新しい仕事で、これまでに培われてきた実力を活用できれ・・

新しく就いた仕事で今までに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれ…

新しい環境下でそれまでに身に付けたキャリアを活かせられれば、即戦力として扱われ、即、職場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側もそのような即戦力は常に必要なので、時期さえ合致すれば、わけなく採用されるでしょう。それに加えて過去の業務内容と似た業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。そういっても、それなりに能力があるといっても大手企業の事務職、公務員の募集などは、昔と変わらず中々の競争率を突破する必要があります。

『転職したい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、スンナリと受理されずに結局、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働くことになり、退職届けを出せたのは同年の11月です。本来なら、年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、大変驚きました。やはり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほとなんだか困ってしまいました。

転職活動の際に、気になる求人(職種)を見るたびにきち・・

これから先、転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは職種)があれば、しっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界のデメリットなどは、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索を通じて一発で本来の姿を理解できるでしょう。そういう検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、あとからガッカリしてしまうおそれがあります。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」というケースが少なくないのです。気になる案件・業種については、下調べをしてから応募しましょう。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍内閣によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が次々に展開されています。経済政策ともに日銀の金融政策との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも新たな社会的な変化が出つつあります。そういった変化を受けたことで、企業の側でも労働人口の減少による「働き手が足りないこと」がクローズアップされています。ここ最近では、「外国人の労働者」の比率を増加させ人材確保に務めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは歴史的背景か…

以前は看護婦と言われていた看護師というのは歴史的にも女性の割合がすごく大きい職場です。厳しいことに気力だけでなく体力を消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場の対人関係の問題や、自身の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい職業といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。最近は特に、各医療機関は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

女性が転職するに当たり、ここ最近と一昔前では少し変化が見受けられます。

女性が転職する場合、今現在と数年前では若干、違いがあります。かつては面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の予定などについて、自然に質問されることがありました。ですが、今はその手のデリケートな内容は、セクハラに該当するとして聞かない企業、が当たり前になりつつあります。そしてまた、名の知れた大企業ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。が、会社側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の人生観、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と一緒に表現することで、相手側にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると思います。聞かれていない内容でも、先にあなたの方から率先して話していくことを考えてみてください。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気にしている人は多いはずです。しかし、現在の企業面接では私服がOKな会社も多いので、スーツで面接に行く必要がない場合もあります。会社の創設してすぐの歴史のない企業ほど、お堅い規則もないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに話をしやすくなります。さらに私服だと、面接の間に、服装について、話が広がることもあるので、担当者と仲良くなれる期待ができます。今から転職は会社の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

20代前半に転職を2回経験し、そして現在、資格を取得したいので…

20代前半に転職を2度行い、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務とは違うのでどうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと私もこうなりたかったと感じます。これまで私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、悩みだったのですが、しかし今では、結婚して過去と比べ生活自体が大きく変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しく日々を過ごしています。

転職サイト一旦登録すれば、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。

転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。これに関して初めて利用した人は非常に驚く場合がよくあります。転職エージェントは転職させることが業務ですので、大変積極的にアプローチしてきます。大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。さらに、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように注意することが必要です。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。

数日前新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そこでカウンセリングのために現れた担当の人が見たところ経験の少ない社員のようで、私が伝えたいことの50%ほどもわかっていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」等、一丁前のことを偉そうに言い散らかすので非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはいくらかカウンセリングの経験がある人にしてほしいものです。

今、私は派遣の会社に登録をしています。

このところ私は派遣会社で働いています。サイトを見ていてなにげなく自分にぴったりの仕事を発見し応募したい旨を伝えると「その仕事はすでに別の方でお話が進んでいます」という答えられ瞬間的にウェブサイトの中からお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日にそのページを見ると元通りに掲載されています。これって結局私ではダメだってことですよね。そうであるならば最初からカドが立たない程度で正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それとももしかしてダミーの仕事なのでしょうか?

転職活動をしていると、面接において間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは問題です。給与が納得できないことや、人間関係に関する問題など、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、この会社に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話題を変えてしまいましょう。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜・・

シフトの仕事についての話です。毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人をよく目にするのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については前もってチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、そこでは、「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・振り返ると本当によく我慢したなと思います。

再就職の際の面接は、零細企業であれば概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、…

転職の際に必ず受けることになる面接では、小規模業者であればおおよそは人事担当者になりますが、場合によっては違うこともあるようです。たとえば、これから職場でかかわりの深くなる管理職、一言でいえば部長や課長などが面接担当になる可能性もあります。その中でも営業や事務といったジャンルでは、資格などで判断がしづらいですから、きちっと自分自身をアピールしていくことが求められます。面接担当者から「この候補者はしっかり自己主張するし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

転職サイトは、大手が運営しているものであるほどたくさんの企業が掲載されているため、…

転職サイトは大きなサイトの方が多くの転職情報が掲載されているため、入社したい2つか3つの会社を、ともかくサイトに登録した上で、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、条件に適合する求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職に関する情報収集を行うことができるようになります。しかし、はじめは登録するのにそこそこ手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。初めの登録のときは時間が少し掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後々のためにも、最初にしっかり準備することを心がけましょう。

転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使って精神面を強くするための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。さらに、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を強化することができます。その典型例がズバリ「海外旅行」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、すべてのことが良い刺激となります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ですが、退職間もないあいだは、精神的にまいっている人も多いのでその後のために休暇も必要です。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動することは今では当たり前のことです。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行う人はたくさんいます。しかし、転職先を確実に見つけたいのであれば、並行して転職フェアも積極的に活用しましょう。多くの企業が一堂に会し、参加した際はいろんな企業の情報を得ることができ、また、フェアに参加している企業スタッフから、その企業の社風がある程度わかります。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に行くつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。幸運にもフェアのあいだに企業から気に入られれば、後日実際の面接時に良い手応えを期待できます。