2,3ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐに退職してしまうケースが…

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず…

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースがなんとなく多かったりします。何故そうかと思うと心機一転、自分に合った環境を手に入れたものの、「想像していた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」と考えて退職を決意することが多いといいます。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、初歩として、情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。具体的な業務内容、給与体系、など多角的に事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 仮にあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • あなたが転職をする場合、「Uターン」「Iターン」など、大都会から地方に移り住んで、再就職したいと考える人が増加しています。今のネット社会では求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外や地方の求人も容易にアクセスできます。ただし、郊外や地方での求人については、都市部ような選択肢がないのが一般的です。といった問題があるので、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも頻繁にチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートの情報も注視しておきましょう。
  • 再就職した会社で自身のこれまでの資格やキャリアを活かせられれば…

  • 再就職した会社でそれまでに培ってきた資格やキャリアを活用できれば、即戦力と周囲から見られてすぐに職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している会社サイドしても、大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、そこまで難しいものではありません。更にこれまでの仕事内容と似ている仕事なら転職はかなり楽になるでしょう。かと言って、まずまずのスキルがあるといっても大手の事務職、公務員の募集などは、時代に関係なく、かなりの競争率ですから、楽観視は禁物です。
  • 『転職をしたい!』という願望があって、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならばそのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私もそういった経験があり、スンナリと受理されずに結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、結果的には数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズにはいきませんでした。やっぱり職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、ほとほと心の底から困ってしまいました。
  • 将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは業種・・

  • 転職活動の最中、良いと思う求人(もしくは職種)を見つけたら、忘れず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、業界に関するマイナス要素について、アドバイスはないものと思っていてください。インターネットで調べればインターネット検索で瞬時に実態を知ることができます。そのような現実を知らずに入社すると、後々に後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「内容がキツイから人が定着してくれない」ということもかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、下調べをしてから応募することを心がけましょう。
  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下で…

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たに経済政策を打ち出し、経済政策が日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では今までとは違う変化が出つつあります。そういった変化が加わったせいか、企業サイドでも労働人口の減少による「人員不足」が社会的な問題として取り上げられています。最近では「外国人の労働者」の比率を増やして人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用・転職状況も変わっていくのは間違いないでしょう。
  • 昔は看護婦という名前だった看護師という職業は、どうして・・

  • 以前は看護婦と言われていた看護師という職業は、どうしてか女性の割合がかなり大きい職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力のひどく消耗が激しい傾向にあります。なので、対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい仕事でもあります。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いというのも事実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。常にそれぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」となっていて、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。
  • 女性が転職するに当たって、一昔前と今現在とは若干、状況に違いがあったりします。

  • 女性の再就職において、現在と数年前では少し変化があるといいます。かつては面接の場で、結婚の予定や出産後の方針など、一般的なこととして質問されることがありました。でも、今ではそういったデリケートな内容は「セクハラ」の恐れがあるとして、質問しない会社の方が多くなっています。そして、世間に名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。が、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の考えを知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と並行して表現することで、面接官も考えがわかり、安心できると思います。ということで、質問されていない箇所もあなたから率先して答えておくのが良いです。
  • 再就職する場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 転職にあたって然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える服装は気になる人が多くいます。ですが、最近の面接では、私服で大丈夫な会社があるので、きっちりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良い場合があります。とくに会社の設立したての会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、私服で面接したほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、面接の際に、服装の事で話題が広がることがあります。ですから、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、今後、転職にトライするなら創立した年で決めることが、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 20代前半の時点で転職を2回し、そして現在、資格の勉強をしながら、…

  • これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格を取る目的で派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務とは違うのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、就職できれば良かったのに、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると自分もこうなりたかったと見えたりもします。これまでの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、肩を落とすこともありました。しかし今は、結婚を契機に生活自体が大きく変化し、明確にやりたいことを見つけたので楽しい毎日を過ごしています。
  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。そのため転職初心者は非常にびっくりすることが多いです。転職エージェントは転職を推進することが役割だといえるので、本当に積極的な姿勢を見せます。とりわけ大手のエージェントは、転職を成功させると企業からお金をもらえるシステムであることから、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。その上彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出るとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように注意しておきましょう。
  • 先日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に行きました。

  • この前仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録カウンセリングをしに出てきた担当の方が見た感じ仕事の経験が少ない社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割ほども彼はわかっていない様子。さらに悪いことに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みについて考えることが必要でしょう」等、わかったように横柄に話すので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングを担当する人はある程度社会人経験がある方にしてほしいものです。
  • このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣の会社に登録をしています。サイト上でふと気になる仕事を発見し問い合わせをしてみると「そのお仕事はもう別の方が採用されました」とお断りされ一時的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなってしまうのですが、どういうわけか翌日見ると元通りに掲載されています。これは結局私だとよくないのだっていうことですよね。そういうことであれば最初から変に隠さない程度ではっきりと言ってくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはまたひょっとして存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 転職活動を行っていると必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接時に必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのはよくありません。給与が納得できないことや、人間関係の問題など、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機にすり替えてしまうのです。
  • これはシフトの仕事についてです。

  • 「シフト制」のある仕事についてです。一定の曜日に働ける人を募集する求人をけっこう見るのですが、休む手順やシフトの出し方についてはあらかじめ確認しておくべきです。以前に私自身が、出産のため抜けた人の代役として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った女性が土日に必ずでれる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更の必要があり上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思えば本当に異常な職場だったんだと思います。
  • 転職時の面接では、小規模業者であればその社内の「人事」担当者が面接官です・・

  • 再就職の際に行われる面接というのは、中堅企業であればほとんどは「人事」が面接担当になりますが、その他にもたとえば、一緒に仕事をする担当者、つまり中間管理職である部長や課長が面接担当になる可能性もあります。その中でも事務・営業などの部署に転職するのなら、資格などで具体的なイメージはありませんので、自主的に自分という人物をアピールすることが必要なのです。面接担当から「この候補者はしっかり自己主張するし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載量も多くなるた・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど案件が多いので、興味を引く2つか3つの会社を、とりあえずウェブ登録して、勤務地などにチェックマークをいれておき、加えて条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。ただ、最初だけは登録するのに本当に労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録をする初回時は時間が多少掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、初めの準備に手を抜かないことを頭に入れておきましょう。