟られないよう普通に業務をこなすのがもっとも無難です。現職中、これを徹底することで、仮に働き先が見つけられなくても、転職の予定を延ばしつつ、現在の仕事をそれまで通りに継続しても容易にできます。でもうっかり、「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、同僚はその言葉に合わせた応対を取るようになります。それどころか周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は転職する人」と受け止められます。そうなってしまってから転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事中ずっと、立場が悪くなると感じるかもしれません。

  • 再就職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適す…

  • 再就職によって仕事先を一新するということは、自分自身に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に転職したいものです。職場を変えれば自分にうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。とはいうものの、現実に行動する際は、即戦力となりうる能力を持っていないと、良い職は得にくいはずです。逆説的に表現すると、あなたの技量次第で天職に恵まれるチャンスも広がる、ということです。昨今は、職業選択の自由が一般的に認められているので、転職を決断したとしても面倒も生じないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつある今現在、「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業も増加傾向にあるので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。