新しい仕事を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。

この前転職のために人材紹介会社に登録に行きました。

先週転職先を探すために人材会社に登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人が見た感じ仕事に慣れていない社員のようで、私が説明したことの5割も彼は理解していないように思えました。それなのに「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが必要です」等、わかったふうに横柄に言うからとても不快でした。カウンセリングを担当させるのはいくらか能力のある人にしてほしいです。

今、私は派遣の会社に登録しています。

このところ私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイトの中でなんとなく自分に向いていそうな仕事を見つけ問い合わせをしてみると「その仕事はもう他の人でお話が進んでいます」と言われてしまい瞬間的にサイトからお仕事情報が消えるのですが、その翌日にそのページを見ると再び載っています。それって結局私ではよくないのっていうことですよね。そうであれば最初から変に隠さないように正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それとも客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?

転職活動で「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしていると、面接で例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。たとえば給料に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問をしてきます。これに対抗して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機にすり替えてしまうのです。

これはシフトのある仕事についてです。

これはシフトがある仕事についての話です。特定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で抜ける人の代わりにと正社員として働き始めたのですが、土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前にいた人が「土日」に必ず出る人だったので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

再就職の際の採用面接では、小規模業者クラスの場合おおよそは「人事」が面接担当になります・・

転職時の採用面接では、規模の小さい企業であれば大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。たとえば、これから職場でかかわりの深くなる部署の責任者、かいつまんで言えば課長や部長などが担当することになるでしょう。とりわけ営業職や事務職に転職する際は、資格などという見極めが難しいので、結局のところ自分自身をアピールしていくことが重要になります。面接官の誰からも「この候補者は、堂々と自己発言してるし、戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

「転職サイト」は、大手が運営していたほうがたくさんの転職情報が掲載されているた・・

転職サイトは大きなサイトであるほど多くの企業が掲載されているため、興味のある2~3社を、まずは転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、さらに条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすくなります。だとしても、初回は登録するのにけっこう労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、初回にしっかりと準備することを心がけるのが賢明です。

転職を度々しないためには、コツが要ります。

退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を強くするヒントはとてもたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。その典型例が「海外に行くこと」です。外国は、日本とは違う様々な文化があり、逐一、勉強になります。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態で面接に行けば、これまでの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職後しばらくの間は精神面がダメージを受けやすいので休む期間も必要です。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動をする人はますます増えています。

転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動される人は今では普通になってきました。でも、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それに並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことにより多くの企業の情報が得られ、その上、フェアに参加している企業スタッフから、企業の個性を伺えるはずです。もしも、転職フェアに参加する場合には、面接だと思ってしっかりと自分をアピールしましょう。フェアの最中に自分の能力や人柄が評価されれば、後日応募して面接に進む際に大きなアドバンテージになるでしょう。

将来、社会的にはみるみるうちに考えなくてもできる労・・

将来的に、私たちの労働環境においてみるみるうちにシンプルな仕事は機械に変換されてその結果、労働力は少なからず減少させられてしまいます。その理由は、単純労働の場合は、人より機械を稼働させたほうが圧倒的に強いからです。数をカウントしたり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械にはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って言い訳することもないし、疲れもしない、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるメリットもあります。また、人と違って給料も発生しないのです。生身の人間を使う意味が無いので機械にシフトされるもの無理はありません。

仮に、転業の決意したなら、周囲の人には内密にその意思を伝えずに…

一度あなたが、現職からの転職の決めたのなら、まったく会社の人にはこっそりとその気持ちがばれないように、活動を進めていき、転職先が決まっていない間は、可能ならば周りの人間に知られないように通常通りに仕事をする方がたいへん妥当です。そのスタンスでいけば、もし仮に希望する条件に沿う転職先が見つからなくても、転身を引き伸ばしながら、現在の仕事をそれまで通りに続けることも何も問題ありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、その言葉に合わせた行動を取るようになります。しかも周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲からは「あの人は辞める人」と受け止められます。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちには、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中、肩身の狭いと感じるリスクがあります。

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分に・・

再就職で仕事先を新しく替えるということは、自分に合う勤め先を見つけ出したほうが好ましいということです。勤務先、職場を変えると、自分に適した仕事に就く可能性もあります。しかし、マイナスの面も持ち合わせていて、転職先にふさわしい能力が必要不可欠です。別の表現をすると、あなたのスキル次第で「天職」に出会えるチャンスも高くなる、ということ。現在の社会では職業選択の自由が普通に常識として認知されているので、転職を決断しても特に問題はありません。終身雇用制度がなくなりつつあるこんにち「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もますます増えているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

こうした話は友人の話です。始めに新卒時の就職でぜひとも入社したか・・

こうした話は従兄の話です。就職活動を始めて学生時の就職活動で入社第一志望であった最終目標であるA社の最終面接までで行ったけど不採用になって、その先嫌々ながら違う会社に就職しました。それから3年経過したぐらいに派遣の求人サイトを閲覧していて偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけて、気持ちを抑えることができず当時働いていた会社をすぐ辞め、A社で派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってのちに希望通りA社で正社員になれて、現在はやりがいを感じながらいきいき仕事しています。

転職することを考えているのなら、直近の職場での不満に思う部分…

今からでも転職を予定しているのなら、現在の職場や仕事の何に不満があるのかをリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不満があるからこそ、転職したいと考えているのは分かります。が、「現在の不満点を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

世の中は便利になったものでインターネットの世界では、…

最近PCを見ればインターネットで見られる世界では「転職のためのサイト」に類するものが数多く点在しています。その数限りないサイトから自身に見合った転職先というのを見いだすには最初は情報が大事ですから収集から始めましょう。こんな転職サイトをしっかり利用することで効率的な転職を叶えられます。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。

派遣会社での仕事が決定しました。

派遣社員として働くことになりました。勤務の初日に営業を担当している人と就業先の近所のコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、彼がなぜかコンビニの前にいないので店内にいるのかもしれないと思い店内に入ったところ、担当者は大胆にも雑誌コーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのページを開いて見ているところを発見!こんな人が担当者だなんて絶対嫌と考えて、その場で声をかけずにこっそりと店内から出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。

転職時の面接の時に人事から「転職の理由は何ですか・・

転職時の面接の時に面接官から「転職理由をお聞かせください」という風に、必ずと言っていいほど訊かれます。このときに、どんなにあなたが間違っていなくとも、以前の職場の労働環境や人づきあいが悪かったという答えは、できる限りしないようにしましょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用の可能性を水の泡にしてしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのがとても重要で、正直な理由でなくとも、「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、真面目に取り組んでいきます。」のような内容で自分を売り込むことが重要です。

生まれて初めて失業保険を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると思っている人が極めて多いですが、それは誤解です。実のところ、失業保険の給付を受け続けるためには、職探しを行っていることが必要で、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月ハローワーク職員との面談を経て、きちんと仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。対称的に、本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を無断欠席している場合は、有無を言わさずに給付を一時停止したり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために充分に気をつけてください。