最近PCやスマホを使えばインターネット上では、いわ…

近頃はPCやスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では…

  • 近頃はパソコンは便利でインターネットの世界では、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものがあちこちにあったりします。その数限りないサイトから自分に合った転職先というのを見付けるためには、まずは情報を収集することをする必要があります。こういうサイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。
  • 派遣での仕事が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している・・

  • 派遣会社でのお仕事が決定しました。就業初日に営業担当の方と勤務先の近くのコンビニで落ち合うことになっていたのですが、彼が約束した店の前にいないから中にいるのだろうと考え店の中に入ってみると、営業担当者はこともあろうに雑誌コーナーのところで座り卑猥なグラビアページを開けて見ているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて勘弁してと考えて、その場で声をかけずこっそりとコンビニの外へ出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。
  • 転職時の面接では面接担当から「転職理由をお聞かせくださ・・

  • 転職時の面接の時に面接官から「転職理由は?」とかなり高確率で質問されます。この時、いくら正論だと思っても、「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる返しは、意識してしないことをお勧めします。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスをダメにしてしまいます。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのがとても大事です。とりあえず「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のようなアピールの仕方が理想です。
  • 生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が…

  • はじめて「失業保険」を受ける際、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が大部分ですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付をもらい続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、さらに、月に一度はハローワークに行く必要があります。一か月おきに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、「この人は、誠実に就職活動をしているな」と判断されれば、翌月の給付が振り込まれるというシステムです。なお、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、決まりとして給付してもらえなかったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために充分に注意しましょう。
  • 転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきた・・

  • 再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を手渡してきたら、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ際は、ほとんどは差し出さなくても良いと思っておきましょう。面接というものは仕事内ではなくて、職に就くための採用活動の一環なので、普通一般的には名刺をやりとりする場ではありません。かつ、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえ、もしも相手側から名刺を差し出されても、こちらとしてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる責任は必ずしもないと判断できるのです。
  • 今がんばっている転職活動の際、「私は振り返るとこのような職…

  • 今励んでいる転職活動時、「私は今までずっとこういった価値のあるの仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、手にした経験は、、、です」と過去の自分自身の成功体験などを十分にアピールする人は多くいます。でも、転職先となる新しい企業で「そのうちこういった仕事をしたい」「こういうような内容の仕事ならできれば貢献できると思う」と将来のプランを話して自己をアピールしていくほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • 転職をするための活動をしている最中は、まず常にあなたの…

  • 転職をする活動を成功させるには、必ずあなたの心が静かであることをとても忘れないようにしたいものです。まだ会社の仕事を辞めないで転職のための活動では、それほど気にしなくても良いとは思いますが、退職後に行うのであれば、心のうちが焦燥感が出るものです。であるので、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けていきましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気をハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが合致しているかどうか、冷静になって見極めることが重要なのです。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。
  • 求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 私は昔かなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのはサポートしてくれる担当者のレベルが本当に多様でその多くは不満を感じるアドバイザーばかり。こっちは人生の大事な事なのにもっと真摯に臨んでほしいという願いがこみ上げました。それが発端となりキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーの資格を取るのはお金もかかったし勉強面においてもかなり大変ではありますが、就職活動中の人たちにあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。
  • 新卒採用で入社しましたが、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を去り、一歩踏み出して転職をしました。当初はとても大丈夫だろうか、と悩みました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると私自身が転職したことで知り、いつの間にか将来への不安が消えました。また1回転職をすれば、なにか精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが毎日が見違えるように変化しました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断して良かったと思います。
  • 再就職の時に書かないといけない履歴書や職務経歴書などについて・・

  • 転職をしようとする時に絶対に書く必要がある履歴書に関してですが、ほとんどはパソコンを用いて作成するのが基本です。日本国内は履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で用意するというのが当然だと捉えられているようですが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトの際に用意する履歴書であって、転職をする時に関しては履歴書や職務経歴書は絶対にパソコンを使ってはいけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を評価する会社もあるようですが、そうじゃないところがどんどん増えてきているようなので、パソコンを使って作った履歴書でも良いとする企業はかなりあるのです。
  • 看護師という職の人の転職に至る理由は、その人それぞれです。

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、その人によって違うはずです。考えてみると看護師の転職には「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産・子育てそれから親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには仕事が難しくなってしまった」「給料に不満を感じている」というような問題があるのでしょう。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を実際に決断するまえに、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度リラックスしながら現状を見つめ直すこともやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。
  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色に関しては、新卒の学生が就職活動…

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色味については、新卒の就活の時に身に付けている色が暗黙の了解となっています。要するに、黒とか紺色などのような落ち着いた色味、ということになります。転職の場面であっても、スーツのカラーというのはこういった色がほとんどで、それ以外の色の転職者はあまり見ることはありません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系の人がわずかにいるくらいで、全体的な割合をみても黒や紺色とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、会社側から見ても黒や紺色であるほうが自然です。ですから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 再就職時の面接のときにつける腕時計に関しては、明らかに目を惹くタイプの…

  • 再就職の面接で使う腕時計に関しては、どう見ても目を惹くタイプのものはしていかないほうが悪い印象にはなりません。目立つというのは高そうに見える腕時計とか、真逆で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目立つという意味であって両極端な意味で目立つ、ということで覚えておきましょう。面接のときにつけていく腕時計についてはポジション的にはスーツやネクタイと同じように、面接にふさわしい平凡なものを選択した方がベストです。しかしながら、年齢に見合った腕時計であるということも必要な条件であり、新卒の面接でしていたものよりは多少なりとも高価なものにした方が転職の面接においてははっきりといえます。
  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。でも、忙しく仕事を行いながら求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに負担が大きいといえるでしょう。さらに転職活動時は、それを同僚や上司に隠す必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自分で直接、応募した場合でも、応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識しておきましょう。
  • 転職時の採用面接での、勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職の際に必須となる面接では、よく思い違いがあるのですが無理に猫をかぶることです。すると思いのほか良い結果にはならないことがあります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接の際は「産休」などの、通常はかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って率直に尋ねておくと、自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で悪い結果になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ところが、かえって悪い印象を持たれる直結するといいます。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ついつい面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれども、あえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 転職を考えている時にマークする求人というのは、通常のものとし・・

  • 転職を考えている時に注意を向ける求人情報に関しては、通常のものとして掲載されている、という確率もあり得ます。ですから、そこに書かれていることは何もかもが正しいことだとは考えない方がよろしいかと思います。その中でも特に給料の額などにおいては、平均の金額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?というような見解ができる転職者は少なく、自分判断で読み取ってしまうと、今後、嫌な思いをする確率もあり得ます。という事で、悔しい思いをしなくて済むように、募集事項に関しては、おおまかなものだと思って、そういった内容は会社に直に聞いてみた方が好ましいです。
  • 転職先を探すにあたって、むろん仕事におけるやりがいのアップと一緒…

  • 転職先を決めるとき、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大切だけど加えて収入のアップも大きなポイントですから「年収サイト」というところに登録して前もって研究をしています。同じ会社でその上一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってとても違いがあることも複数あり、ぶっちゃけて言えば面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いたのは誰かある程度は予想がついてるんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。