この話は兄の知り合いの話です。

従兄の友達の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動…

  • この話は兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒の際に絶対に入りたかった憧れのA社の最終面接で不採用となり、それから後違う会社に就職しました。その後3年経った頃に派遣の求人サイトの中でA社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、じっとしていられなくなって当時の会社をすぐに辞め、A社での派遣勤務を開始、思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってその先計画通りにA社で正社員になることができ、今は仕事に誇りを持ちつつ楽しく働いています。
  • そろそろ転職をするのなら、直近の職場の何に不満を感じているのかを…

  • 今から転職することを予定しているのなら、直近の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らないことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「きちんと現状である職場の問題な点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することができます。
  • この頃パソコンやスマホを使えばわかるけどネットの世界では…

  • どうもPCやスマホは便利でネットの世界では、要するに転職系のサイトが無数に存在しています。サイトから自分の目的に合致した転職先を見付けるために、まず、情報が大事ですから収集が欠かせません。サイトをうまく使うことで、よりスムーズな転職先を探せます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、チェックしてみましょう。
  • 派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣先が決定しました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の人と就業場所に近いコンビニで合流する約束だったのですが、営業担当者がコンビニエンスストアの前にいないので店内にいるのではないかと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみたら担当者は驚くことに雑誌の所に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開けて見ているのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんてやってられないだと思って、挨拶もせずこっそりと店の中から出て速攻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。
  • 転職時の面接で「転職理由は」と訊かれると思います。

  • 転職する際には面接が必須となります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と聞かれることはほぼ間違いありません。そのとき、いくら正論だと思っても、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」が悪かったという回答などは、できれば控えたほうがいいでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事です。事実とは異なっていても、「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、真面目に取り組んでいきます。」のような未来志向での返答が担当者の心証はよくなります。
  • はじめて「失業保険」をもらう際に、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。実のところ、失業保険の給付を受け続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。毎月ハローワーク職員との面談を通じて、真面目に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。これに対し、真面目に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席した場合は、ルールとして給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために注意が必要です。
  • 転職での面接などの時に担当者が名刺を手渡してきたら・・

  • 転職における面接などに関して名刺を差し出してきたら、自分も同様に名刺を差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷った際は、たいていは差し出さなくても良いと思っておいてください。面接というものは仕事の一環ではなく、仕事を得るための就職活動内のことです。ですから大体の場合は名刺をやりとりする場ではないのです。さらに、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。ですので、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしてはもらうだけで大丈夫で、相手に渡すことは少しもないと判断できます。
  • やっている転職活動中に、「自分は今までずっとこういった職場…

  • がんばっている転職する活動時、「私は振り返るとこういった職場の仕事を長く続けました」「過去の会社の仕事によって、このような技術に磨きを掛けました」と過去の自分の実績・セールスポイントを強調してアピールしなくちゃと考える人はよく見かけます。ただし、志願し再スタートを図る場所で「将来、こういった仕事をしたい」「私が話したような内容の仕事ならぜひ貢献できるはず」と将来的なビジョンで自己を売り込むほうがはるかに効果的だったりします。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、最初…

  • 転職のための活動をしている最中は、なにはともあれとにかく内心が急がないということを大事にしましょう。働きながら転職をするための活動では、あまり気にしなくても良いとは思いますが、退職をした後にするのであれば、かなり焦燥感が出るものです。であるので、慎重に活動してみましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか、徹底的に見極めてみてください。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。
  • かつてはかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 私が仕事を探していた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質が本当に色々でそのほとんどはいまいちな人ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと心して向かい合ってほしいという考えが募りました。その事がきっかけとなって自らキャリアカウンセラーを志すことになりました。その資格を取得できるまでにはお金もかかったし資格取得のための勉強の面に関してもハードではありますが、仕事を探している人からあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。
  • 新卒採用で入った会社を辞めて、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、一歩踏み出して転職すると決めました。会社を退職する前は、人生でもっとも悩んでしまいました。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると私自身が転職したことで学び、自然と以前よりも安心することが出来ました。なにより1度、転職したことで自然と体が軽くなり、自分に適した仕事を探すことが出来て毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私自身、転職してみるも大事だと思いました。
  • 転職をしようとする場合、絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書について・・

  • 転職をしようとする際に必ず準備する履歴書などについては、だいたいはパソコンを活用して作成するのが普通です。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはペンを使って作成するというのが常識と思われることもありますが、それは新卒時の就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実は、転職については履歴書や職務経歴書は必ず手書きでないといけないとはっきりとは言えません。手書きの方を評価する時もあるようですが、違う企業がどんどん増加していていますので、パソコンで作ったものでも良い企業は意外にもかなりあるのです。
  • 看護師という仕事の人の他の職業に転職に至る原因は、その人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という職の人のそれと違う職に転職の理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚で一人とは変わって子育てそれに家族の介護など、仕事環境の変化など、今までと同じような働き方ができなくなった」「今の収入に大きな不満を感じている」というような悩みが考えられますね。しかしながら、転職前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、落ちついてじっくりとそして客観的に見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断してみましょう。
  • 転職の時の面接で着用するビジネススーツのカラーについて・・

  • 転職の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の就活の際にに着るカラーが暗黙の了解となっています。つまり、紺や黒といった感じのような暗めの色味になります。転職のケースであっても、スーツの色味はこういったようなダークカラーが多数派になっており、黒や紺以外の色の人は少ないです。それ以外だと、まれにグレー系の人がいるくらいで、大方は紺系や黒系が大多数です。ですから、人事側からしてもそういった色が違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひともそのようにしてくださいね。
  • 再就職する時に行われる面接のときにする腕時計について申し上げますが・・

  • 転職をする際の面接のときに着用していく腕時計についてですが、どう見ても目立つ腕時計はやめた方が悪い印象を与えません。腕時計で目立つものというのは高そうなデザインだったり、というだけではありません。逆に安物に見えるとか、そういった目を惹くということで真逆で目を惹くのだと理解しておきましょう。転職の面接の際にするべき腕時計に関してもポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえふさわしいものを選ぶのが確実だと言えます。とはいっても、年齢にあった腕時計であるということもとても重要で、新卒の就活の頃に着けていた腕時計よりは少しでも値を上げた方が良いと言えるでしょう。
  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。ただ、仕事を続けながら求人案件を調べて応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も非常につらいものがあります。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自分で直接、応募したとしても応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識しておくと、賢い判断ができるはずです。
  • 転職活動中の採用面接でのやめておいたほうがよいのは露骨なま…

  • 転職の際に外せない採用面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりすることは、正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接時は、「残業」など、普通ならかなり質問しづらい内容を勇気を出し率直に尋ねておいた方が、最終的に自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に採用されないのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、しかしながら、意外なことに、相手からの印象もいいことは最終的には可能性が高いのです。これらのお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。ついつい面接結果に影響するのを恐れ、モジモジして質問できません。そこで、一歩踏み込む勇気があれば「正直な人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。