私は20代の時点で転職を2回し、現在は資格の勉強をしなが…

20代前半の時点で転職を2回し、今現在は資格を手に入れたいの…

これまで20代前半の時点で転職を数回し、いまは資格を取る目的で「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは違うので給料が少なくなってしまいました。ですが、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうととても羨ましいと思ってしまいます。以前までは今の自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまう日もありました。しかし、結婚してから、生活自体がかなり変わり、明確な目標ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

転職サイトは、一度登録したら、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。

転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。これについて初めて利用する人は結構驚くことが多いです。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だといえるので、大変積極的にかまえています。その中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業側から報酬がもらえる仕組みといえるので、転職する側の都合より企業の都合を優先させることが少なくありません。また、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出るとすかさず、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように気を付けなければいけません。

先週新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

先日転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに現れた担当の方がどうも20歳そこそこの社員のようで、私の説明の3割もわかっていない感じ。さらに悪いことに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが大事でしょう」とか、わかったように横柄にしゃべるのでとても不愉快でした。カウンセラーはいくらか社会人の経験がある方にしてほしいものです。

このところ私は派遣会社で働いています。

今、私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイト上で気の向くままに自分に合っていそうな仕事を探して問い合わせたところ「そのお仕事はすでに別の人でお話が進んでいます」と断られ一時的にサイト上からも仕事情報がなくなるのですが、その翌日にそのページを見ると再び載っています。これって結局私だとダメだという意味ですよね。それであればカドが立たないくらいに正直に伝えてほしいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはまた客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?

転職活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

転職活動をしていて面接において絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これとは異なり転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。給料に関する不満、人間関係の問題など、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、かなり慎重に質問してきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そしてさらに、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向な志望動機に変えていきましょう。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、同じ・・

シフトの仕事についての話なのですが、特定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、前もって確認しておきましょう。前に私は産休で休む人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が「土日」にかならず出られる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

再就職の際に行われる面接というのは、中小企業だった…

再就職の際の採用面接では、小規模業者であればほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、100%ではないのです。たとえば、今後職場でかかわりの深くなる現場の一番偉い人、平たく言えば課長や部長クラスが担当することもあります。とくに事務職や営業職といった部署に転職する場合は、資格のみでは見極めが難しいですから、自発的に自分自身をアピールしていくことで好印象を与えられます。面接担当者たちから「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される求人情報が多いた…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される会社も多いため、2~3社ほどとりあえず転職サイトに登録した上で、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。でも、最初だけは登録するのに少々労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録する初日は、けっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

転職を度々しないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そして、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を強化することが可能です。それは、海外への旅行です。海外に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、大きな刺激を常に得られます。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態のまま、(転職のための)面接に臨めば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。ただし、退職後は精神的に弱っている人が多いのでその後のために休みも必要です。

転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動する人は少なくありません。

転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。としても、より転職の可能性を高めたいなら、並行して転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加することによって複数の企業に関する情報に触れることができ、それに加え、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。これから、転職フェアに参加される場合は、面接を受けるつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。フェアのあいだに企業側の担当者に気に入られれば、後日応募して本格的な面接時に非常に有利となります。

私たちの労働環境は、近い将来ますます簡単な仕事は機械に変えら・・

私たちの労働環境は、これから今以上に考えなくてもできる労働は機械に入れ替わりそして、必要な労働力は少なからず縮小していきます。なぜかというとシンプルな作業という観点では人以上に機械を稼働させたほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を延々と反復したりすることは機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って文句も言わない、疲れないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。また、給与が発生しません。ですので、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械にシフトされるもの必然ともいえますね。

例えば、現職からの転身を決定したなら、一緒に働く人…

もしも、現職からの転身の決めたのなら、周りにはそれが広まらないように首尾よく活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、徹底的に会社内の人に気づかれないように普通に業務をこなしていくのがもっとも無難です。それならば万が一いい転職先がすんなり見つけられなくても、転職を引き伸ばしながら、現職を残ってもトラブルにはなりません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、同僚はそれを受けた行動をし始めます。また周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、周りからは「あの人は辞める予定の人」と確定します。そういった状況のあとで、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中ずっと、肩身の狭いと感じるリスクもあるでしょう。

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合…

再就職して勤め先を一新するということは、自分に見合った自身が納得できる転職先に転職したいものです。自分の向いている仕事に出会えるかもしれません。しかし、実際に行動する場合は、それ相応の労力やスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。逆をいうと、自分の価値をあげることで、「天職」にありつく可能性がある、ということです。今の社会は、職業選択の自由が社会通念上として認識されているので、勤め先を変えても特にトラブルになることはないでしょう。人の流動性が高くなりつつある現代は「価値ある人材が欲しい」と感じている企業も増加していますので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。

こういう転職というのは従兄からの話です。

このような話は従兄の友達の話です。始めに新卒として絶対に入りたかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、それから先不本意ながら他の会社に就職しました。そのあと約1年半経った頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見し、我慢できなくなってその時の会社をすぐに辞め、A社で派遣就業を開始、勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってそれから先学生時代に憧れていたA社で正社員になることができ、現在は仕事のやりがいを感じつつ楽しく仕事しています。

今から転職を希望しているのなら、今現在の職場や仕事の何に不満があるの…

そろそろ転職しようと思うのなら、現在の業務や業務の何に不満があるのかを明確にしておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも気に入らない点が大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「きちんと現在ある人間関係などの客観的にみた不満を書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に仕事を変えることで「今よりも不便になること」を想像してみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことが容易になるはずです。

とみにスマホを使えばわかるけどネット上には、今では「転職サイト」と呼ばれるも…

とみにパソコンやスマホで調べればネット上では、今では転職系のサイトが多すぎるくらい存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自身に合った転職先を見付けるために、まずは情報を集めることが欠かせません。こういうサイトをしっかり利用することで効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

派遣先が決定しました。仕事の初日に派遣会社の営業の担当者・・

派遣での仕事が決定しました。勤務初日に営業の担当の人と会社の近くのコンビニで待ち合わせをしたところ、彼がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいなかったので店の中にいるのだろうと思いコンビニの中に入ってみたらあろうことか雑誌コーナー前の通路に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開いて見ているところを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて人間としてプライドが許さないことだと感じ、声もかけずにコンビニの外へ出てすぐに派遣会社に辞退の連絡をしました。