転職を目前にしているなら、今務めている会社を退社する時・・

転職のために今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが…

転職のために今務めている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自己都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を間違って理解している人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業が認定されればすぐさま失業保険が給付になります。

転職エージェントは大規模なものに限って、豊富な案件を持ってい…

大手転職エージェントはたくさんの案件を扱っているという長所があるといえますが、その反面、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。あなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフの側が「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも有能な人がいると、そのライバルを優先しやすいのです。つまり大手エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており大変難しいので、中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と問い合わせておくと転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。

転職する時にウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

仕事を探すのに、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用するケースもあるでしょうが、もしもそういった場所で登録し、めでたく仕事を得ることができたとしても、「失業保険」は給付されません。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても給付されないので気を付けるべきです。他方、ハローワークを経て斡旋してもらい、就職できたのなら、就業のための準備金として「一時金」を受け取ることができます。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを理解していないと、失業中にお金を受け取れなくなるので、気をつけておきましょう。

求人情報にはとうぜん普通の株式会社では月収がしっかりと記載されていますよね。

求人関連の広告には、大部分の場合はたいていの会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの月収の箇所を確認する時には、しっかり確認する事が必要です。数値だけで納得してはいけません。実は場合によっては、月収の額の内訳で月10時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代の金額をトータルすることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。こういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を多く偽って、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社できたのを退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。

クールビズをして転職の面接にチャレンジするときに・・

クールビズで再就職の面接場に出向くときには、いくらなんでジャケットまでは着用しなくても安心であるとはっきりと言えますけど、ネクタイだけは着用しておいたほうが印象が良いです。タイに関してもなくてもOKだと認める会社もあるとは思いますが、ことネクタイにおいては例えクールビズだろうと必ずつけなければならないと思っている会社がまあまあ存在するわけです。という事で、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては絶対に着用いく方がベストだということはお知らせしておきます。

求人に関する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

求人に関する情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をあまりチェックしていませんが、そうした人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って理解しているケースもあります。製造業での求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理などの「事務系」に分類される職も結構な数あります。しかし、製造業の多数はビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。しかし、自身のこだわりを捨てることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、損をする仕組みができてきましたが、完全には至っていないのが現状です。したがって、面接で見破る必要が生じます。とりあえず、求人票に書かれている労働条件に目を通し、不安に思う項目についてあれこれ質問してみましょう。ブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、その場での回答を避けるなど逃げようとすることがよくあります。特に給与や残業や休日に対しては、質問していくうちに、困った表情をする可能性が高いです。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

失業した際に受け取れる失業保険は、失業状態でなければもらえません・・

失業した人が受け取れる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに勤務していた期間によって変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険があるからと遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて職探しを始めても良い結果にならない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」についてほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接の際に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるでしょう。

昔の求人誌では、雇用主が必要とする「性別」につい…

今までの求人誌では、「性別」がきちんと明記されていました。ところが最近では、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用において、男女差別があってはいけないルールができて、募集要項のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。しかし求人を出す雇い主としては、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際問題、男性が希望のジャンルに募集に女性がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してきたり、でも不採用となる可能性が高くなります。例として、「女性が活躍する職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、女性の働き手を希望しているのだと認識したほうが確実です。

再就職を検討しているのなら、こまめに多種多様な会社の情・・

転職したいなら、多種多様な企業の採用情報を普段からチェックすることが、転職時の選択にかなり役立ちます。あなたが今現在の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどんな企業でもいいように見えます。そういった状況下では、どの会社に応募するべきか判断が難しくなり、選択を誤りかねません。結果、あっという間に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので見る力を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、その企業の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、その点もチェックしてみましょう。さらに、企業によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

良い転職する先を見つけるためには、最初に行動をしましょう。

良い転職先を見つけるためには、最初に情報を集めることが必須です。そうしようと思うのなら近年は会社の名前を知られていない中小零細企業だとしてもホームページで企業を紹介している会社がよくあるので、インターネットを駆使して知りたい情報を調べておくとそれとその会社のよくわからない点をチェックしておくと良いでしょう。公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用してみるのもお勧めです。また、インターネット以外の手段として、何よりその職場を自分の目で見て判断してみましょう。

知人からの紹介を通じて転職先を探す人もいるでしょう。

友人からの紹介を通じて転職先を探す人もいるでしょう。それはいいけれど転職した先の労働環境や労働条件といった部分について友人からの口コミを過剰に信用するのは後々後悔するかもしれません。口コミの中でも個人の口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。つまり友人から見たら良い働く場所に映っても、あなた自身にとっては、まったくそう思えない環境なのかもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、自身の目で確かめておくことも大切です。

就労中には、できるだけ周りの人間にバレないよう(自身の経験談で・・

在職期間にあるときは、なるべく気づかれないように、(私の経験談ですが)雇用期間中に転身する気持ちだけを活動初期の段階で同僚に話して、反応を見たことがあります。しかし、その後に求人を色々とみていったのですが、予想に反して就職先や転職時期すら計画も立てずに決まらないまま、ダラダラと時間だけが経過してしまいました。一方の会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したあとで、次の就業先を再度探しました。

初めて働いた会社ですぐにきれる上司に悩みを抱え、ついに…

就業していた会社で嫌な感じの上司に悩みを抱え、最後には我慢ができなくなり退職し、同じ業種の別の企業に移りました。そこでは気分よく働くことができて満足した毎日でしたが、じわじわと会社の業績が落ち込み、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。偶然にもその統合した会社がなんと前に勤務していた会社で、加えてすごく嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。当然ながらもう一度転職活動を始めるつもりです。

転職における採用面接にある会社に行ったときのことです。

転職の採用面接に転職希望の会社へ向かいました。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないということで社外のある場所で会社の人と待ち合わせて面接を行い、その場で解散、面接をした方も会社に帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。結局は電車の中においてもずっと世間話をしながら帰ることになって、その結果緊張がほぐれて面接よりお話が弾んで、それが良かったからなのか最終的に採用を獲得することができました。

経験のない業種などに転身したい場合には、前の職で培ってきた能力や…

全く経験したことのない業種とかに転身したいと考えているときには、前の職で、自分が養われた腕前ややってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要です。経験をしたことのない業界の場合、経験していない分その業種で勤務したことがある方よりも足りない部分はありますが、自分が保持している能力がその業界においても生きるということを話せれば、勝負になる場合も多くあります。それゆえ、経験したことがない分野に飛び込む場合は、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を可能な限り見付けましょう。