就職活動において、最大の問題になるのは年収です。

就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接では、必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職を余儀なくされる状況も考えられます。

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に臨む際には、さすがにジャケットま・・

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接にチャレンジするときには、やっぱりジャケットは着用しなくても良いとはっきりと言い切ることができるわけですが、ネクタイはつけて行った方が間違いありません。ネクタイもジャケット同様になしで良いと思っている企業もある確率もありますが、ネクタイだけはクールビズであっても必ずしなければならないと考えるところがいくつかあります。ですので、クールビズが指定されていてもネクタイにおいては必ず着用から行った方が安全であるということを知っておいてください。

  • 求人情報をチェックする場合、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

  • 求人に関係する情報を見るとき、デスクワークがしたいからと、はなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そのような人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。事実、製造業での求人であったとしても、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事も結構多くあります。しかし、製造業は往々にしてオフィス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。しかし、自分のこだわりを捨てることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強化された…

  • 現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、完全には程遠い状況です。それゆえ、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票などで労働条件を見えておき、それらの項目を一点ずつ堂々と質問しましょう。「ブラック企業」の場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、質問責めすると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業のあいだが給付の条件です・・

  • 失業することによって得られる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、期間に制限があります。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、世の中には知らないで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで職探しをしたとしても好条件のところを探すのは困難です。面接に応じる担当者もアホウではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」についてほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況次第では、面接の時に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、まず受かりません。

  • 何年か前までは求人誌には、雇用側が求める人材の「性別」…

  • 以前の求人誌では、募集要項の中に「性別」について、当然のように書かれていました。ところが最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にあってはいけないルールが決まり、募集要項の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいうものの、求人情報を出す企業は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。そのため、実際は男手を欲しい業種に女性の応募が殺到したり、女性が必要な案件に男性が応募してきたり、といったトラブルも無関係ではありません。もし、「女性が活躍する職場です」と記載があれば、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのが良いでしょう。

  • 転業しようと思っているならいろいろな企業を調べてお…

  • 再就職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずにいろいろな会社の情報を調べておくと転業先を選ぶのに役立ちます。あなたが現在の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どんな企業でもいいように見えます。そんな状況に陥ると、どの企業を選択すべきか判断できなくなり、判断を大きく間違えるおそれがあります。結果、あっという間に転職を考える羽目になるので、見る力を養っておくべきなのです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い企業は、取引先を公表していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

  • 転職をスムーズなものにするには、行動する前に徹底した情報を収集することが不可欠です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の行動をするようにしなくてはいけません。それにはネットを見ると名前を知られていない中小クラスらしくもなく公式サイトを開設している会社が普通だから、インターネットを活用して知りたい情報を調べておくとそれとその企業のなんだろうと思う点を解消しておくと転職に役立ちます。それと公式サイトに加え、「転職サイト」をチェックしておくのも効率的ではありますが、実際に何よりもその職場を自身で確かめることも大事なことです。

  • 友人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 友人や知人からの紹介によって転職の先を探す人もいるでしょう。…が、転職先の労働環境、その他の労働条件といった部分について紹介者からの口コミだけをあまり信じすぎてしまうのは、あとで問題です。というのは一人の個人の口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。それ故に知人にとって、働きやすい職場であっても、自分自身の主観で見た場合、まったくそう思えない環境があります。その逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、自身の目で確かめておくことも大切です。

  • 在職期間中なら、可能であれば、こっそりと、(私の経験談です…

  • 雇用期間中は、なるべく周りの人にバレないように(私の転職活動では)雇用中に転身したいという気持ちだけを早い時期に周りの人間に話して、反応を見たことがあります。けれども、その後求人情報を散々見て回ったものの、思いとは裏腹に就職先も仕事を変えるタイミングさえも何一つ煮詰まっていないままやみくもに時間だけが経過してしまいました。そしてその傍ら、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。

  • 就職した会社で相性の悪い上司に悩みを抱え、耐えることができなくなり退職し、…

  • 昔務めていた会社で嫌な上司の存在に困惑してしまい、その結果やっていくのは難しいと考えてその会社を辞め、同業者である別の企業へ転職しました。転職先の会社では上司が温厚でとても充実した日々でしたが、時が経つにつれて会社の業績が落ち込み、結局はある会社に経営統合されることとなりました。そしてその経営統合した先の会社がなんと以前勤務していた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司になることになりました。どうしてこんな縁があるのでしょうか。言うまでもなく再び転職活動をスタートしています。

  • 転職時の面接に希望先の会社へ訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けにとある会社に出向きました。その日に限って社内の部屋が空きがないとのことで外の会場で会社の人と待ち合わせて面接を行って、そのまま解散して、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも面接官とずっと話をしながら帰ることとなり、そのため緊張がなくなって面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのか何事もないまま採用をゲットすることができました。

  • 経験したことがない業種などに転身したい場合には、以前の業界で、自分…

  • 初挑戦となる分野などに転職したいと考えているときには、自分が以前の会社で養われたスキルややってきたことを生かすことができるという自己主張が必要です。働いたことのない業種の場合、その分だけその業界を経験している人よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分の持っている能力がその業界においても十分に生かすことができるということを伝えれば、戦えることも多々出てきます。そんな訳で、未経験である分野に挑むときには、その業種と自分が今までやってきた職務との関連を必ず見つけ出しましょう。

  • 現在の職場・業務内容についてほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

  • 今現在の自身の職場や業務の中身について不服に感じていることの中に、「自身の持っている資格やスキルを正当に評価してくれない」または、「給与アップもないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。とはいうものの、そういった不満を持っている人の中には、自らの持っている才能を過大評価していることもあるのです。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。なので転職活動で良い成果を出すためにも、自身のキャパシティを客観視することが大切です。

  • 転職をしようとするときに、今の会社を辞職してからと考える方もいますが…

  • 転職活動をスタートする際、まずは今の会社を辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつ支給されるかについて気にしておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は多く存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが振り込まれる時期まで長くないのなら、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという手も良い手です。ボーナスは少々大きい額になると思うので、もらった方が良いと考えることもできるので、辞職を考えたらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかをまず確認しておいた方がボーナスをもらい損ねないと思います。

  • 転職することを、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと…

  • 転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気がガラリと変わるかもしれません。普段から良好な場合であれば、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。上記のような状態を避けるために、在籍中は、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、最高の形で会社を辞めることが出来ます。また、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。会社の大きさに関係なく、どのような会社も人との縁はとても重要なので、辞める時のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

  • 近年では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは独立、起業等…

  • ここ最近は、株式・不動産投資の不労所得、あるいは個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長の時代には、どうなるかわからない個人事業よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれており、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、広く一般の人々に浸透していました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」と言われています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。