転職のための活動を行っていて面接のときにほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

転職活動を行っていて面接で必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接時に間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、隠さずに話してもかまいませんが、これとは異なり「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。例をあげれば給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接官に悪いイメージを持たれやすいものです。もっとも、自分が不利になることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。
  • これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフト制がある仕事についての話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。なので「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返してみるとよくやってこれたなと思います。
  • 転職のための面接では、規模の小さい企業だったらほとんどが人事担当者になります・・

  • 再就職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業クラスの場合その社内の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。例を挙げるとしたら、これから仕事をすることになる責任者、一言でいえば課長や部長などが面接を担当することも珍しいことではありません。また営業や事務などの部署に転職するのなら、資格などという具体的なイメージはありませんので、自信をもって自分をアピールしていくことがとても大事です。面接担当の人たちに「この人はハッキリ自己主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される求人情報が多いた…

  • 「転職サイト」は、大手のほうが多くの案件が掲載されているため、気に入った2,3の会社を、サイトに登録しておいて、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が簡単になります。しかし、最初だけは登録するのに非常に労力を要するので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録の初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後々のためにも、初めの段階できちんと準備することを心がけるのが賢明です。
  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は誰でも知ることができます。そして、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本では考えられないような文化があったりと、刺激が山ほどあります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職して間もない頃は精神面が弱くなっているので、今後のために休業期間も必要です。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。だとしても、より確実に良い仕事を探したいのであれば、それに並行して転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、参加することによっていろんな企業について知ることができますし、それにとどまらず、説明員等の雰囲気から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。転職フェアに参加する機会があった場合、これも面接のうちだと思って自身をしっかりアピールしていきましょう。それが功を奏してフェアのあいだに企業側(の担当者に)認められれば、後日応募して面接の本番時にかなり有利になると予想できます。
  • 将来、労働力という観点において徐々にシンプルな作業…

  • 私たちの社会的環境において、この先みるみるうちに簡単な仕事は機械に交代させられていき当然のことながら必要な労働人口は少なからずカットされていきます。というのは、シンプルな労働という観点ではヒトよりも機械を稼働させたほうが数段にすぐれているからです。数量を計測したり、同じ動きをずっと繰り返すことは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って不満を言わないし、ペースが変わることもなくズルもしないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。加えて、人と違って給料が発生しないのもメリットといえます。このような観点から労働力として人を使う理由がまったく無いので機械化されるのは必然ともいえますね。
  • もし、転身を決めたのなら、あくまで周りの人にはひそ…

  • 万が一、現職からの転業を決意したのであれば、徹底的に会社の人間にはこっそりとその気持ちを教えないように首尾よく活動を進めていき、働いている間はあくまでも周りの人に知られないようにいつもどおり業務をこなしていくのが正解です。それならば万が一希望通りの働き先が容易に見付けることができなくても、転職予定を延長しながら、現在の仕事をそれまで通りにし続けても心配がありません。でも思わず「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りはその言葉に合わせた態度をとるようになります。そればかりか周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そういった状況のあとで、転職の気持ちが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」と心境が変わっても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで身の置き所がない思いををするリスクが高いです。
  • 再就職で職場を一新するということは、自身に合う自身が納得できる転職先…

  • 転職で勤め先を新しく替えるということは、自分に合う自分にあった職場を見つけ出したほうが好ましいということです。勤め先を変えれば、自分の天職に出会えるかもしれません。とはいうものの、デメリットもあって、雇用側が必要とする能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」にありつく、ということなのです。今は、「職業選択の自由」が一般的に受け入れられているので、天職の道を選んだとしても問題も生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今は、「とにかく良い人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、このチャンスをうまく利用してみるのも良いでしょう。
  • この話は知り合いから聞いた話です。

  • このような話は従妹の旦那から聞いた話です。始めに新卒時の就職でぜひとも入りたかった目標であるA社の最終面接で不採用となり、後に仕方なく他の会社に就業しました。そのあと1年経た頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時A社の紹介予定派遣の仕事を発見して、いてもたってもいられなくなりその時働いていた会社を直ちに辞めて、A社での派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってその先どうにかA社で正社員になることができ、今となってはやりがいを持ちながら楽しく勤務しています。
  • 今から転職しようと考えるのなら、現在の職場や仕事の何に不満を感じているのかを…

  • これから転職活動を考えているのなら、現状の業務や業務の何に対して不満を感じているのかを明確にしておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと現状の職場の客観的にみた不満を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあとに、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することが可能なはずです。
  • 今ではパソコンやスマホを見ればネットの世界では、「転職サイト」に類するもの・・

  • どうもパソコンやスマホを見ればネット上には、要するに転職系のサイトが相当な数存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分自身に見合った転職先と思えるのを見いだすには何よりも情報を集めることが欠かせません。こういうサイトを上手く使うことで、満足度の高い転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。
  • 派遣先が決定しました。お仕事開始の初日に営業の担当の…

  • 派遣で働く会社が決まりました。仕事の初日に営業担当の方と派遣先に近いコンビニで合流することになっていたところ、営業担当者が約束のお店の前にいないから中にいるのかもしれないと考え店の中に入っていったら、彼は驚くことに雑誌売り場の前でしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて見ているのを発見!こんな人が自分を担当するなんて勘弁だと思って、声もかけずにこっそりと店の中から出て即刻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職のための面接では注意する点があります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、100%の確率で質問されます。この場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の職場の「労働環境」「人間関係」についての愚痴とも受け止められる答えは、意識してするべきではないでしょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正解です。正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、真面目に取り組んでいきます。」といった売り込みの形が求められます。
  • はじめて「失業保険」をもらう際に、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人がかなりいますが、それは間違いです。実のところ、きちんと受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。一方、きちんと就職活動をしていないとみなされたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、問答無用で給付の一時停止となったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために十分気を付けましょう。
  • 再就職における面接などに関してもし名刺を渡された場合、…

  • 再就職の面接などにおいて名刺を差し出されたとしたら、こちら側も名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と悩んだ際は、一般的には差し出さなくても良いと頭に入れておいてください。面接というものは仕事の内ではなくて、就職活動内のことになるのです。ですから大体の場合は名刺をやりとりする場とは異なります。また、会社の人間としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。要するに、相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手に渡すことは少しもないと推測できます。
  • がんばっている転職する活動をしているときに、「私は今ま・・

  • 転職活動の際に「自分は今までにこのような職場の仕事をがんばってきました」「これまでにこういった技術を得られました」とそれまでの自身の経歴をがっしりアピールしなくちゃと考える人は少なくありません。ですが、転職希望する再スタートを狙う職場で「機会があればこういうような仕事をしたい」「このような内容なら積極的に貢献できるに違いない」と未来形として自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。