転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、…

転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官と…

  • 転職のための活動は希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが肝心です。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、初歩としてあまり意識せずに焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えれば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく望むと良いと思います。また面接を介して第一にあなたの「人間性」を判定されるので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイに避けましょう。モラルある社会人らしい整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 再就職するにも何もかもが都合よく運ぶワケではありません。

  • 仮に再就職をしようと考えていても全てがスムーズに進行するとは言い切れません。できればいつか、転職しようと考えているならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く行動しておくべきです。たいていの場合、20代のあいだは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に入ってからの転職活動全般は、とても厳しいといえます。もしも、要職に就いているのなら、転職の意識が強くなっていても会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。つまり、退職届を提出後に転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけて慎重に探すほうが失敗することもありません。
  • 2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないの…

  • 少し前に転職したばかりであるにもかかわらず、すぐに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう多かったりします。私の考えをいうとリフレッシュな気持ちで職場を見つけたものの、「考えていた職場と大きくかけ離れていた」「独自のルールに慣れなかった」と考えて去っていくことが多いといいます。可能ならばこのような失敗を未然に防ぐためには、とにかく事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、昇給システム、などあれこれチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」など・・

  • 転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。一昔前とは違い求人情報サイトを使えば、国内のどの地域の求人も容易に得ることができますが、残念ながら地方や郊外での求人に関しては、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが事実、難点でもあります。といった性質上の問題があるので、求人サイトを活用するのは当然ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもこまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。
  • 新しい職場で、これまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたら、…

  • 新しく就いた職場で自身のこれまでのキャリアを活かせられれば、即戦力として認められ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、また会社としても、そのような人材は常に必要なので、会社側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。しかも、かつての働いていた職場と似た内容であれば転職自体はすんなりいくはずです。ですが、なかなかの能力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員は昔と変わらず相当な難関となるのは間違いないでしょう。
  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

  • 『転職をしたい!』と思っていて、未来の進む道もハッキリしているのなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、仕事の落ち着いた年度末を退職のタイミングと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。やはり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、ほとほと心の底から愛想が尽きました。
  • これから転職活動をするのなら、気になる求人(業種)を見た際・・

  • これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 業種)を見つけたら、きちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界のマイナス部分について、教えてもらえないのが普通です。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なネット検索によってその実態を知ることができます。そうした面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとで落胆してしまう可能性もあります。その求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」ということもかなり多いため、気になった業種について、しっかり調べた上で応募しましょう。
  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣ではアベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともに次の世代の変化が具現化されてきています。そういった変化を受け、企業のあいだでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が大きな社会問題になっています。最近では「外国人の労働者」の割合を高めていく前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きく変わっていくのは確実といえます。
  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは務めと・・

  • 以前は看護婦ですが看護師は資格として歴史的にも女性のかなり多い職種です。加えて、気力それに体力の消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場環境での対人関係の問題や、結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事です。実際、そういった問題によって職場を変える人が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。つねに医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、転職の増加を後押しする状況となっています。
  • 女性の再就職に際して、一昔前と現在とでは若干、変化があるといいます。

  • 女性が再就職する場合、現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があるようです。一昔前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事について当たり前のように質問されることは珍しくなかったのですが、今の社会では、そのような内容は、セクハラと会社側が捉え、質問しない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。ただ実際、企業側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の人生観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っている事でしょう。あなたの価値観を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら話すことで、面接担当官にも認識してもらえ、安心してもらえると思うのです。というワケで、たとえ、聞かれていない箇所もこちらから気を遣って答えておくとよいでしょう。
  • 転職する場合、相応の準備はやらなくてはいけません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に見える服装は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。…が、近年の企業面接に関しては私服を許可している企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創立して間もない企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、印象が良くなります。また、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。そうして、私服ですと面接時に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、面接担当者へのアピールにもなります。というわけで、これから転職は企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在、資格取得のため…

  • 20代の時点で転職を2回し、今現在は資格を手に入れたいので派遣社員になりました。フルタイム勤務でないため、やはり給料が以前よりも少なくなりました。心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代に資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。また、実際、そのような人を見ると自分もああなりたかったと思ってしまいます。これまでは、自分と他人を比べてしまい、悩んでしまう日もありました。しかし現在は、結婚をキッカケに過去と比べ生活そのものが大きく変化し、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので充実した日々を過ごせています。
  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールが何度も掛かってきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、大変ビックリされると思います。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが役割だといえるので、非常に積極的に行動します。特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業からお金をもらえるシステムであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが多いものです。加えて、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が出たその日に、入社を強引にすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように心がけるようにしましょう。
  • 先週新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に行きました。

  • 一昨日転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングをするために現れた担当者が見た感じ入社してから間もない新入社員で、こちらが説明していることの3割もわかってはいない様子です。それなのに「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておく必要性があります」等、一人前の話を横柄に言うからとてもイラつきました。カウンセラーはある程度社会人を経験している方にしてほしいと思います。
  • このところ私は派遣で働いています。

  • 今、私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイトの中で自分に合っていそうな仕事を見つけ出して問い合わせたところ「そのお仕事はもうすでに他の人に決まりました」と断られてしまい瞬間的にウェブサイトの中からお仕事の情報がなくなるのですが、なぜか翌日にはまた情報が掲載されています。ということは結局私ではよくないのって意味ですよね。そういうことならばカドが立たない程度で正直に言ってほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたひょっとしてダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 転職活動をやっていると、面接時に絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは違い転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。例をあげれば給与が納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分の得にならないことを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。加えて、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、ポジティブなイメージを与えるようにしましょう。
  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人・・

  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や休む手順については、面接時に確認しておくべきです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。