転職の面接を受けに行きました。

転職時の面接にとある会社に伺いました。

  • 転職の採用面接に伺ったときのことです。会社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで会社外で採用担当の人と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散をして、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中でも面接官とずっとおしゃべりをしながら帰ることとなって、すっかり緊張が解け面接より話が弾み、それが奏功したからなのか問題なく採用も手に入れることができました。
  • 初挑戦となる分野などに転身したいと考えているときに・・

  • 全くの初挑戦の分野などに転職したい場合には、前の職場で、自分が身に付けた力や今まで経験したことが生かせるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のないジャンルの場合、その分だけその分野で経験してきた人たちよりも不利になりますけど、自分自身が保持している能力がその業種でも十分に生かすことができるということをうまく伝えれば、勝負になることも十分に考えられるのです。ですので、経験が全くないジャンルに挑むときには、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関係性をできる限り見つけ出しましょう。
  • 今現在の自らの職場・業務内容について不満に思っていることの中・・

  • 現在の職場・仕事内容について不服に感じていることの中に、「自身の能力(スキル)を真面目に評価してくれない」よって、「賃金は増えず、将来出世する見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自身の本来の能力を実際よりも過大評価している事が少なくないのです。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、「自分を生かせる求人がない」と転職するまでに長い時間がかかるおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性も少なくありません。なので再就職をスムーズに行うためにも、実際の自身の能力を客観視することが大切です。
  • 仕事を変えようとするときに、まずは今の会社を辞職した…

  • 転職をしようとするときに、とにかく勤務している会社を辞めてからと思っている人もいるでしょうが、その場合にはボーナスが入る時期を見積もっておきましょう。ボーナス支給がある企業はいっぱいあるわけですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入る時期まで少ししかないのなら、その日を待ってから辞める意向を伝えるという考えもおすすめです。ボーナスと言うものは随分大金なので、もらっておかないと損をすると考えることもできるでしょうから、この職場を辞めようと思ったら会社がボーナスを支給する時期について確認するのを怠らないようにするのが賢い方法です。
  • もし転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると…

  • もしも転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が悪くなる可能性があります。働く環境によって問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。酷い場合には、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、むやみに転職のことを口にするのはお勧めしません。そのようなトラブルを回避するため、仕事場では、いたって真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い空気を最後まで保ちつつ、晴れやかに仕事を辞められます。また、トラブルなく退職できれば、転職後に、困ったときに相談できるはずです。業界や規模に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりがとても重視されるので、会社を辞める前のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。
  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得のほかに独立や起業を目指す人も増えています。

  • 今のご時世では、株や不動産投資等の不労所得のほか、自営業、起業等、そういった社会的変化に伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といった常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、どう転ぶかわからない株式投資や個人事業よりも組織の一員のほうが賢明でした。人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般常識化していました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」といった名称で表現します。将来的には、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。
  • 転職のための活動は希望する企業とのやりとりというよ…

  • 転職活動で大事なことは希望先転職先の会社企業というより、正確には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。面接で満足いく結果を出すために、第一歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。たとえば出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる向かうと緊張がとけるかもしれません。とくに面接を通じて最初にあなたの「人間性」を判定してもらうので悪い印象を与える態度は気をつけてゼッタイに避けましょう。モラルある社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 仮に再就職を目指そうとしても、すべての人が満足いく成果をあげら…

  • 転職しようとしても万事順調に運ぶという確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、なにはともあれあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く変えるべきです。平均として見た場合、20代の若いうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に入ってしまうと転職そのものがたいへん厳しくなります。管理職など、要職を担当している場合、転職を考えていても今の会社に籍を置くことも選択肢に入れておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の会社には残ったまま堅実な未来を模索しておいた方が良いということです。
  • この前、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、早期に退職してしまう人というのも思いの外多かったりします。おそらく気持ちも新たに、良い仕事を見つけたというのに、「自分の想像していた職場環境とギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」ということで去っていくのじゃあないかと思います。このような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、などあれこれ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 仮にあなたが再就職を考えた場合、U・J・Iターンで都市部から地方に移住した上で転職したい…

  • もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方に移住しつつ、転職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。最近では転職サイトを活用すれば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。ですが、地方での求人情報は、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが難点でもあります。そのため、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもまめにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの関連情報もアンテナを張っておきましょう。
  • 転職した会社で今までに培ってきた実力を存分に発揮できれ…

  • 新しく就いた勤め先で今までに培われてきた実力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。人を募集している雇い主としても大いに助かると言うものです。タイミングさえ合致すれば、そんなに難易度は高くありません。更に過去の業務内容と同じような仕事なら見込みは十分にあります。ですが、そこそこスキルがあるといっても大手の事務職、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世でもかなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。
  • 『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば…

  • 『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自身の意志が固いならば辞めたいということを即、上司に伝えておきましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。退職する旨を当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には退職が受理されたのが同年の11月です。予定では、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに前の職場に対してガッカリしました。
  • 転職活動の際に、気になった求人(または業界)があれば・・

  • 転職活動中に、気になる求人(または職種)があったら、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界のデメリットなどは、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、簡易的なインターネット検索によってその実態を知ることができます。そういった検索をしないまま、入社してしまうと、直後にしっぺ返しを食らう可能性が高いです。その求人募集が出ている理由が「業務内容が厳しく、すぐに人が辞めてしまう」という場合がかなり多いため、目に留まった業種について、しっかりチェックしてから応募することを心がけましょう。
  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によっ・・

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たな経済政策を次々に打ち出し、経済政策ともに日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業間でもあたらしい明るい動きが顕著に現れてきております。そのような変化の中で、民間企業では、労働人口減による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。将来、「外国人の労働者」の総数を増加させ人材確保に務めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化のなかで国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。
  • 以前は看護婦と言った看護師という職業は、歴史的にも女性の割合が高・・

  • 看護婦と呼ばれていた看護師は、やはり女性の割合が高い職場です。ご存知のように気力あるいは体力をひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜんのように職場の環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業です。実際、そういった問題によって職場を替える人がとても多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっています。最近は特に、各病院は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 女性が再就職するに当たって、一昔前とここ最近とでは少なからず、違いがあります。

  • 女性が再就職する場合、一昔前と今日とでは若干の変化があります。かつては面接の場で会社側から、結婚観や結婚後の仕事に関して、普通に女性たちへ質問していました。しかし、現在は結婚や出産などについては、「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける会社が増えています。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。ですが実際、企業側は、〇か×かの2択ではなく、その女性の生き方、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自らの価値観を知ってもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに表現することで、面接官にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると思うのです。ですから、たとえ、聞かれてない箇所についても、あなたの方から気遣いながら話をしてみると良いでしょう。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要です。

  • 転職活動を進めるには、準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える服装は気になっても仕方がないと思います。しかし、近年の採用面接に関しては私服が良い企業もあるので、スーツを着込んで面接に出向かなくても良い場合があります。会社の創設間もない企業などは、厳格なルールもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に良い印象を与えられます。また、ざっくばらんに話をしやすくなります。また、私服を見せるたことで面接中、ファッションについて、話題が広がることがあるので、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ということで、これから転職は企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。