転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業界)を見た際…

将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業界…

転職活動の際に、気になった求人(または職種)を見つけたときに100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス部分について教えてはもらえません。もしブラックな面があるならネット検索によってカンタンにすぐに多くの事例に触れられるはずです。そういった現実を知らずに会社に入ると、あとから後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といったケースがかなり多いため、目に留まった案件について、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。

社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策ともミックスされて、財界・企業といった民間側からも今までとは違う社会的な変化が巻き起こりつつあります。その作用もあって民間企業の側でも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」が根深い問題となっています。将来、外国人の労働者も増やしていくつもりでいる前提と安倍政権は宣言しています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用・転職事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

以前は看護婦と言われていた看護師というのは職業とし・・

看護婦という名前だった看護師といえば、女性比率がすごく高い職です。そして、気力だけでなく体力へのかなり消耗が激しい特徴もあります。ピリピリした現場になりやすく、人間関係のいざこざや、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業でもあります。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い現実があります。看護師という職種の労働市場は看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。なので、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、これが転職の希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは…

女性の転職に際して、現在と一昔前では少し違いがあります。一昔前は、結婚観や出産予定などに関して、女性に質問していたのですが、今は「セクハラ」の恐れがあるとして、質問を避ける会社が増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として神経を尖らせているようです。とはいえ、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の生き方結婚後も働きたい、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っています。自らの人生設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望した動機と併せて表現することで、面接官も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うわけです。というワケで、聞かれていない内容でも、あなたの側から率先して話を進めていきましょう。

転職活動する場合、相応の準備が必要です。

転職活動する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に見える「服装」は気にしている人は多いはずです。しかし、今の採用面接では形式ばらない服装がOKなところも多いので、ガッチリとビジネススーツで決めて行く必要がないケースもあります。創業間もない企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服の方が相手に好印象を与えられます。そして、フランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服だと面接の間に、服装について、話もしやすいですから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。ということで、これから転職する際は、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格取得の勉強をしながら…

これまで20代前半に転職を数回経験して、いまは複数の資格をとるために、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても手取りは過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生の頃にいくつか資格を取り、就職に活かせばよかったという後悔もあります。そのような方たちを非常に羨ましいと思ってしまいます。以前まではそれなりに成功している人と自分を比べ、劣等感を感じていましたが、現在は結婚をキッカケに生活環境も大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

「転職エージェント」では、登録後、電話・メールで執拗に連絡が入ります。そのため「転職エージェント」の利用が初めての人はとてもビックリされると思います。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だと考えられるので、非常に積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を完了させることによって企業からお金を受け取る仕組みのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。また、彼らは、成約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、転職にしくじらないように気を付けることが大切です。

この前人材紹介会社に登録に足を運びました。

数日前転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングに現れた担当の人がどうも新入社員らしくて、、私が説明したことの3分の1もその社員はわかっていない感じでした。そのくせ「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「自分の強みについてもっと考察する必要があります」等、一人前の話を偉そうにしゃべるのでとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人はいくらか仕事を経験している社員にしてほしいと思います。

派遣の会社に登録をしています。

今、私は派遣の会社に登録しています。サイトの中で気の向くままによさそうな仕事を見つけ出し問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもうすでに他の人に決まりました」と言われ一時的にウェブサイトからお仕事情報がなくなるのですが、翌日に閲覧すると消えたはずの情報が掲載されています。これは結局は私だとよくないのってことですよね。そういうことならばカドが立たない程度で正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたダミーのお仕事なのでしょうか?

転職活動をしていると、面接時に高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは違い転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。たとえば収入面の不満、同僚・上司との人間関係など、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分の得にならないことをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、5年後はこうなっていたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったようにポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

「シフト制」の仕事についてです。

シフトの仕事に関する話なのですが、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、休み方やシフトの提出方法を面接時に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため休む人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が「土日」にかならず出られる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返してみると本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

転職の際の面接では、中小企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが・・

転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外にも例を挙げるとしたら、今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、というような管理職である課長や部長が面接する可能性も考えられます。特に、事務職や営業職といったジャンルでは、資格による具体的なイメージがないので、きちっと自分を売り込んでいくようにするべきです。担当者から「この候補者は、堂々と発言してるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。

転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される案件も多いた・・

転職サイトは知名度の高いサイトであるほどたくさんの会社が掲載されているため、2つか3つ、とりあえずはサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、条件に合う求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。ですが、最初だけは登録するのがとても大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。初めの登録のときは少々時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、後のことを考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけましょう。

転社を度々しないための対策は、とてもシンプルです。

転職を繰り返さないための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を鍛えるコツは満載になっています。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強くすることが可能です。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかしながら、退職後しばらくは精神面がダメージを受けやすいので気力回復のために休業期間も必要です。

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動すること自体、一般化してきました。だとしても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、その上に転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加することで一度に複数の企業の情報を得ることができ、その上、説明員等の雰囲気から、その企業の社風がある程度わかります。転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に挑戦するつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。それが功を奏してフェアの中で、企業側から良い人材と見なされれば、後に本格的な面接時にかなり有利になると期待できます。

今後の社会では一段と単純作業は機械に交代させられていき…

これから、私たちの社会的環境においてより一層思考を必要としない仕事は機械に交代させられていきその切り替えによってそういう仕事をする労働人口は少なからず縮小させられてしまいます。考えなくてもできる作業は人よりも機械で作業するほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ手順を繰り返すことは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言を言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、早いしそれを均一化できます。さらには、給与も発生しません。ですので、労働力として人間を使う意味が無いので機械化されるのは自然といえます。

転業を決定したなら、完全に周囲の人間にはこっそりとその意思がばれないように、…

もしも、現職からの転職を決定したのであれば、あくまで社内の人にはこっそりとそれを伝えずに活動を進めていき、転身先が決まっていない間は、可能な限り同僚に悟られないよういつもどおり振舞うのがたいへん良い形といえます。この点を意識しておけば、万一転職先探しにうまくいかなくても、転身時期を持ち越しながら、現職にそのまま残ってもトラブルにはなりません。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人間は、それに合わせて動きます。また周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、周りからは「あの人は転職する人」と受け止められます。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが冷めて、「やっぱナシで」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中、肩身の狭いと感じる可能性が高いです。