就労期間にあるときは、可能ならば、バレないよう(自身の…

雇用期間中は、なるべく同僚にバレないよう(ちなみに私のとき…

在職期間中なら、可能なかぎり会社内の人にバレないように(ちなみに私自身のときは)在職中に転身の気持ちのみを早い時期に会社内で仄めかしてみました。しかし、それから、求人サイトを色々とみていったのですが、結局転職先のあても、仕事を変えるタイミングさえも何一つ進めていたので、時間だけが過ぎてしまいました。そして一方の会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したあとで、次の就業先を再度探しました。

勤務していた会社で嫌な上司に困惑してしまい、つい…

勤務していた会社で嫌で反りが合わない上司に神経を削られ、最後には耐えきれなくなり退職し、同業である他の会社に乗り換えました。新しい会社では気分よく働くことができてとても充実した毎日でしたが、少しずつ会社の業績が悪くなり、とうとうある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその経営統合した先の会社がなんと前いた会社で、しかもまったく反りが合わない上司がまた私の上司になることに。どれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもなく新たなる転職活動をやり始めています。

転職のための採用面接にある会社に出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けるためある会社に行ったときのことです。その会社にある部屋が空きがないというわけで外のある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接をして、当該会場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ところが下りる駅が私と同じだったのです。それで電車の中においても彼とずっとお話をしながら帰ることになって、緊張が解け面接よりお話が弾んで、それが功を奏したのかなんと採用を掴むことができました。

今まで経験したことのない分野とかに転職したい時には、…

全くの初挑戦の分野などに転身したいときには、以前の職場で育んできたスキルや今まで経験したことを発揮できるといった内容のアピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、経験のない分そのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がそのジャンルでも十分に生きるということを話せれば、戦える場合も多くあります。そのため、経験したことがないジャンルに挑むときには、その業種とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を見つけ出しましょう。

今の自身の職場や仕事の中身について少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在のあなたの職場や業務の中身について不満に思っていることの中に、「自身の持っているスキルや仕事での能力を適正に評価してもらえない」ゆえに、「月給アップもないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった内容が多くを占めると思います。ですが、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自分自身の持っている技量を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職がうまくいかないと言う事に陥りがちです。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職で成果を上げるためには、あなた自身のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

転職において、とにかく今の会社を辞職してから転職しようと考える方もいますが、…

転職において、現在働いている会社を完全に辞めてからとする人たちもいますが、そういった場合ボーナスの支給日を事前に確認しておくのが無難です。ボーナス支給がある企業はそこら中にありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスの支給の日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから会社を去るという手も賢いやり方です。ボーナスってある程度大きい額になると思うので、頂いておいた方が良いとはっきりと言うことができますから、この職場を辞めようと思ったらボーナスが入る日を確実に頭に入れておく方が得策です。

もし転職することが、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が一変するかもしれません。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。時には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを口にするのはお勧めしません。上記のような状態を回避するため、現在の職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうしておけば、良い関係をギリギリまで維持したまま、心置きなく仕事を辞められるはずです。それに、トラブルなく退職できれば、転職後、困ったときに相談できるかもしれません。業界や規模に関係なく、どんな会社でも、人との縁はとても大事なので、会社を辞める際のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

現在では、株・不動産投資の不労所得で稼いだり、独立といった生き方も増えています。

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得を得たり、自営業や起業を目指す人も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員は安定がない」といった常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どう転ぶかわからない自営業者よりも雇用されて働くほうがずっと安定性にすぐれ、人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されてはいました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、現在は、「成熟期」と表現します。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接係員…

スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接係員とのやり取りが大事といってもいいでしょう。面接で結果を出すためにも、まずは普段通りを意識して冷静に、焦る気持ちににならないように、例を挙げると女性とお見合いをするような意識で望むと良いと思います。更に大事なことは面接に進むと最初にあなたの人となりを見られるので悪い評価になるような行動は気をつけてぜったいに控えましょう。そしてモラルある社会人らしい面接に適した服装を意識しましょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

仮に再就職を目指そうとしても、全部が都合よく運ぶと断言はできません。

再就職をしようと考えていても全部が順調に運ぶ確証はどこにもありません。それはそう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら若いうちになるべく早く転職を試みるべきでしょう。平均として見た場合、20代の若いあいだは良い展開を期待できますが、30代後半~40代となってからの転職結果は、とても厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、今の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。要するに、退職後に転職活動をするよりも、現在の仕事は続けながら転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が良い、ということです。

ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず…

このあいだ転職をやっとしたばかりなのに、少ししか仕事もしてないのに退職を選択してしまう人がなんとなく多いといいます。私の考えをいうと心機一転、自分自身に合った職場を手に入れたはずなのに「自分自身の思っていた職場環境とだいぶギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」といったことで別の仕事を探すのだとか。こういった、転職先選びでしないためには、まずは情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、通勤にかかる時間、などいろいろ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」にお・・

もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。今では求人情報サイトをうまく活用すれば、国内全エリアの求人も容易に得ることができますが、ですが、地方での求人はどうしても都市部よりも少ないので、その点がマイナスといえます。なので、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもきちんとチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートのイベントにも見逃さないようにしましょう。

新しく就いた職場でこれまでに培ってきた資格やキャリアを最大限に活用できれば・・

新たな職場でこれまでに培われてきたスキルが生かせれば、即戦力として周囲から高く評価されて、すぐ職場内に自分の居場所ができ、それはつまり会社側も、即戦力は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職は容易だといえます。それに加えてかつての仕事と似ている仕事なら転職は非常に容易になります。ですが、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務職、公務員系の募集は、今も昔もかなりの難関となるのは間違いないでしょう。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が強いのであれば…

『今すぐ転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば、辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって退職が受理されたのが同年の11月です。予定では、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。やはり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので心底会社や上司に対して失望しました。

これから転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業…

あなたが転職活動中に、気になった求人(もしくは業界)を見るたびに絶対「〇〇業、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のマイナス点は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索で一発で現実を知ることができます。そうした面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから落胆してしまう可能性もあります。その求人募集が出ている理由が「仕事がキツイから人が定着してくれない」という場合も多いので、目に留まった業種や案件に関しては、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までとは違う変化が生じ始めています。そのこともあり企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは確実です。

前なら看護婦ですが看護師というのは仕事としてどうして・・

その昔は看護婦と言った看護師は職業としてどうしてか女性のかなり多い職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力それから体力を大きく消耗する職場ともいえます。そのために、対人関係の問題や、自身の結婚や出産によってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい職業です。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。なので、各医療機関は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。