転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力の低下を招かないようにしておくと…

転職先を探している期間は、趣味に打ち込むことに加…

  • 転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。再就職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に打ち込んでいたことで、知らないうちに集中する力がアップします。また体力を補っている事で、その場の社員さんたちと比較すると疲れにくいということを認識します。そんなわけで、退職後は自分の好きなことに没頭することと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。その後、働き出した会社であなたと共通の趣味の方とめぐりあうことができれば、すぐに仲良くなれます。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。「特許」を出した人などは、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人に限らず、「研究開発」における論文を出した人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。会社に在籍中に、ヘッドハンディングのような話をされたなら、思い出してみましょう。近年はヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の会社はむろんサギであるので注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • もし将来、転職したいと考えているなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もしも将来、転職をするつもりなら、前もって資格を取得することで有利になります。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得をしておくのがベストです。転職活動の際に有効に使えるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。であるため、在任期間中が資格取得においての一番最適といえます。あなたが将来のために、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。さらには、資格によって面接のときには面接官に即戦力になる人材だと認められ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。
  • ある古物商の人員募集にて、書類審査を通過しました。2、3日・・

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かったので、相手方から面接日時を告げられました。にもかかわらず、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、呆れるほどけだるい表情を見せ、面接が終了しました。けれど、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、待っていられず、自ら問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かず再度電話した結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とします」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、正直、不採用で良かったと感謝しています。
  • 今ある自分のスキルを活用しながら就職活動をするつもりなら、…

  • 自身のスキルを活用しながら就職活動を検討しているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と転職が難しい業界がある事を知っておいてください。転職の難易度が低めの業界では、人手不足が問題視されている「医療・介護」がとても有名ですね。医療や介護では、看護師、介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、様々な理由により、異業種に再就職したいと考えているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、人材の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。容易に考えないことが重要です。異業種への再就職される場合は、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職を決めるあいだは、つい時間があるため、気が緩んでしまい・・

  • 再就職先を探している間は、つい緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。でも、そんな風な生活に慣れてしまうのは危険です。なぜかというと、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「心」も不健全な状態になるからです。徐々に、働く気力がなくなり、お金に困ってしまいます。こうして、悪いサイクルにはまり再就職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先が決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうからです。もらえるお金を第一に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 長い間接客業で仕事をしていたのですが、加齢のせいか立って行う仕・・

  • ずっと接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると共に立った仕事は体力的にハードなため、オフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて行動を起こしました。事務の経験がないとわりと難しくて、そこで接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格を取得して個人の病院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、まずはキャリアの形成時期と受け入れ頑張ります。
  • 転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん参考になります。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、たいへん勉強になります。その中でも、技術を必要とされる業種なら、腕を見るのが楽しくなります。そのような「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、いつも通りの姿を見せてくることは少ないのです。もっとも顕著なのは、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドも高い業種なので、仕事を始めてみるまでは、実際の姿はみえないものです。なので、仕事は見学で見たものだけだと解釈しないことがたいへん大切です。ましてや、見学時に仕事体験ができる会社は問題がありますから気を付けるべきです。入社すらしてない人にはもしトラブルが発生してもそれに対する保証がないため、仮に、勧められたとしても丁寧に断るほうが良いでしょう。
  • 就職活動時に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく・・

  • 就職するため職探しをする場合に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが非常に多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間というように求人の内容に時間が書いてあります。毎月これくらいの残業が想定されるため、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておく、といったものになります。(ちなみに、これは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代50時間込』という記載は「記載時間分の残業代を入れた場合、この給料です」ということになるわけです。でも、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともあるのでよく気を付けてください。
  • 転職を考えるとき、転職先での年収について気にしすぎる・・

  • 転職というものを考えるとき、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は、けっこう多くの方のようです。もちろんたいていの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐべく精を出していると思います。したがって年収がどれだけかは自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、大切と感じるのは当然ともいえます。しかしながら、必要以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎる人生というのも寂しい気がします。それより年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。
  • もしもあなたが、「転職サイト」を活用して自身の働き方に近い条件…

  • あなたが今現在、「転職サイト」を活用して自身の希望条件に合った魅力的な企業情報をチェックしているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、エージェントが紹介してくれる仕事は、誰でもチェックできる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比較にならない程かなり質が良いといえます。しかも、あなたに合ったものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望するあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、独自の力で手当たり次第に探すのと比べればとても効率はいいです。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。
  • 派遣で勤務しています。労働契約法の関係で不本意にもずっと働いた…

  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ですが長期間務めていた就業先での仕事がもうすぐ終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の企業で直接雇用の待遇を獲得した人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけた話仕事がどうというのではなく派遣先の上司への媚びへつらいが得意な人でそのおかげで採用されたとしか考えられません。仕事のスキルより上司にゴマをするスキルの方が必要なのだろうと選考に漏れた派遣仲間の同僚と毎日文句を言ってます。
  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることが条件になります。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。しかし、実際は「会社に行く必要もなくなったし、しばらくは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。ですので、しっかり就職活動しているように見せかける方法があるので紹介します。月一回のハローワーク職員との面談は当然ながら必要ですが、その場で求人票のチェックは必ずやっておきましょうまじめに探す気持ちが出ないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「自分がやっていけそうな仕事が意に反して無かった」と話して、次の機会まで待つという方法もあります。
  • これまでの私は、職探しは「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」を利用していました。

  • 前は職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」で探していました。なぜなら、ほとんどの転職サイトはシステム上、都心の求人情報しかないからです。なので、求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、いくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。「ハローワークは地味なイメージがある」と感じている人がかなり多いと思います。でも、良い求人もそこそこ掲載されているので近いうちに転職するべきか悩んでいる場合は、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。有名な転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。
  • 転職の予定があるのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい就業先では年収に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社した初年度は、ほぼほぼ試用期間が入っていることもほとんどで、自分の場合、どうにかして転職したというのに、期待に反してそれまでの職場での稼ぎと見たところ同額ということがありました。それにプラスして、仕事もきつく、かなり責任も重大だったために、初年度をクリアするのにひどく苦労しました。そういった経験をしたからこそ、初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、なるべく転職前に貯蓄しておくことに尽きると思います。
  • もっと良い会社につきたいと転職活動中の場合は「一刻も…

  • 新しい会社の社員になりたいと転職で活動している人の大半は「1秒でも早く、内定(採用通知)を手に入れたい」と思ってしまうはずです。とはいえ吉報を得たいあまり、自身の能力を高く偽ったり、またその逆に過小評価にしかならない行動をするのはなるべくしないでください。大事なのは焦る気持ちはグッとおしころして、落ちついてあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く探していきましょう。
  • 仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的につらくなり、…

  • 働くにあたって心的につらくなり、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、相談するのは会社の人にするより家族に相談したうえで、退職するかどうかを決めたほうがいいです。というのは、働くことはあなた自身のためでもありますが、身内の問題でもあります。どれだけ高給を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるほど我慢しながら無理して働くのは好ましい状況とはいえません。近年は、金銭的なことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなた自身の家族や、あなたの心と体の健康を考えていきましょう。